エーシー

2010年下期のテレビ広告費は回復傾向にあった
しかし東北・関東大震災がそれを吹っ飛ばしてしまった
NHKを始め在京民放が11日の震災直後から
特別番組を編成
24時間休む間もなく震災の放送を続けた
民放はCMをすべて飛ばして震災一色となった
 
ようやく17日頃からレギュラー番組が一部復活したが
CMの自粛ムードが続いている中、ACジャパンのCMがめだつ
ACジャパンとは1971年創立の
日本広告協議会 (ADVERTISING COUNCIL JAPAN)
旧 公共広告機構である
初代会長はサントリーの佐治敬三氏
会員は全国に1200社あまり、
広告を通じて様々な提言を発信し
住みよい社会の実現を目指す民間の団体
 
天災の為、突如キャンセルや自粛になった広告枠は
ACジャパンの
同じCMが幾度となく流れることになる
震災と同様に仁科明子が乳癌だったという事実や脳卒中で倒れたオシム氏は
皮肉にも全国に広く認知された
そして一部の視聴者からはあまりの繰り返しに苦情も寄せられている
改善策として最近、最後のエーシーのサウンドロゴがカットされた
 
ACジャパンの広告は無料のため
テレビ各局は稼ぎ時の3月に大きな痛手をこうむっている
在京テレビ局にとって見るとCMを1日放送できないと
4億円に近い損失であるといわれている
多くのスポンサーは3月が決算期であるため
テレビ広告費をずらすことができない
この広告費はどこに行くのだろう
スポンサー各社は震災支援対策に頭を絞っている
間違いなく広告費の浮いたお金は支援物資や義援金に化けていく
全国のテレビ局は決算期の3月に有料広告の大半を失ってしまった
 
日本の歴史上でも、未曾有の大震災ということは理解できる
ただ全国の民放でACジャパンの同じCMが
全国中を幾度となく繰り返しのエーシーが流れるだけで
ほかに局独自のメッセージを出すとか募金対策の告知をするとか
やるべきことの工夫が出来なかったのか・・・・・・
ACジャパンの広告枠は放送局にとって自らのメッセージを伝える格好のチャンスでもあったはずだ
放送局の大きな使命を考えると少し残念でもある