プレミアリーグの聖地

イングランドのプレミアリーグと言えば
世界最高峰のリーグと言われるが、プレミアリーグの聖地は
なんといってもマンチェスターであろう
この都市には2つのサッカークラブがある
一つは名門マンチェスター・ユナイテッドだ
御存じのように名門のエンブレムと赤が印象的だ
通算19度のリーグ優勝を飾り
経済誌フォーブス誌によると
世界のサッカークラブ資産価値ランキング8年連続1位という
驚異的ブランドである
全世界のファンは6億6000万人というのだから凄さを通り越している
 
さてあと一つは44年ぶりに優勝したマンチェスター・シティだ
上品な水色の色がシティカラー
2008年に経営難で経営がオイルマネーになってから
補強が年々充実してきた
2009年12月マンチーニ監督就任
2010年にシルバとバロッテリを獲得
2011年に巨額の移籍金でアグエロを獲得し
補強がチームにとって大きな力となり加入した選手たちは
シティの新しいエンジンとなった
司令塔となったシルバは大きな存在感を示し続けた
試合を創造できる知性とそれを実行できる力と技術
ドリブルとパスワークの凄みも独特のセンスを感じさせる
そして何と言ってもアグレロだ
初戦の後半途中から出場し2ゴール1アシストと鮮烈なシティでのデビューを飾る
最終戦では劇的な優勝を決めるゴールを奪った
このゴールは世界のサッカーの歴史の中でも忘れられないものになる
 
ユナイテッドは10月23日行われたマンチェスターダービーで1-6の歴史的大敗を屈した
ユナイテッドの名将ファーガソン監督の言葉が印象的だった
人生で初めて経験する大きな屈辱だ
これまでで最悪の日だ
体勢を立て直して挑戦する
その言葉通りファーガソン監督は奇跡とも思われる首位を奪還する
そして2度目のマンチェスターダービー
またしてもコンパニーに決められを0-1で敗退
しかしユナイテッドは最終戦の結果次第ではというところまで
詰め寄ったがシティに逃げ切られた
 
最後までドキドキハラハラのプレミアリーグとなった
シティは一皮むけて成長した
自信がより成長を生み出していく
 
そして負けたファーガソンが補強に動いた
監督25周年で受けた屈辱
そしてスタジアムに自分の名前を付けてくれた感謝
それを返すのは優勝しかない
 
その近道はマンチェスター・ユナイテッドの香川真司の獲得だった
入団の記者会見で香川はプレッシャーを力に変えて・・・・と話した
同席したファーガソン監督は違いを生み出せる選手だ
香川本人には私を信じてくれと繰り返し言っているようだ
ファーガソン監督の下でもトップ下の自由を与えてくれるだろう
香川に期待されているもの
それは試合を構築する知性とスピードだ
26番の赤いユニフォームがマンチェスターダービーを牛若丸のように駆け巡る
その姿を想像するだけでもワクワクしてくる
ますますマンチェスターは熱くなるばかりだ!