トランプ政権、影のフィクサー

トランプ次期大統領が、選挙後正式に会った日本人は
1番が安部首相、2番目は孫正義氏だ
安部首相は会談後、通常国会でカジノ法案を
電光石火の早業で衆議院を通過させた。
そして孫正義氏はトランプ氏に
500億ドルの投資と50000人の新規雇用を約束した。
 
この2人の行動を読み解くと
同じキーマンが見えてくる
その人物とはシャルドン・アデルソン氏
ラスベガスサンズのCEOでありアメリカのカジノ王もいわれる
選挙におけるトランプの最大のスポンサーでもある人物だ
 
シャルドン・アデルソン氏は
ラスベガスのサンズを買い取りベネチアンリゾートとして生まれ変わらせ
2004年にはマカオサンズ
2007年にはベネチアンリゾートマカオ
そして2010年
現在シンガポールのシンボルともなっている
マリーナベイサンズをオープンさせた
ラスベガスサンズは2013年からは東京を次のターゲットに積極的に動いており
東京、大阪に100億ドルの投資をすると言っている
シャルドン・アデルソン氏は自ら議員連盟にプレゼンテーションを行ったほどだ
 
トランプが選挙に勝った時は
クリントンで勝利を確信していた日本の外務省ルートは壊滅状態
そのため、ほかのルートを考えなけらばならなかった
10月に来日して自民党本部で講演したマイケルフリン氏
彼はその時に菅官房長官と会談をしている
政府はこのルートを使ったと言われているが
その影ではシャルドン・アデルソン氏が大きな役割を果たしたのではないか
安部首相はトランプ対談のお土産として
カジノ法案を通すことと
サンズの日本進出の了解ではなかったのだろうか?
立会人としてイバンカの夫である
不動産業のジャレットクシュナー氏がいたことも符合する
そう考えると全てが腑に落ちる
 
次が孫正義氏
彼はシャルドン・アデルソン氏と旧知の仲だ
カジノ王への道へのきっかけは孫正義氏から始まったと言っても過言ではない
1990年初頭ラスベガスで
シャルドン・アデルソン氏はコンピュータ関連の見本市
コムデックスを経営していた
孫正義氏はそのコムデックスを買収し
アデルソン氏はそのお金でサンズを買い取ったのである
ここからカジノ王への道がスタートしたのだ
 
ここからは推論だが
そんな意味でも孫氏のトランプ対談の願いは聞き入れやすかったのだろう
シャルドン・アデルソン氏のルートで会談は実現し
トランプにはインフラ投資と5万人の新規雇用を約束した
トランプにとっては大きな公約実現の一歩ともなる
 
孫さんならではの世界的な幅広い人脈と才覚の早業だ
その裏にはスプリントとTモバイルとの合併の
再挑戦という孫正義氏の大きな野望が浮かんでくる
その理由は大幅な規制緩和を実施してという
文言が入っているからだ
 
私の推論が正しいのか正しくないのかは
1年後、2年後には、はっきりするはずだが
これからのトランプ政権の陰のキーマンは
シャルドン・アデルソン氏であることは間違いないだろう
今後も彼の動きには要注目である