世界の住みやすい都市ランキング2017

イギリスの情報マガジンMONOKURUが
毎年世界の住みやすい都市ランキングを発表している
2015年から東京は3年連続で第一位
 
ウィーンの人気も高い
2016年度は第3位、2017年度は第2位とベスト3
音楽都市でもあるし、街並みも重厚感がある
 
私の好感度の都市
オーストラリアのメルボルンも注目だ
2016年は第6位、2017年は第5位と
南半球ではシドニーを抑えて一番になっている
街並みも綺麗で気候も温暖
中国からの移民も多くグルメも美味しい
 
今年の住みやすさランキングに
多くのヨーロッパの都市
第3位 ベルリン
第4位 ミュンヘン
第8位 チューリッヒ 
第9位 ハンブルグ
第10位 マドリード 
が選ばれているのも見ると
ユーロ安等の為替などの影響もあるように思える
 
私が大好きなバンクーバーは
2016年第11位
2017年は第18位と
住みやすさ第一位を誇ったかつての面影はない
中国からの移民で土地やマンションなどがバブル化した影響なのだろうか
確かに物価がかなり上がったように感じたが
適当に田舎で都会的な雰囲気もあり
私にとっては今でも魅力的な町だと思っている
 
全体を見て
日本で注目する都市は福岡である
2014年 第9位
2015年 第12位
2016年 第7位
2017年 第14位
と安定したランキング結果だ
日本でランキングに入っているのは東京、京都、福岡のみだ
京都は2016年第9位、2017年12位
 
福岡の魅力は何と言っても食べものが新鮮で美味しいこと
それに加えてアジアのゲートウェイとして空港、港がしっかり機能していること
しかも利便性が高い
空港から地下鉄で10分で中心街の天神に着くことは
外国の都市でもほとんどないだろう
加えて都市機能がコンパクトにまとまっているのも魅力の一因だろう
一つ気になる点は、土地マンション価格の上昇だろうか?
2016年に福岡市が未来を見据えて
ミャンマーのヤンゴン市との姉妹都市を締結したのも
嬉しい取り組みの一つでもある
今後アジアのゲートウェイ都市として更なる発展に期待したい