「チームなおみ」に捧げる優勝!

誰もが認める史上最強の女子プレーヤー

セリーナウィリアムスの優勝の夢

打ち砕いたのは大阪なおみだった

セリーナにあこがれ

テニスを始めた大阪なおみは

2018年あこがれの選手と全米オープンテニスの決勝で

初めて顔を合わせ

大阪なおみがセリーナを撃破し

グランドスラム初優勝を飾った

 

その後大阪なおみはコーチと契約を解消

一時期、成績も低迷した

2019年「チームなおみ」を再結成した

コーチはウィム・フィセッテ

元テニス女王 ビクトリア・アザレンカを指導したことでも有名

日本人は2人

中村豊氏はシャラポアや錦織のフィジカルトレーナとしても大きな実績がる

茂木奈津子はアスレチックトレーナー

一度ぬけた期間があるが2019年4月に再度呼び戻された

大阪なおみの日本語教師でもありとても仲の良い友人でもある

この「チームなおみ」がコロナ禍での一緒の生活、

トレーニングなどで徐々に一体感を醸成していったのだ

 

2021年全豪オープン準決勝

セリーナウィリアムスは再度鍛え直し

勝ち進んできた

39歳のセリーナは9月に40歳となる

そんな意味でも優勝は最後のチャンスといっても良かった

くしくも因縁の対決となった

試合前の予想はセリーナ勝利のほうが多かった

 

しかし今までの感情を爆発させていた大阪なおみは

どこにもいない

体も大きくなり

冷静沈着で一段とパワフルになった大阪なおみだ

 

第一セットの第1ゲーム

ファーストサーブが入らず、セリーナにブレイクされる

第4ゲームがカギだった

セリーナのサーブで簡単に追い詰めた後

大阪の粘りでジュースに持ち込み

リターンでブレイクした

バックハンドからのキレのあるリターンが要所で決まった

その後は終始、大阪ペースで試合が進み勝利した

王者の風格すら感じた試合だった

試合後のインタビューでセリーナの流した涙は

新旧交代を自ら悟った涙かもしれない

 

ジェニファー・ブレイディとの決勝も完勝だった

今までとは違う強さを世界のファンに見せつけた

勝利者インタビューでは「チームなおみ」を

最高のチーム、家族のような存在と感謝を表した

人間的にも精神的にもテニスの技術でも一年で

類まれなる進化を遂げた別人の大阪なおみがそこにいる

「新たな大阪なおみの時代が始まった」

そんな印象を持った世界のテニスファンは多いのかもしれない