世界のEV覇権争い!

テスラの株価が日本の自動車業界の時価総額を上回るほど

EVメーカーへの注目が集まっている

産業革命以降、自動車は常に時代の最先端を走ってきた

しかし環境やEVへの世界的なうねりの中で

ガソリンから電気というエネルギーの変更が一気に加速

自動車業界にとって歴史的な変革期にあるといって良い

というのもEVでは部品の供給量が

現在のガソリン車と比べて38%減少し

必要な労働力も世界でこれから3年から5年で

300万人が失業すると言われている

そしてスマートビジネスのロジックが自動車業界でも

起こりつつある

それは名だたる世界のIT企業が参入にチャレンジしていることでも明確だ

 

EVの先頭を走っているテスラと

小型EVで中国を席巻してる上汽GM五菱を見てみよう

 

テスラは2020年9月の総会で

中国の新工場で年間生産台数を100万台に引き上げる

そして自社設計のリチウムイオン電池を搭載することで

車両コストを14%削減、航続距離を16%向上させ

3年後には価格を2.5万ドル(約267万)にするとイーロンマスク氏が発表した

驚くような価格の設定だ

テスラの車には15インチのタッチパネルがあるだけだ

アクセル、ブレーキ、ワイパーなどの基本動作以外は全てパネルとなる

まるでスマホのようだ

またFOTAの無線技術で新しいソフトウェアをダウンロードすることで

最新に保つことができる

ビジネスモデルはアップルのようになりつつあるのだ

 

さて中国の上汽GM五菱

株式は上海汽車が51%、GMが44%、五菱汽車が5%の構成

2002年に設立されたので歴史は古い

宏光MINIEVを2.88万元(47万)を7月に発売すると快進撃

2021年1月には3万7000台とテスラを上回った

全長2.9m、全幅1.5mの小型EV

キャッチコピーが人民的代歩車(人民のスクーター)というのが面白い

CATLをはじめすべて中国サプライヤーで低価格を実現した

 

また中国のIT企業であるテンセント、アリババ、百度も

色々な枠組みでEVへの参入を行っている

中国政府は

EVを核とする新エネルギー車革命で

2025年には世界の自動車のリーダとなると発表している

 

またアップルもアップルカーへの参入を発表した

迎え撃つ自動車メーカートヨタの動きは

水面下でソフトウェアファーストを合言葉に様々な動きがあるようだが

世界のEVの動きに比べるとスピードや開発では出遅れ感が否めない

ハイブリッドで優勢だった時代は瞬時に過ぎ去り

一挙にEV時代へとシフトした

日本における全就業は人口6800万人

自動車関連の就業人口は約8%の542万人だと言われる

時間との闘いであるが

世界一の自動車メーカであるトヨタのEVや水素への挑戦が

日本の自動車産業の浮沈のカギを握っているといっても過言ではない