66歳のロックンロールバンド

桑田佳祐が2月に世良公則宅に話に行ったことから始まった

話は2時間に及ぶ中で

コロナ禍、ウクライナ侵攻等々の中で

音楽で何かメッセージができないかなどなど

そこで桑田は携えていった8小節の音楽フレーズを披露

話は広がり

66歳の同世代でバンドを組むとの楽しいという話になり

自然と佐野元春、野口五郎、Charの名前が挙がる

 

桑田は3人に手紙を書いて送った

3人も快諾して

僅か1か月でレコーディングとなる

 

桑田が作詞作曲し

66歳のおじさんたちがまだやれることがあると

出したチャリティソングだ

5人の個性と楽しい感じがよく現れている

 

歌詞が直球で素直に心に染みてくる

 

この頃「平和」という文字が

朧げに霞んで見えるんだ

意味さえうつろに響く

 

世の中を嘆くその前に

知らないそぶりをする前に

素直に声を上げたらいい

・・・・・・・

 

子どもの命を全力で

大人が守ること

それが自由という名の誇りさ

 

No More No War

悲しみの黒い雲が地球を覆うけど

力の弱い者が

夢見ることさえ拒むというのか?

 

One Day Some Day

いつになれば

矛盾だらけの競争は終わるんだろう?

 

我々おじさんでも、こんなことができるんだという

同世代へのエールと

撮影やレコーディングに集まったのは30代のスタッフ

若い人たちへのエールも込めているのだという

 

何だか暗い話題がいっぱいの社会に

おじさんパワーで生まれた

とても素敵な元気の出るメッセージソングだ