グレート・コンジャンクション2020

天体を見ながら、未来を予知する

そんな占星術の起源は古代バビロニアが発祥だと言われている

その後ギリシャに伝わり

個人の運勢を占うホロスコープ(占星術)に発展していった

古代バビロニア時代は紀元前2000年と言われるから

その歴史は4000年にもなるというから驚きでもある

 

星空を見ながら、天体が何を予知してるのかを思い

どう人間が行動すればよいのかを考えることは

ロマンでもあり、無駄なことではないように想う

さて特に今年の12月は天体にも大きな変化がある

木星と土星は20周年周期で重なるのだが

2020年は12月22日に連珠する

 

木星はラッキースターとも言われ、幸運、拡大、発展などの意味がある

土星は古い、重い、固い、規制、体制などを意味する

つまり相反する星が水瓶座で重なることになる

水瓶座は革命のサインとも言われる

技術革新、自由、平等などを現わす星座だ

グレート・コンジャンクションは社会の変わり目であり

終わりと始まりを意味するのかもしれない

 

まだそれ以上に大きな事がある

ほぼ200年周期で4つのエレメントの時代に変わっていくことだ

古代ギリシャにおいて世界は4つのエレメントで出来ていると考えられた

その4つとは火・地・風・水である

今まで地の時代であったのが

2020年12月22日から本格的に風の時代へと移行する

そして今後200年風の時代になるという事だ

いままでの地の時代は 重厚、現実、保守的

風の時代は 知性、クール、分析、ネットワークを示すと言う

 

これらのことから何が読み取れるだろうか?

大きく考えると

物から心の時代になっていくということだと思う

自動車はガソリンから電気、水素へと変わり

AIで全ての産業が再定義されていくことだろう

新型コロナもある意味風の時代の象徴という考え方もできるだろう

その兆しは少なからず今の時代からでも予見できる

それと同時に今までの古い様々な体制は崩壊していき

国境を越えて、自由な個人ネットワークがオープンで拡がっていく

そんな時代の幕開けが今年のグレート・コンジャンクションかもしれない

私も今まで以上に花鳥風月を大切にしながら風の時代を生きていきたい

中国の将来を想うジャックマーの本音

アリババのグループ企業であるアントの上場が延期になったその根源となったとされるアリババの創始者であるジャックマーの発言をしっかりと検証してみたい上場前というデリケートな時期でもあり、ジャックマー本人も出席を悩んだとされる

10月24日 上海で開催された金融フォーラムでの発言である

「今日は来るべきかやめるべきか、正直言ってとても迷った。しかしわれわれのような人は、責任を回避してはならず、つまり未来の思考に対して責任がある。なぜならこの世界は、私たちが発展するチャンスをたくさん残しておいてくれているが、それでも決定的なチャンスというのは、たった一度か二度のことだ。そしていまこそが、その決定的な時期だからだ。  それで、やはり今日はここへ来て、自分の考えを述べようと思った。

私の考えは、16年間、自分で実践してきた経験を総合してできたものだ。それに加えて、私が国連のデジタル協力高官グループの共同主席と、国連持続可能発展目標提唱者を担当した期間に、世界の学者、専門家、実践者たちと真摯に討論、交流した中で得たものだ。

もう自分は退職した身だから、高所からモノが言えるというもので、3点述べたい

第一は金融のエコシステムの必要性

中国は、欧米にあって自国にないものを補填していくというやり方ではなく、未来のために何が必要かという観点から、足りない部分を補填していくこと必要だということだ。

バーゼル合意は、まるで老人クラブのようで、彼らが解決すべきは、数十年の金融システムの老化問題、システムが複雑化した問題だ。

しかし、中国の問題はその逆で、金融のシステム性のリスクではなくて、金融のエコシステムが足りないというリスクなのだ。

中国の金融は、荒々しく成長している発展途上国と同じで、金融自体が言ってみれば青少年のようなもので、いまだ成熟したエコシステムを持ち合わせていないし、完全な流動性もない。

大銀行は大河や血液の大動脈のようなものだが、われわれには湖、池、小川、各種の沼沢地といったものも必要なのだ。こうしたエコシステムが足りないと、われわれは死んでしまう」

第二は、イノベーションと金融当局の監督管理について  

「第二に、イノベーションというものは必ず代価を伴うものであり、われわれの世代はそれを背負っていかねばならないということだ。  イノベーションは、必ず一定の過ちを犯す。問題は、どうやって間違いを犯さないようにしていくかではなくて、過ちを犯した後、どうやって修正し、イノベーションを堅持していけるかなのだ。

リスクをなくすイノベーションは、すなわちイノベーションの扼殺だ。多くの場合、リスクをゼロにコントロールすることが最大のリスクとなる。

いまから7、8年前に私がネット金融を提案した際、ネット金融には3つの核心要素があると強調した。それは、豊富なデータ、ビッグデータのリスクマネジメント技術、ビッグデータの信用システムだ。

監督管理と言うが、監督と管理は別物だ。監督は発展を見守ることで、管理は問題があった時にそれをコントロールすることだ。だが現在のわれわれ(中国)は、管理能力が非常に強くて、監督能力は足りない。  よいイノベーションというのは、監督管理を恐れないものだ。ただし過去の監督管理は恐れる。

だから、駅舎を管理するように空港を管理してはいけない。将来も過去のやり方で管理してはならないのだ

第三は、中国の銀行に発想の転換 

「金融の本質は信用であり、われわれは金融の質屋的な発想を捨て去り、信用システムによらねばならない。今日の銀行は、いまだに質屋のような発想の延長でいる。つまり差し押さえと担保が最も大事だと考える。  だがそれでは、貸し渋るか貸し与え過ぎるという両極端に走ってしまう。例えばあなたが銀行から10万元(約1560万円)を借りたなら、あなたは少し気がそぞろになるだろう。もし1000万元(約15億6000万円)借りたなら、あなたも銀行も少し不安だ。だが10億元(約156億円)借りたなら、あなたは堂々としたもので、不安で仕方ないのは銀行の方だ。

そのため担保の発想では、これから30年の発展が金融に求めるものを満たすことはできない。われわれは現在の技術能力によって、ビッグデータを基礎とした信用システムが、質屋の発想に取って代わるのだ

私個人の感覚では、いつものジャックマーの発言ではあったのだが、中国の金融当局や金融関係者から見れば、許しがたい部分もあった。

特に監督管理の部分は中国国家に対しての挑戦とも受け取られても仕方がないだろう

退任したからと本音で言ったジャックマーの発言はアリババグループ全てに影響を与えることになることになった。

しかし金融のイノベーションは国を超えてグローバルに恐るべきスピードで展開して行く。

ジャックマーの中国の未来を見据えた発言は正論でありその通りだと思う

ただ中国の金融規制当局や金融業界が、今までのアリババやアントの躍進をある意味苦々しい思いで見ていたことも間違いない。

その意味ではカリスマとも言われるジャックマーの今回の発言は規制するほうから見れば叩く千載一隅のチャンスだっただろう。中国政府の行動も素早かった。アントの上場を延期に持ち込み、規制の強化を図り、アリババグループをはじめIT企業にも監視を強化する。中国の金融規制当局にとってみれば、まさに一石3丁の発言となっってしまった。

今後中国政府の金融規制や管理がどのように行われるのか、それが時代に合っているのかは、中国政府自身と中国国民全体ひいては世界の資本市場が判断することになる。

しかしジャックマーの悩んだ末での国の未来を考えての正直な発言をこのような形でしか処理できない中国の金融監視当局も権威主義だけのお粗末を感じる。とても残念である。

世界の金融市場が仰天したアントの上場延期!アントの上場延期は、世界に中国市場への不信感が増し、さらに中国企業の金融世界覇権が一挙に遅れてしまったことも意味するのかもしれない。

繁桝(高橋商店)福岡県八女市

初めて八女に行ってきた

八女はとても興味があったのだが、なかなか行く機会がなかった

有名なお茶の産地でもあるので、山の中だと思っていたが

中心街は平地にあり

街なみも古い屋敷や白壁の家もあり

とても落ち着く街である

八女市の人口は現在62000人

手すき和紙、提灯、仏壇、漆など伝統工芸が息づく街でもある

八女市にある高橋商店(繁枡)にお邪魔した

大吟醸を楽しむ会では毎年参加される福岡のレギュラー蔵元である

高橋会長と中川社長にお話を聞いた

創業は1717年というから303年の歴史を持つ

八女を中心に福岡を入れて地元消費が90%以上の地酒蔵だ

2003年にJALのファーストクラスに大吟醸の箱入り娘が提供されるようになり

一挙に全国に名前が知れ渡った

逆に大吟醸のほうから認知度が上がった面白い現象だったそう

話を聞いた後

中川社長自ら制作したという蔵の映像を見せていただいた

酒造りがとても分かりやすく臨場感にあふれている

一言でいうとセンスがある映像で楽しめた

中川社長から蔵の説明を受けながら見学する

300年以上続く蔵にはこだわりと信念があり

それを踏まえて

次の新時代の酒造りに向けて新麹室を2年前に創られた

作る前に数々の蔵を見学し、たどり着いたのは繁桝らしさ

機械をライバルとして勝負をする道

結論は木作りの室で手作りの麹を極めることだった

平成30年10月に約130平方メートルの国内最大規模の室が出来上がった

驚いてしまった

これだけの広さの木作りの室を見たことはない

室の部屋は4部屋あり様々な作業を展開できるよう考えられている

室の木材には一年以上乾燥した秋田の無節の杉材を使用されている

綺麗で広い、しかも様々な工夫が施されている

蔵人にとっては言い訳の聞かない施設だ

求める麹は「突き破精麹」

米の芯の部分まで突き刺さる状態で

菌から食い込み到達する麹だ

そのためには浸漬と蒸し米の高度な技術が必要となる

蔵人もここ3年間で1.5倍にした

何があっても酒造りが続けられるように生産は2班体制にされている

そのことで若者とベテランの交流も広がったという

受け継がれてきた繁桝の味わいの芯を守り受け継ぎ

新たな酒造りに挑む

この心構えを現わすような徹底して清潔な蔵

その心意気を

シンボルとなる木造りの麹室に感じてしまった

高橋会長の後を継ぎ引き継いだ

中川社長は清水建設というゼネコンの出身

門外漢から蔵元の社長になり大変な苦労があるだろう

しかし異業種だから見える酒造りの新視点はたくさんあるように思える

ハサップ認証も中川社長の号令以下全蔵人で挑戦をされている

繁桝の前は麹屋の酒名だったこともあり

今後は清酒はもちろんだが

甘酒や味噌を含めて広く麹の商品も考えていきたいと言われていた

繁桝のこれからの挑戦がとても楽しみでもある

NETFLIXの新聞両面広告

新聞広告で久しぶりに刺激された

9月7日全国紙に掲載された

NETFLIXの両面広告

ほぼ全てが真っ黒だ

 

真っ黒の真ん中にグレイの直線が入り

再生の赤い直線が途中まで

右下にコピーが

はじまりとおわり

その間にある、特別な何か。

その何かが、離れた人を近づける。

 

自分とは違う世界を見ること。

喜びや恐れを分かち合うこと。

全てを動かす力を知ること。

 

あなたはきっと何かを得る。

旅のような、この線の中で

 

あなたが来た場所から、

あなたが行きたいところへ。

未知の緊張から、発見の驚きへ。

私たちを分かつささいなものから、

私たちを包む大きなものへ。

 

この線には、だれもが生きるストーリーがある。

はじまりからおわりへと向かう中で、

あなたもきっとわかるはず。

どんなに離れ、どんなに違っていても

ストーリーを再生すれば、私たちは一人じゃない

 

ひとりじゃない世界がある

NETFLIX

 

 

勢いのある企業は新聞広告にも遊びをうまく使う

それは自信の表れでもあり

その企業の覚悟でもある

しかも圧縮されたコピーは

さらに見た人の想像力を膨らませる

 

グレイは自分の人生

再生している赤が生きている時間

自分の人生をこのコピーになぞられてみる

そうするともう少し自分の人生を頑張りたいと考えた

太古の発酵の知恵から生まれた新生獺祭

昨年来の獺祭で起きた様々なことを

踏まえて、獺祭の未来はどうあるべきかを

桜井会長は真摯に考えていたのだろう。

その一つの答えかどうかわからないが

革新の証の一つが新生獺祭45なのではなかろうか?

 

手紙にはこのように書いてある

「太古の発酵の知恵にもう一度戻ろう」

 

人間の知の発展は、人類として地球規模で見たとき

他の生物を押しのけながら人口を増やすことにはプラスに働きますが

個人の寿命であったり、健康であったり

という面ではマイナスに働くことが多いようです。

 

それは酒にも言えて、古来から酒は百薬の長と言われてきました。

・・・・・

しかし、人のあくなき欲望による技術の進歩は

品質の安定と低コスト化には大きく貢献しましたが

その反面大切な何かを徐々に失ってしまった気がします。

それでも発酵技術の進化は止まりません

・・・・・・・

しかし発酵技術の進化は

百薬の長から酒をどんどん離れたものに変化させます。

・・・・・

醸造技術の進歩は少なくとも現代の人間の栄養状態の改善には

役立たない側面の方が多いのです

これは少しでもおいしい酒を追い求めることにより

お役様に幸せな時間をお届けしたいという、私ども旭酒造にとっては

深刻な論理矛盾なのです

 

この桜井会長の手紙から読み解くと

古来の発酵の知恵で健康に良い酒ができた

しかし獺祭の本来の味からするとどうしても微妙な差が出る

ただ獺祭の論理矛盾の回答として挑戦した酒

発酵と健康をキーワードとした獺祭の新たな試みこそが

新生獺祭なのだろう

 

苦みや香りの輪郭がはっきりしていで

綺麗というよりももっと酒らしい味わいだ

おちょこで一日一杯少しづつ飲むと百薬の長になれるかもしれない

手紙には幾分かの迷いも感じられるが

新生獺祭の新たな挑戦に拍手である

綾の早川農苑(餅つき体験)

綾の早川農苑で餅つき体験が12月28日開催された

この餅つき体験は家族などに大人気のようで

今年も東京をはじめ県内外から50名以上の方々が

集まった。

この日の綾は素晴らしい天気

早川社長が印象に残る餅つき体験にしてほしいと挨拶

早川農園自慢のニンジンジュースで乾杯

このジュースは砂糖を全く使っていないのにとても甘い

玄米餅つきの実演

つきたての玄米餅をこのように長方形に切って並べていく

そしておろし大根でいただく

おろし大根のさっぱり感が、素朴な餅の美味さを引き立てている

次にあんこ餅

2日間かけて仕込んだあんこと餅の相性は言う事ないほど美味

今度は白米のお餅

ここで人参の収穫体験

昼食のメニューは

野菜サラダ、自家製漬物、果物、

おにぎり、そして野菜たっぷりの味噌汁

餅つき体験もできて皆さん満足されたご様子

綾で農業体験すると感じることだが空気感が違う

独特の綾らしい空気感が私は大好きだ

 

本物の食材で仕込んだ餅をみんなで突きながら体験する

その爽快さと仕込みの大変さを感じることこそが

本当の食育につながるし

私たちの気づきにもなるのだと思う

早川農苑の早川社長やスタッフの皆さんさん

本当に有難うございました

獺祭 桜井博志会長特別インタビュー

獺祭の桜井会長

独自の視点で酒蔵の経営を変革して

獺祭ブランドを作り上げただけでなく

世界にも獺祭ブランドを確立させた人としても有名だ

NHK逆転人生で6月に放送された

さてその獺祭に9月10日激震が走った

獺祭23万本を自己回収するというものだった

銘柄は獺祭3割9分、獺祭45、等外、等外23

 

獺祭では16.5から17度を15.9から16.1度のアルコール度数まで

通常6%の水を加えて調整する

2人の社員が加水後の撹拌をサボタージュしていた

3月に移動した一人が4月から撹拌をさぼり始め

その後5月に移動してきた一人も追随したとのこと

回収による信用失墜、獺祭のブランド毀損、

等々膨大な経費と共にブランドで最も大事な付加価値が瀬戸際だ

そんな感覚がある

今まで機械で作るから量はどんどんできる

米は磨けばいいという問題ではない

山田錦を買い占めている 等々様々なことを獺祭は言われてきたが

機械でやりながら大事な工程はすべて手作業が獺祭の信念であったはずだ

これがものの見事に社員から崩れたという事実が大きい

 

しかしこれからが数々の逆境を乗り越えてきた桜井会長の本当の腕の見せ所だ

桜井会長は潔く公表を決めた

何より私に誠実であること、それを貫く勇気を下さい との言葉と共に

 

さて桜井会長が7月6日に本音で語っていただいた特別インタビューです

注目されるのはアメリカの蔵の現状だ

昨年のインタビューだとすでに蔵建設にかかっている時期

現在はどうなっているのだろうか?

アメリカでの酒生産の中身はどうなっていくのかなど

桜井会長の率直な意見等面白い話題が満載です!

本坊(もとぼう)農園・えびの市

友人たちと前から知り合いである
えびの市にある本坊農園にお邪魔した
本坊さんもお元気そうだ
以前から有機農法を手掛けられていて
ここの野菜はとても美味しく野菜本来の味がする
 IMG_5979
収穫したばかりのゴボウ
 
本坊さんの話をお聞きする
農産物に対する大きな理念は前から私も共感している
 
物が腐ることを酸化と言い
マイナス電子が抜けることだ
物が元に戻ることを還元と言い
マイナス電子が入ること
つまり人は、体内のマイナス電子が少なくなると体が酸化し
やがてがんや糖尿病といった病気になりやすくなる
それを予防するには血液の組成である空気、水、食物を
還元力の強いマイナス電子の多いものにして体内に取り入れることです
特にマイナス電子の多い食べ物は光合成力の強い植物からできます
光合成力が強いと高炭素率の高い農作物になります
高炭素率の高い農作物を栽培し
マイナス電子を捕まえることができる炭の含有を多くすることで
還元の強い農作物となります
 
農業の基本は土づくり
3年前にようやく自社堆肥の工場ができた
動物糞尿に光合成細菌と納豆菌、海藻、木炭を混合し
発酵熟成させて本坊農園ならではのオリジナル堆肥ができる
この還元力のある堆肥から土ができ
無農薬で健康につながる農産物をつくる
目標は心と体の浄化のお手伝いができればよいと謙虚な姿勢
IMG_5995 
古くから鹿児島地区にある茶節
削ったばかりの鰹節の上に麦味噌を好みで入れお茶をかけていただく
まさに即席の味噌汁だが滋味だ
IMG_6008
この吊し柿が最高に甘かった
風が冷たかったから良い物が出来たといわれていた
 
本坊さんの話を聞きながら大山町のことを思い出した
大分県大山町の大山農協は全国に先駆けて
1986年「大山オーガニック・ランド」を宣言
そのため、農業の基本である土づくりから始めた
合言葉は初めに土ありき
化学肥料は使わず、動物の糞尿や
農産廃棄物であるおがくずや稲藁等を発酵させて
堆肥にして肥沃な土をつくった
堆肥を作るのはとても手間がかかる
完全堆肥でないと農作物が根腐れを起こしてしまう
有機物を完全に発酵分解させミネラル分だけの土にする
その土を使って640人が農業を始めた
この肥沃な土地の底力が美味しい農産物を作り
高値で取引されるようになり様々な好循環を作り上げていく
 
大山町の例をみると
本坊農園のせっかくつくられたオリジナル有機堆肥を
志を同じくした農業の個人、団体に拡げていけるかが今後の課題だろう
オリジナル堆肥を使って還元力の強い農産物をつくり
明日の自分の健康につながる
食とは人に良いものと書く
今後の本坊照夫、千代子ご夫妻の挑戦を見守って行きたい
 IMG_6010
 
農業生産法人 株式会社本坊農園
0984-33-1610
 

ヴィラデストワイナリー(信州)

エッセイストであり画家でもある玉村豊男氏が
1991年に信州に転居され
2003年にワイナリーを開設された
 IMG_4965
丘の上にあるぱっと開けた土地を見たときに
一目で気に入った場所だったという
ぶどう畑を見ながら車をすすめていくと
ようやく駐車場に到着
IMG_4948IMG_4971
降りてワイナリーの建物を横目で見ながら
まずは素敵なガーデンを散策
IMG_4962IMG_4964
ガーデンの細かいこだわりも素晴らしいが
ここの眺望は圧巻だ
豊かにそびえたつ山々
 IMG_4959
ガーデンから見えるブドウ畑の風景
このワイナリーは7ヘクタールのブドウ畑があるようだ
赤のメルロー、白のシャルドネをはじめ15000本ほどのブドウの木がある
 
ヴィラデストワイナリーのワインは色んな賞を受賞しているが
何といっても開設3年目の洞爺湖サミットでの
ワインを造ったのが話題となった
最近の日本ワインの活躍は
今後のワインの将来を考えるととても楽しみでもある
 
豊かな自然を体感した後は
お店へ
ここには玉村豊男氏がイラストを描いたワインをはじめ
皿やカップ、ポストカードなどが販売されている
ファンにとってはたまらない場所だ
 IMG_4955
IMG_4956
時間がなく食事ができないのは残念だったが
次の機会に取っておくことにしよう
 
 

テロワールを目指す水芭蕉(永井酒造・群馬県)

初めて群馬県にある水芭蕉の永井酒造にお邪魔した
IMG_3451
まず案内されたのは山の中の渓流
ここからの山はすべて永井酒造の持ち物なのだそうだ
 尾瀬山系からの伏流水が永井酒造の仕込水となる
水の奇麗なこと
IMG_3464
聞くといとうやイワナなどが生息しているようだ
飲むと軟水で柔らかい
毎年仕込みを始めるときと
酒造りが終わった時にこの場所で神事を行っているという
豊かな自然に感謝し、畏敬の念を持ち、良き酒ができることを願い
また良き酒ができたことと安全で酒造りが終えたことを報告する
来年でもここをテラスにして酒も飲めるようにしたいと言われていた
 
そのあと蔵の近くの吉祥寺に
この寺は鎌倉建長寺を本山とする臨済宗の禅寺
IMG_3473
鎌倉武士の大友氏時氏がここの領地だった
そして大友氏が九州に移った後
1339年に先祖発祥のこの地に寺を建立したのがきっかけ
IMG_3472 
四季折々に咲き乱れる花が有名で花寺と言われているそう
4月下旬には水芭蕉もきれいだそうだ
小雨に煙る風情もまた良い
庭も素晴らしく季節や天気に関係なく楽しむことができる
永井社長もお気に入りで蔵見学に来た人は必ず案内されるという
 
さて蔵に戻り見学
永井社長は大学は建築を専攻していただけに
この工場の設計から携わっていた
当時社長だったお兄さんは、村から田園プラザを経営して下さいとの依頼があり
現永井社長が引き継ぐことになった
トップは異色のコンビだ
後藤杜氏は東芝のLSIの研究を行っていた
ある時、酒に開眼し酒造りを目指したいと
各県の酒造組合に手紙を出した
面接した永井社長の目に留まり採用されたのだという
節渕常務は高校時代からの親友
金融関係に15年勤め永井社長の説得で入社を決断したようだ
 
タンクは6000キロリットルと大きいが
全て高圧洗浄で対応できる
しかもタンクの温度管理が高さごとに見える化してある
上と下がどれ位温度が違うのか
一目でわかるシステムにしてある
そのため品質管理もしやすい
また災害時の停電時には緊急で集まるようにされており
この危機管理は東日本大震災で学んだことのようだ
 IMG_3461
次に案内されたのがこの部屋
タンクはすべて断熱材で巻いている
見積もりは1タンク500万以上かかるということだったので
手作りで行ったため1タンク50万程度に収まった
12年ほど前からこのタンクで生貯蔵し窒素ガスを入れ
酒の劣化を防いでいる
市場に出るときに一回火入れをして出荷する
このシステムを導入したおかげで品質が一挙にアップした
 
なんといっても水芭蕉はシャンパン製法のPUREを出したことだ
成功までに700回の失敗
500回の失敗後、シャンパーニュ地方に一か月ほど行った
そこで発見したのは2次醗酵の温度だった
フランスは地下室で寝かせ醗酵させる
温度は13~15度
日本に帰り再度チャレンジしつづけたらようやく成功した
製法と製造特許も取り、
これからの大きな展開も考えていらっしゃるようで大変頼もしい
IMG_3453 
先日フランスのリヨンにある女性シェフの三ツ星レストランに
PUREとデザート酒の採用が決定したそうだ
執念と頑張りとタフネスさが若き永井社長の持ち味だ
 
水芭蕉の目指す蔵は
この土地、地理・気候、作物、人の総称であるテロワールを大事にして
尾瀬山系でしかできない奇麗な酒造りを行っていきたいと
力強くおっしゃっていた
地方の蔵から世界を目指す意気込みと熱い情熱に期待したい