平野隆章監督インタビュー(発酵する民)

宮崎キネマ館で上映中(2月11〜24日)

の映画「発酵する民」の平野隆章監督に話を聞いた

 

映画の内容は

鎌倉で原発反対のパレードが起点となって

発酵グループを中心に結成された鎌倉イマジン盆踊り部

歌を作ったり、踊りの振り付けを考えるなど

様々な活動をする中で酵素風呂、味噌作り、パン屋、蔵元など

様々な発酵の民が登場してイベントを創り出していく

出演者がとても楽しそうで生き生きしている様子が印象的だった

是非 発酵の興味のある方はご覧いただくと幸いです

 

何故この映画を撮ろうと考えたのか?

平野監督は原発事故の後

人々の食に対する意識ががらりと変わった

食を大事にすればするほど

発酵というキーワードが心の中で大きくなっていたと言われていた

 

撮影を続けながら

自らの住所を横須賀から鎌倉に変えた

撮影をする中で

発酵することを仕事にしている人は

私たちと時間軸が違うのだということも教えてくれた

それは発酵とは自然が行うものだから

私たちの通常の基準通りのタイムスケジュールと

全く異なる世界があるのだとようやく理解できた

 

フェルメンテーション(発酵)という言葉は

沸騰する、とも言われる

映画の出演する人、人が沸騰していて生き生きとしていた

それは、まさしくそれぞれが発酵していたのだと確信する

 

撮影は7年という長さになった

出演された瀬能笛里子さんは舞台挨拶で

この映画のキーワードは円だといわれていたのが面白かった

人間の縁、盆踊りの円、塩炊き祭りの塩

円と縁が結び合い人と世界が広がっていけば良いと

 

   平野監督 (JR宮崎駅前で)

平野監督は言う

上映会を全国各地で行いながら、

各地の人との出会いや感想を聞くことが

私にとって新たな気づきになるし勉強にもなっている

 

今後の夢はと聞くと

これからは東京など大都市圏が中心となるのではなく

地方発で日本を変えたり

豊かにしたりすることができるのではないかと確信している

そんな人間との出会いから新しい題材も出てくるように思う

 

日本の伝統食は発酵と共にあったと思う

しかも身土不二という考え方が日本人の健康を支えていた

身土不二とは体と土は一体であり

自分の住んでいる土地で採れた旬のものを食べれば健康になるということ

コロナ禍がここまで長期間になる中で

日本人の食に対する考え方が一挙に変わったと実感している

安心安全な地元で採れた食物や発酵食品を食べ

体の免疫力をアップすることが健康の一番の近道だと思う

 

その意味でも、

平野監督には発酵する民、第2章では

是非、全国の地方で頑張っている発酵人に焦点を当てて欲しい

それが日本を豊かにする大きな近道になることは確信できるから

映画 ドライブマイカー

話題の映画ドライブマイカーを観た

3時間という長さを感じさせないどころか

私にとって心の迷いや悩みをときほぐしてくれる映画だった

なぜか心にしみじみと入っていく映画だった

カンヌ映画祭、ゴールデングローブ賞の受賞は当然だろう

この映画であればアカデミー賞は取れると確信した

原作は村上春樹の「女のいない男たち」の中の短編の

ドライブマイカーなのだが

その他の短編からもエッセンスを織り込んで

素晴らしい脚色に仕上げている

原作を基にここまで見事な村上ワールドを

現わしていることに敬意を表したい

さて内容は

舞台俳優で演出家の家福祐介は

妻の音と一緒に暮らしていたが、

セックスの後に音がシナリオを思いつき、しゃべり

それを家福がリライトするという作業で仕事が進んでいたのだが

秘密を残したまま突然他界してしまう

2年後、喪失感を抱えながら生きていた家福に

広島から演劇祭の演出の話が舞い込み、愛車のサーブで広島に向かう

そこで出会ったドライバーみさきとの中で

様々なことに気づかされていく

メインを広島にしたことも非常に良いし

そこで多国語演劇をするという設定も時代にかなっている

9カ国から選ばれたキャストも多様性を表現している

中でも透明感のある韓国のパクユリムの手話は素晴らしかった

最後は北海道まで車を走らせ日本の長さを世界に認識させた

世界中で国も年齢を超えて読まれている村上春樹

そしてメイン舞台は原発が落ちた広島

キャストが多国籍

ヤツメウナギの話など

色んな出来事の中で

家福と過去を持つドライバーのみさきと徐々に心がつながっていく

人は様々な悩みを持ちながら

平然と生きていく

そんなことを考えながらエンドタイトルを見つめていた

久しぶりに素敵な映画を見た!

発酵する民(宮崎キネマ館)

宮崎キネマ館で

2月11日から2週間12時10分から

話題のドキュメンタリー作品「発酵する民」が上映される

また2月13日と14日は

監督の平野氏が舞台挨拶をされるそうだ

 

内容は

海と山に囲まれた古都・鎌倉。

2011 年、このまちを「脱原発パレード」で歩いた女性たちが

「イマジン盆踊り部」を結成した。

彼女たちは、日々の生活の中で浮かび上がってくる思いを唄にして踊り始める。

お酒や味噌、パンづくりから生まれた「発酵盆唄」

海水を汲み、薪で火を炊いて塩をつくる「塩炊きまつり」

やがて、風変わりな唄と踊りが人びとをつなげてゆく。

 

この映画は、3.11 後の鎌倉や葉山での「生活」を描きながら、

個性溢れるパン屋や酒蔵も取材。

 

微生物たちの「発酵」の世界や、太陽系の惑星の動きが交差する。

そして、人や地域文化がゆっくりと変化していく様子を

まるで「発酵」していくかのように描いてゆく。

東日本大震災・原発事故から11年。

あの時に生まれたものは、今も確かに続いている。

音楽やアート、 ジャーナリズムなど異なるジャンルが

映画の中に入り込んだ鎌倉発「発酵」ドキュメンタリー!

監督 平野隆文

2013年、編集を担当した報道ドキュメント『東電テレビ会議 49時間の記録』

(制作OurPlanet-TV)が 科学ジャーナリスト賞大賞を受賞。

山形や福島、東京の映画館で上映される。

今回、鎌倉で出会った女性たちにカメラを向け

長編ドキュメンタリー初監督作品となる『発酵する民』を発表した。

発酵が人を繋げ地域を少しづつ変えていく

発酵に興味がある方は

そんな実体験をこのドキュメンタリー作品で是非してみてください!

ノマドランド(アメリカ映画)

不況によって経済的に困窮する60代の女性が主人公

仕事と家を失い、車に家財道具を積み込んで

旅に出るファーレン

いわば「現代の遊牧民 ノマド」である

目的地があるわけでもなく、各地で働きながら

様々なノマドと会い、次第に大自然の雄大さと美しさの中に

共存できる喜びを見出していく

不安ながらもあえて楽な生活を選択しないファーレンの意思の強さ

美しい雄大な大自然、美しい旋律、人間としての誇りが三位一体として

ファーンの表情に現れて、少しづつ成長していくように見える

人生とは何か?幸福とは何か?を

同世代の人間として深く考えさせてくれる

 

一番印象に残っている言葉は

教え子だった子供に聞かれる

「先生はホームレスなの?」

誇りを持って返した言葉は「私はハウスレス、別物よ!」

心にはずっと家庭が生き続けており

今は物質としての家がないだけという意味だろう

 

主演はフランシス・マクド—マンド

今まで「ファーゴ」「スリー・ビルボード」で

2度オスカーを受賞している

驚くのはフランシス・マクド—マンドは作品のプロデューサでもあることだ

ジェシカ・ブルーターが書いたノマドの出版直後に

自ら映画化権を獲得

そしてクロエ・ジャオ監督の「ザ・ライダー」

をトロント映画祭を見て感銘を受けると共に

そのドキュメンタリー手法に注目して監督を依頼するのである

役作りのためにアマゾンの集配センター、収穫所、国立公園、カフェで

ノマドの人に交じって実際に働いた

映画でも主人公と交流を深めていく人たちが

ほとんど実在するノマドの人々であることも驚く

まさにフランシス・マクド—マンドが全身全霊を込めて

作り上げた作品でもある

作品も秀作なのだが

その背後にあるフランシス・マクド—マンドの

命を懸けた作品作りに感銘を受けた!

 

4月26日アカデミー賞が発表された

作品賞、監督賞、主演女優賞の三冠をノマドランドが達成した

プロデューサーとしてもフランシス・マクド—マンドの見事な完勝だった!

映画「蜜蜂と遠雷」

恩田陸の書いた傑作 「蜜蜂と遠雷」の映画化は

個人的には誰もが思っていたように不可能だと考えていた

それほど本の文章で表現される圧倒的な音楽描写と臨場感は

他に類を見ないほど凄く素晴らしいものだった。

それだけにこの本をどうやって台本にし、

映画にしていくのか興味は尽きなかった

 

映画に行ってきた

始まってから終了まで息をつかさないストーリー展開

本の3分の一ほどを切り取り

オーケストラの音楽や様々な音楽表現で

本の雰囲気を余すことなく表現することに成功している

 

主役はコンテストに出場する

4人のピアニストだ

栄伝亜夜、風間塵、マサル、そして高島明石

栄伝亜夜は天才ピアニストと言われたが母の死をきっかけにして

コンサート会場を逃げ出し、7年のブランクののちに帰ってきた

風間塵は伝説のピアニストホフマンからギフトか災難かと言われる

天真爛漫のピアニスト

マサルは亜夜と出会い才能をアメリカで開花させたピアニスト

高島明石はサラリーマンでありながら

コンテストを年齢制限いっぱいで受けるピアニスト

高島明石は本選に行くことはできなかったが

本選では3人の演奏を肌で感じながら良い味を出している

栄伝亜夜は風間塵との連弾で

母親と弾いている楽しい自分を取り戻した

マサルはオーケストラと調和を図りながら自分ならではの演奏をプレゼンする

風間塵は楽器の位置を入れ替え、彼ならではの音感の凄さと

テクニックを天真爛漫に披露する

そして栄伝亜夜はようやく逃げる自分から目覚め

母親の死を乗り越え、世界を鳴らせるのと言った母親の言葉を胸に

自分の中にある音楽を表現することができて演奏を終える

 

結果

第一位      マサル

第2位      栄伝亜夜

第3位      風間塵

奨励賞、菱沼賞  高島明石

 

会場ディレクターの平田満、クローク役の片桐はいりもいぶし銀だ

 

心の繊細なひだに絡まってくる音楽が

圧倒的な迫力で美しく、ドラマティックに心に染みてくる

音楽が好きな方には必見の映画である!

人生フルーツ(映画)

風と雑木林と建築家夫婦の物語

「人生フルーツ」

歳を重ねるごとに美しくなる人生

そんなことを感じさせる

とても素晴らしい映画だ

 

愛知県春日井市高蔵寺ニュータウンの一角にその家はある

雑木林に囲まれた一軒の平屋

建築家 津端修一氏が

師であるアンソニー・レーキンドの自宅に倣って建てた家

40年間

自然の力を友として暮らしてきた

何事にもゆっくり時間をかけて丁寧に生きている

キッチンガーデンには

ご夫婦で季節折々の野菜や果物が植えられ、

日々の収穫と共に

英子さんの手間暇かけて美味しいご馳走に変わる

夫を支え、夫の好む食を提供し続ける妻

夫は「彼女は生涯で最高のガールフレンド」と話す

自然に逆らうことなく、自然の実りを享受して穏やかに生きる

夫婦にとって大事なことを積み重ねていく安心感と充足感に

満ち溢れている

 

「家はくらしの宝石箱でなければならない」 ル・コルビジエ

の言葉もインパクトがある

 

樹木希林のナレーションが素晴らしい

風が吹いて、葉が落ちて

いい土になって果実が実る

こつこつ ゆっくり

人生フルーツ

 

見ている人の心を共鳴させていく

人生とは、幸せとはを考えさせてくれる素敵な映画である

機会があればぜひご覧ください!

「万引き家族」是枝裕和

カンヌ映画祭のグランプリとなる
パルムドール賞を受賞した是枝監督の話題作
「万引き家族」の先行上映を見てきた

テーマが家族とはいえ、心に重い映画だった
夫婦と他人の4人がなぜか同居して家族になっていく時
6人は互いに幸せだったに違いない

初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす6人家族
万引きと言う行為がさらに絆を深めていく
しかしそれは真っ当な生活ではない
そんなことに気づいていくのが祥太だ
妹の万引きが見つかるのを隠そうとして
自分がわざと万引きして逃げて骨折して捕まる
祥太が捕まったことから他人の結びつきの家族が
世間という常識で暴かれ、裁かれていく
万引き、誘拐、死体遺棄、様々な犯罪用語のオンパレードだ

すべて一人で死体遺棄と言う罪をかぶった信代(安藤サクラ) 
刑務官の質問には自然に涙が出たという
その表情と泣き方には凄みを感じたほどだ
最後に信代(安藤サクラ)が言った言葉が深かった
「だって、すごい楽しかった。」
安藤サクラはこの映画で一躍時の人となった。

6月2日にBSフジで是枝監督と立川談春の
対談の番組があった
その番組の中で
是枝監督の手法は毎日撮影したVを編集しながら
空気感を考えて台本が変わっていく
その現場で見つけたもののほうが面白いし
間違いがないと言い切っている

その分役者にとっては言葉がどんどん変わり
アドリブが多くなっていく
監督が日々撮りながら見つけたテーマ
それは今回の映画の主役は祥太の成長だったという

是枝作品には家族のテーマが多いが
監督自身は日本においては今の30年で家族は崩壊したと考えている
世界中でもホームドラマは成立しにくくなっていう
失われたものを取りもどすための「日常」を
是枝監督は家族をテーマに描いていきたいのだろう

是枝監督に対して外国人から言われるのは
時間が円を描いて流れている
巡る感覚だと・・・・
素敵な言葉だ

「万引き家族」これは
今の日本の問題点の縮図なのかもしれない

日本の家族の現実が、心に重くのしかかってくる映画でもある

あるがままに (大杉漣)

大杉漣氏が亡くなって一か月が過ぎた

大杉さんは66歳と私より年が上だが

65歳を過ぎてなお

光り続けるあの輝きは

同世代の男性としてもあこがれだった。

にこにことした笑顔、包容力、優しさ

まさに彼の信条である「あるがままに」のような自然体だった

そして長年の実績に裏打ちされた深い演技力は

多くのファンを魅了していた

 

彼の転機となったのは北野武監督との出会いだろう

映画ソナチネのオーディションに1時間遅刻して会場に行き

すでにかたずけがはじまって

スタッフと話をしている北野監督のところに行ったが

23秒見ただけで

「もう帰っていいですよ」との監督の言葉

受かるわけないと思っていたら

数日後大杉さんで行きますからの返事をもらいビックリした

 

北野監督は借金の取り立てのやくざの役の大杉に

全てアドリブでやってくれとの指示

そのアドリブの軽妙さに「こいつ、うめえな!」と舌を巻いた

そして、それからの北野映画には不可欠な役者になっていったのだ

 

大杉は北野組の仕事を次のように語っている

自分が役者としてもやもやしていた時に

こんな映画作りがあったんだと知った作品

何物にも代えがたい、俳優としての宝であり夢のような時間だった

 

独特の緊張感です

北野組って1回味わうと2度と味わいたくないと思って

撮影が終わるとその緊張が恋しくなる!

 _

バイプレイヤーズのドラマの撮影中に突然亡くなってしまった大杉蓮氏だが

彼は最後のプレゼントを私たちに用意してくれた

106日上映の教誨師(きょうかいし)だ

「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」

教誨師(きょうかいし)の役で主演している

独房で孤独に暮らす6人の死刑囚と対話する主人公の佐伯に扮し、

その苦悩や葛藤を描き出す。

大杉氏はその映画のエクゼクティブプロデューサーの役割も果たしている

楽しみに最後の主演映画の公開を待ちたい!

 

 

珈琲アロマ(浅草)

昔どの街でもあったような喫茶店
そんな風情がこのお店にはある
浅草で創業50年以上の老舗の珈琲店だ
 
店に入るとカウンターだけのこじんまりとしたお店
ブレンドとオニオントーストを注文
 
あたりを見渡すと
おや、ペリカンのパンのチラシが
よく見るとなんとペリカンのパンが映画になり
10月から上映されるそうだ
浅草と言えばペリカンのパンと言われるほど有名
勿論アロマでもペリカンのパンを使っている
地道に食の仕事をしてきた人が
こんな風に脚光を浴びることはとても良いことだと思う
機会があればぜひ見てみたい!
 a22jpg
店ではご主人がネルドロップ式で丁寧に入れて
ブレンドを出してくれる
そして次はオニオントーストの調理にかかっている
その動作に無駄な動きはない
 
横の常連さんにいつもの?
をご主人が問いかけると、さりげなくうなずく風景も良いものだ
 
珈琲は少し濃いめだが、さっぱり感もあり
懐かしい味だ
オニオントーストはオニオンと野菜ピクルスに
マスタードと黒胡椒で味付け
ペリカンのトーストと
ピリッとした辛さが珈琲によく合う
 a11jpg
最近どの街でもスタバなどのチェーン店が増えて
あおりを受け
その街の珈琲文化が消えていくことに
寂しさと残念さを感じてきただけに
このような喫茶店が生き残っていること自体が嬉しい
日本ならではの古き良き珈琲文化がここにはある
是非一日でも長く豊かな味わいを伝えてほしいと願っている
 
 
 
珈琲文化度   ★★★☆
 
 
 
珈琲アロマ
 
東京都台東区浅草1-24-5
03-3841-9002
8:00~18:00
木曜、第4水曜休み
 

親子受賞ー湯を沸かすほどの熱い愛

最近見た邦画の中で
一番感動したのが 湯を沸かすほどの熱い愛 の映画だ
 
休業している銭湯の表に
湯気のごとく店主が蒸発しました との張り紙に
この映画の期待感が高まる
 
余命2ヶ月と宣告されてしまう主人公の母親
双葉役に宮沢りえ
彼女は宣告を受け、絶望に陥るどことか
勇気を持って家族と余命を生き抜く覚悟をする
 
家出した夫(オダギリジョー)を連れ戻し
休んでいた銭湯を復活させ
娘(杉咲花)をいじめから救って独り立ちさせていく
 
宮沢りえと杉咲花の親子は
本当の親子以上のリアリティを持って観客を感動させる
宮沢りえは貫録の演技だが
とくに娘役の杉咲花の演技は圧巻だ
 
愛の深さに何度となく涙が頬を伝う
人の死がテーマという
何度も取り上げられるありふれたテーマでありながら
こんなに明るく笑って涙が同居する映画となるとは・・・・
 
この親子は本当以上の親子となっていることを実感した
 
3月3日
日本アカデミー賞助演女優賞は
湯を沸かすほどの熱い愛の杉咲花が受賞した
映画でもその後でもお母ちゃんというほどの関係です
この映画を通じて思ったことは
やっぱりお母ちゃんは凄いということですと話をした
 
そして日本アカデミー賞主演女優賞は
湯を沸かすほどの熱い愛の宮沢りえが受賞
映画そのままの親子でのW受賞となった
 
残さねばならない者たちのために
懸命に生を全うする姿が温かく心に染みいる
死にゆく母が残す愛と絆
今の時代だからこそ、子供から大人まで見てほしい映画である
 
新人監督としてのデビュー作だった中野良太の
オリジナルシナリオを読んで
宮沢りえは出演を即決したそうだ
素敵な話である