自然栽培 川越俊作さん(田野町)

自然栽培のけんちゃん農園の杉木さんに誘われて

自然栽培では全国でも有名な

田野町の川越俊作さんのところへお邪魔した

左がけんちゃん農園の杉木さん、右が川越俊作さん

自然栽培の定義は

無農薬で無肥料、

大自然が持つ力だけで農作物を育てる栽培方法だ

川越さんは母が農薬で苦しむ姿を見てきた

このままの農業ではだめになると考え自然栽培を始めた

一番時間がかかるのは土地の解毒だそうだ

3年から5年かけて土を作り変えて本来の姿に戻していく

無収入が長期間になるので相当の覚悟と本気度が試される

それが自然栽培だ

土が本来の姿に戻ると収量がアップし、雑草も生えないそうだ

今では全国から多くの人たちが研修に来るほどになってきた

 

今日は自然栽培の方々が川越さんのところへ集まり

小さなマルシェを開催されていた

けんちゃん農園の杉木さんのブース

玉ねぎスライスにニンニク塩麴とポン酢をかけるだけで

めちゃくちゃおいしい

川越さんのブース

今日は自然栽培の野菜をゲット

AKASAKAファームのじゃがいも

熊本から来られた上野さんのごぼうときゅうり

川越さんの大根の漬物

そして杉木さんの玉ねぎ

さてこれで何を作ろうかな?

 

WITHコロナの時代だからこそ求められる

安心と安全の農作物

自然栽培は山を見ることだとも言われる

山は何もしなくても自然の循環で育っている

人間が自分に都合の良いように、収量が増え、形が良い農業が全盛となり

その結果、農薬が使われることが当たり前になっている

人間の体の細胞は約60兆個ありこの細胞は約3か月で入れ替わるという

胃は30日、腸は40日、筋肉は2か月で変わっていくと言われる

良い新陳代謝を生み出すものは食べ物だ

そんな意味でも

再度、安心安全の食べ物を求めたいと思うのは私だけだろうか?

玄米麹専門店・玄米麹甘酒娘こころ

玄米麹ここころを作られていた

代表の山本美代子さんが新しい商標登録を取られ

玄米麹専門店の名前に変更された

玄米の健康効果に着目されて

事務所には室まで作られて

玄米麹を手作りで作られている

玄米の素材も有機栽培のえびのの本坊農園のものだから

安心安全の発酵食品だと言える

一番の売れ筋は

玄米麹甘酒娘こころ

飲む習慣ができた方の中には

疲れにくくなった、よく眠れるとの

声が多いようだ

 

最近発売したのが玄米の乾燥麹にしたもの

これを味噌汁や煮物などに入れると

優しい甘さがあり、

体にとっても良い発酵効果があるようだ

是非興味のある方はオンラインショッピングから

検索してみてください

 

玄米麹専門店

宮崎市松山1−10−31−1F

0985−89−2105

夏休み親子発酵教室延期のご案内(都農ワイン)

宮崎県全域がコロナ感染拡大緊急警報となったため、発酵教室は延期とさせて

延期とさせていただきます!

 

夏休み親子発酵教室を8月20日

15:30から都農ワインで開催します。

 

発酵×体験×食=健康をテーマに

今回はサマー・イブニング・ハーベストとして

葡萄の収穫を体験していただきます

なかなかできないワインブドウ収穫です

品種は当日のお楽しみに・・・

 

その後ワイン葡萄品種のお話を赤尾工場長と

黒木玲二さんからは尾鈴葡萄品種の話をしていただけます

黒木さんは尾鈴葡萄の先駆者である永友百次さんの孫でもあります

食事は豪華な発酵BBQ

ワイン牛をはじめ、美味しい食材が満載です

特製葡萄ジュースや都農ワインもお楽しみください

ハンドルキーパーはもちろん禁酒でお願いいたします

 

夏は暑いし、収穫の体験ですから

服装はカジュアルで帽子や手袋は必須です!

8月20日都農ワインで15:00からの受付です

大人 2500円 子供 1500円(小学生のみ)

 

都農ワインで開催するサマー・イブニング・ハーベスト

30名限定ですので

お申し込みはお早めにどうぞ

0985−31−7086 みやざき発酵ネットワーク事務局まで

西都市、曽我さんの完熟マンゴー

宮崎完熟マンゴーのルーツ

西都の曽我さんのマンゴーハウスを訪ねた

ご主人の曽我さんは足が悪くて入院が続いているため

昨年からは奥さんの久子さんを中心に娘さんがサポートをしている

そのため奥さんの久子さんと

娘の鈴世さんが迎えてくれた

今年のマンゴーは日照時間が足りないため

実が大きくならない

しかもなかなか完熟しない

他のマンゴー農家も遅れているらしい

普段はマンゴーの最後の時期となる7月なのだが

昨年あたりから遅れてきている

今年はいつになるかわからないと不安を募らせていた

マンゴーの話を聞きながら

剥いてあったマンゴーをいただく

やっぱり甘い

実はまだ小さいけれど、曽我さんならではのマンゴーだ!

都農ファームカフェ(都農町)

葡萄生産者の黒木さんに会って

そのあと都農ワイナリーに出かけた

都農ワインの葡萄畑ではメルローがこんなに大きくなっている

赤尾工場長に挨拶して、

ワイナリー内の出来上がったばかりのカフェへ

テラス席が気持ちが良い

ここから見る風景は本当に絶景だ

そのテラス席でワインを撮影していたら

何ともワインな気分になってきた

都農ワインの中からどれでも3種類選んで

飲むことができるワインセットが良いと言われたので

カタログを見ながら3種を選ぶ

選んだワインはシャルドネ#6−B

スパークリングシャルドネ、プライベートリザーブシラー

なんとこのおつまみも付く

チーズやカルネなど

特にカルネはシラーにはよく合うという

通常カルネはラム酒で作るのだが、ここは自家製ブランディーで作っているそうだ

シャルドネ#6−Bはトロピカルで高貴なイメージ

スパークリングシャルドネは開放的で華やかだ

シラーはブルーベリーや胡椒などの複雑の味わいと心地よいタンニン

 

これは1270円(税込み)の価格としてはとてもお得なセットだ

一番人気だというチキン南蛮(1080円税込み)も頼んで

今日は豪華なワイン付きの昼食となった

丁寧な接遇をしていただいた愛想の良い3人の女性に感謝!

ごちそうさまでした

お天気の良い時はテラス席は是非物ですよ!

 

 

絶景度  ★★★☆+

 

都農ファームカフェ

都農町川北14609−20

0983−25−5501

11:00〜16:00

火曜休み

黒木玲二さん(葡萄生産者)

都農ワインの自社葡萄農園

牧内農園の黒木玲二さんを訪ねた

黒木さんは尾鈴葡萄を誕生させた先駆者として知られる

永友百次の孫でもある

都農で何故ブドウ栽培が始まったのか?

黒木さんに素朴な疑問を聞いた

都農町の土は1500万年尾鈴山の噴火によって

火山灰の土壌となっており稲作には向かなかったこと

町を流れる名貫川より高所にある田畑では

水の取り合いが起きていたことなどの理由で

果樹栽培を始めたのがきっかけだったそう

梨から始めたが台風の被害を受けやすいため

梨から葡萄へとなり栽培が拡がっていったそうです

 

キャンベルアーリーには面白い話があり

最盛期は都農地区で2000トン収穫していたが

その半分の1000トンは北海道市場で高値で売れていた

北海道は当時キャンベルも栽培されていたのだが酸っぱいので

都農町の甘いキャンベルは重宝されたのだという

 

都農ワインの牧内農園ではシャルドネをはじめキャンベルアーリー、

メルロー、シラー、等々自社農園で栽培したものを

都農ワインで醸造している

 

黒木さんはブドウ生産農家でもあるので

自宅の近くのブドウ園を一緒に見に行った

甘さが特徴的なクイーン7

ピオーネ

シャインマスカット

ブドウ園の入り口にはブルーベリーが

葡萄の収穫は期間はどのようになるのかをお聞きすると

まず7月からサニールージュ、ハニービーナス

キャンベルアーリー、ピオーネ

最後は8月後半から9月がシャインマスカットの感じだそうだ

 

今年のぶどうの出来も良く

あまりコロナの影響はないと穏やかに話していただいた

7月後半から葡萄の詰め合わせを販売されるという

興味がある方はぜひ訪ねていただきたい

ここやっど小林(小林市)

自然の湧水と素晴らしい食材に恵まれた

小林の地にここやっど小林がある

ここのオーナーシェフは地井潤氏

フランス、オーストリア、スイスの日本大使館公邸料理人の経験を持つ

お店の暖簾は和テイスト

一度、ここで大吟醸を楽しむ会のミニ会を

地井シェフ、ダイワファーム の大窪社長の協力で開催したが、

小林の方々の飲む量のすごさに驚いたことがある

それ以来の久しぶりの訪問だ

今日はワンプレートランチ(1,650円)を注文

お皿一杯に乗って出てきた小林の食材

野菜はもちろん、鯉の洗い、鶏の胸肉などなど

彩がとても美しい

大根にはトリュフソースが驚いた

ご飯に乗っている山椒バターがとても美味しい

自家製だそうだ

デザートはダイワファームのクリームチーズを使用したもの

 

小林の食材を使っての地産地消のレストラン

小林で時間があれば是非伺ってほしいお店だ

無農薬の本坊(もとぼう)農園

えびの市にある本坊農園に

無農薬野菜の収穫でお邪魔した。

本坊農園も都会から若い人たちが入ってきて活気がある

若い人たちがSNSでどんどん発信して色んな交流が生まれているようだ

さて今日の訪問もSNSから

ゴールデンウィークはキャベツが一個80円

畑で収穫してください

というfacebookがきっかけだった

 

行動力のある松下さんに誘われてお邪魔した

午前中の雨も午後は何とか回復して

本坊さんに案内されて畑へ

発酵で土づくりがようやく良い状態に仕上がっている

土がふかふかで柔らかい

土づくりがうまく行けば野菜も無農薬でどんどん育つ

無農薬野菜を食べていれば体が元気になる

この循環を繰り返すことで

自然と人間が共生できるのだ

 

草と共生しているキャベツ畑

そして新玉ねぎ

大根

野菜がすべて甘い!!

 

楽しい無農薬野菜の収穫体験となった

最後はイチゴも買って大満足の一日

本坊さんご夫妻有難うございました!

il Sorriso (イルソリーゾ)宮崎市

若草通近くのイルソリーゾに出かけた

小坂さん夫婦だけでされているだけに

こだわりの料理とアットホームな接客が心地良い

イルソリーゾはイタリア語で笑顔の意味

ここの料理で笑顔になっていただきたいとのことだそう

さて前菜はほうぼうのマリネ、梶並さんの菊芋とビーツのサラダ

自家製ハムにジュレ乗せ

白ワインはふくよかな味で料理に合う

次は佐賀産のホワイトアスパラにトリュフ

アラにバフンうに

出汁が美味しい

椎葉の放牧豚にパルジャミーノとバターソースのパスタ

濃厚で美味しい

生シラスのタリアテッレ

今朝上がったばっかりだという

ピノの赤ワイン

都萬牛の炭焼きビステッカ

赤身がとても美味しい

デザートはラベンダープリンとタロッコオレンジ

いつもながら感じるのは

料理の美味しさとBGMの音楽の素敵さ

奥様が自分で選曲をされているのだそうだ

是非料理と音楽も一緒に楽しんでいただきたい

 

おもてなし度  ★★★★+

ilSorriso (イルソリーゾ)
宮崎市橘通3-5-28長ビル1F
0985-22-5756

道本食品のベジパスタ

干したくあんマヨパンと干したくあんマヨネーズのおにぎりが

1月19日から2月28日まで宮崎県内のセブンイレブン197店で販売された

その開発や経緯について道本英之社長に説明していただいた

日本最大のコンビニチェーン セブンイレブンについては

2年ほど前からアプローチを開始した

店舗は全国で20000店、首都圏で8000店あるのだそうだ

セブンイレブンでは全国かブロックの販売で

県域での販売は今までなかったのだが

コロナ禍が幸いしてなんとか販売にこぎつけた

エーエムケイの井出社長がセブンイレブンの宮崎、鹿児島地区に

パンの卸を行なっているので尽力いただいた

ヒントとなったのがサラダパン

塩漬けたくあんとマヨネーズの滋賀県のB級グルメ

たくあんの切り方や味付けなど開発に1年間を要した

私はルート開発やマーケティングを担当した

宮崎県内では大好評だった

特に宮崎県内では手作りのPOPで応援するお店が嬉しかった

鹿児島県内のセブンイレブンでも販売をしたが

おにぎりは盛況だったがパンは売れなかった

 

今からの商品はプロダクトアウトだけではだめ

消費者目線でどう商品をとらえていくかのマーケティングインの発想が大事だと思う

今新しい商品を売り出している

それは大根で作ったベジパスタだ

千切りとは違う切り方でようやくこの商品になった

袋デザインはほとんどスパゲティだ

アメリカで商談をすると

これはスパゲティではなくベジッティイですねと大変興味を持っていただいた

今ベジタリアンやビーガンが世界で急速に広がっている

その需要を少しでもこのベジパスタでチャレンジしていきたい

 

今後ソースを公募して、そのソースと共に売っていくことも考えている

宮崎の野菜で世界に挑戦している

道本英之社長のバイタリティ溢れる説明と意欲に

大きな刺激を受けた

今後の活躍を祈念しています。