みやざきみなとまつり2010報告

ここ一週間とても気まぐれな天気でみなとまつりも
本当に心配だった
前日も風が非常に強く
みなとまつりのテントも飛ばされていないかと不安だった
 
いよいよまつり当日
何とか天気が持ちこたえてくれて
巡視船おおすみと宮崎カーフェリーの体験航海が始まった
乗船したのは抽選で当たった1600人の方々だ
今回は募集期間は短かったが3000名を越す応募で実行委員会もびっくり
受付には今回から海洋高校の生徒さんのボランティアの協力も嬉しいサポートだった
波が少し高かったけれど全員心地よい体験航海を感じていただいた
IMG_3083.JPG IMG_3088.JPG
一番苦労したのが交通計画
警察協議を行い、現場立会いの確認など
宮崎北警察署の地域、交通の方々に
大変お世話になった
最後の最後まで交通計画やシャトルバスなどの話し合いが続き
警察のアドバイスでシャトルバスの運行経路、交通動線などが
体系的に組みあがった
特に北警察署の交通の小倉さん、地域の矢野さんには大変お世話になった
 
さて臨海公園の夜のステージが始まった
心配された天気も臨海公園だけ晴れ
市内では雨が降ったところも少なくなかったようだ
 
宮崎牛の振る舞い1000名も大変喜ばれた
 
ステージでは
港小学校の獅子舞  かわいい子供たちの獅子
江田神社神楽
主祭神はイザナミ、イザナギ
アマテラス(太陽神)スサノオ(海の神様)ツキヨミ(月の神様)が生まれた禊の池もすぐそばだ
金丸宮司も来て頂き伝統の神楽を舞って頂いた
インティ  南米の音楽フォルクローレ
吉村八幡神社 獅子舞  
桑水流3兄弟+石井宗明の民謡日本一の4人によるステージは
圧倒的な声量で観客を魅了
IMG_3111.JPGIMG_3115.JPG
セレモニーは  
実行委員会会長の黒木会長の挨拶
戸敷宮崎市長と戸高宮崎市議会議長が駆けつけてくれて
宮崎の復活宣言のスタートだとの力強いご挨拶
 
響座のダイナミックな命の鼓動を感じさせる太鼓
ジャズ  魅惑のボーカルが心地よい
フラダンス
IMG_3131.JPG
フィナーレは昨年大好評のフラスタジオイリアヒのフラダンス
華やかで華麗なステージで盛り上がった
 
フラダンスの頃にはビーチサイドにずらっと人が座りまさに壮観な風景
ジェイミーのカウントダウンとともに3000発の花火が大空に花を咲かせた
特に水中花火の迫力はインパクトがあり
会場の観客からは大きな拍手が巻き起こった
 
メイン会場観客が 26000人
ボランティアも150人と言うみなとの地域の総がかり的事業になった
黒木会長、田北副会長、坂元副会長、そして国の山本所長はじめ
大変なご協力をしていただき感謝をしている
 
地域の持つ必然性を考え、祭りのコンセプトを企画し
そのうえで色んな状況を想定し
効率よく予算配分をする
自分の想いとこだわりのところには時間をかけてアイデアの発酵とパワーを入れる
そうして地域のシズル感をどう演出していくか、、、、
プロデューサーとはそういう仕事だと思っているが
実行委員会の皆さんの暖かいサポートと励ましは何よりの私たちのエネルギーになる
 
しかも祭りの翌日の朝はスタッフ30人でまつり会場でごみ清掃
実行委員会の黒木会長、田北副会長も参加
自らごみ拾いをしている姿には頭が下がった
この方々がトップにいたからこそ、みなとまつりは地域の祭りとして成功したんだと思う
 
準備に時間がなく作業的には予想以上のハードルがたくさんあったが
私にとってもまた新しい勉強をすることが出来た
いろんな困難を乗り越え成功することが

私の疲れを心地よくさせる一番の良薬だ

そして人の感動する笑顔を見ることが私にとっての何よりの元気の元だ
 
なんとか地域としてのみなとまつりの定着が見えてきたと思う
厳しい経済状況の中、みなと花火に協賛していただいた企業、団体の皆様
ご来場された方々、そして実行委員会、ボランティアそして出演者の皆様本当に有難うございました

磯屋(日南海岸)

国道220号線の宮崎から日南に抜ける日南海岸線の道路沿いには
我々の間ではおいしいところがあまりないと言われていた
あえて言うなら富土海水浴場の近くの、いもと食堂の魚の味噌汁
日南市の入り口手前のニコニコショップの天むす
この天むすも侮れない味なのだ

こんなところぐらいかなあ・・・・
と実は思っていた
磯や外観.jpg
 
そんな中、ある人の噂を聞いて鵜戸神宮の手前にある磯屋に行って来た
夫婦2人だけでやっている
しかも旦那さんの釣った魚だけで料理を出す
そのほかのものもすべて手づくりのようだ
今日は刺身定食(1200円)と煮付け定食(1300円)を頼む
刺身定食.jpg
素朴な海の食堂と言う感じだ
刺身定食には手ずくりのむかでのり、トコロテン、漬物が付く
むかでのりはぜんぜん塩辛くない
こんな手ずくりのむかでのりを初めて食べさせていただいた
朝の獲れたてだけに刺身も新鮮でプリプリ感もある
 鯛頭煮付け.jpg
煮付け定食は醤油の甘味が少し強いが味はほど良い
鯛のアラだけに香ばしくこれだけでお酒が欲しい気分になる
アラは獲れたてだけに色んな魚になる場合もあるようだ
アラ煮は抜群だ!

なるほどこれなら
イセエビが旬のときにここでイセエビを食べると言う人も多い
と言うのも納得ができる
 
2人でやっているだけにぶっきらぼうのところはご容赦いただき
日南海岸の礒の幸を心行くまで
常識以上の安さで食べられる幸せを感じて欲しい
あるようでなかったお店が
日南海岸沿いの 穴場食堂 磯屋である
 
獲れたて度 ★★★
 
磯屋
日南市大字富士22
0987−29−1162
 

梅原真

地域活性化のために第一次産業と
辺境の仕事しか受けないという面白いデザイナーが高知にいる
 
知る人ぞ知る辺境に生きる異色のデザイナー
その名は梅原真
彼の手にかかると、地域の産品や商品に
ズバッと一つの芯(コンセプト)が入るという
それがパッケージとなりデザインされブラッシュアップされ生まれ変わる
 
ローカルはお金が稼ぎにくいシステムの中にある
そんな中で梅原はある漁業の人間とかかわることになる
 
漁業をデザインする
1998年土佐のかつお一本釣り漁船の漁師からの依頼だった
天皇家へ献上する物は焼津の炭火焼のものだ
スーパーで売っているものはガス焼
ただ一番うまいのはやっぱり藁焼だ!
彼はとことん藁焼にこだわった
そのためすべてが手作業となる
商品は漁師が釣って漁師が焼いた
このことをデザインしたのだ、表現と言ったほうが正しいかもしれない
デザインした箱にたたき2本、生しょうが、生にんにく、おばあちゃん特製のたれを入れて
商品名は 『一本釣り鰹・藁焼たたき』 
全国一律5500円とした
飛ぶようにに売れた
そして8年目には年商20億円ほどになった
高知県でも誰もが見えるゼロからの地域活性化の事例だ
 
隠岐の 『島じゃ常識 サザエカレー』も彼のヒット作品の一つである
コンプレックスの裏返し
心のチャンネルを変えることでコンプレックスから自信に変わった
 
彼は仕事の依頼をしてきた客を叱り飛ばすのも日常茶飯事
おまんはなにをしたいんじゃ?
と言う彼の問いかけに依頼者がハードルを乗り越えられるかが鍵になる
 
農業をデザインする
高知も茶所
95%は静岡へ出荷、残りの5%で自分たちのブランドを作ろうと言い始めて
10年目にやっと出来たのが 『 四万十茶葉だけ四万十緑茶 』
CMも演出しようにもお金がない
おじいちゃん、おばあちゃんに縁側でお昼を食べてもらい
その横にお茶を置いといてくださいと・・・
 
CM
せみの声・・・・・
おばあちゃん  『 お代わりは? 』
おじいちゃん  『 いらん、いまんとこ! 』
(ナレ)  四万十茶葉だけ四万十緑茶
 
これでACC賞ファイナルまで行った
CMはお金をかけるだけではないと実感した瞬間でもあった
 
林業をデザインする
ヒノキが売れないと言い続けるスポンサーがいた
ヒノキの板の10センチ角
売れないなら私が売ります と梅原
板に焼半を入れる
匂いを継続させるためにヒノキチオールという天然ヒノキオイルの中に漬けて
出してくる
瞬間ユニットバスがヒノキ風呂になる
なんと2年たったときにヒノキ風呂が一億円以上売れてますと・・・・
 
風景をデザインする
高地大方町にに砂浜美術館がある
リゾート法にのっての大規模開発に何社も手を上げるが
梅原は断固として反対
 
そんな中で、天然の砂浜4キロを美術館にする提案を町長にする
ポールを間伐材で立てロープを張って全国から募集したTシャツを干す
展示が終わったら洗濯してお返しする
そのプロセスを3500円で募集する
BGMは24時間の波の音だ
 
様々な紆余曲折のあとに議会反対のなかで町長決済の形でOKが出る
くじらが作品です
ラッキョウの花見です
海がめが作品です
ゴミの漂流物展
砂浜裸足マラソン
などユニークな取り組みが今も行なわれている
 
梅原は言う
誰もがひょっとしたら目を向けないものに視点をもって行く
そこがヒントになる
そして自分の街を楽しむこと
豊かさのものさしは自分自身が楽しむことであると・・・・・
私がデザインする目的はその商品が売れることではなくて
『その風景が残ること』だと言う
地域に根ざし地域の資源を活性化させる梅原の姿勢には深く心を打たれる
 
 
 

武士道

武士道は日本の象徴である桜花に勝るとも劣らない、
日本の土壌に固有の華である
それは今なお、私たちの心の中にあって力と美を兼ね備えた
生きた対象である
それは手に触れる姿や形は持たないが、道徳的雰囲気の薫りを放ち
今も私たちをひきつけてやまない存在・・・・・
 
1899年12月新渡戸稲造が出した武士道の巻頭の言葉である
以来、欧米で大反響を巻き起こしたことでも有名な本で
現在まで着実に部数を増やしている珍しい本でもある
 
2003年ラストサムライの主役のトムクルーズは
この武士道の本を何回となく繰り返し読んだと言う
ラストサムライの表現した映像は見事に日本の原風景を描いていた
2005年国家の品格を書いた藤原正彦氏は日本にとって大事なのは武士道だと言い
2007年、2009年のWBCではサムライジャパンとして戦ったが、彼らの武士道精神を日本国民は拍手喝采した
そして2010年のワールドカップ
日本代表ーサムライー武士に自分たちを重ねることで一体感を得た
 
いったい武士道とは何だろう
 
江口克彦氏は現代の武士道には7つのセイがあるという
①清   清廉潔白 
②誠  忠誠心、誠心誠意
③正  正々堂々
④制  自制
⑤静  泰然自若
⑥生  武士道とは死ぬことと見つけたり 山本常朝 (葉隠)
⑦省  自分に常に等身大で顧みる
 
寺島実朗氏は言う
武士道は功利や利害、打算を超えて筋道を通していかなければならないことを
美学にしている
今、世界の中の日本の存在がうすくなっているのは
心の構えが出来ていないこと
日本人の精神性、見失ってはいけない基軸がゆらいでいると!
 
今の日本にとって武士道精神とはスポーツの世界だけの憧れの世界になってしまったのだろうか?
幕末に生きた勝海舟、西郷隆盛、坂本龍馬、吉田松陰をはじめとした
武士は、日本の未来だけを考え見識を持って行動していた
 
まだ日本人の心の中に確固として残っている武士道のDNA
世界のなかで誇りを持って日本人と言えるためには
一人一人が7つのセイを大事にしながら行動することが大事だと感じている

日南市、新市歌で地域活性

服部克久氏が日南市の新しい歌を作曲することになった
日南市は北郷町、南郷町とも合併し新しい大きな市になった
服部さんへの依頼は谷口市長の要望で宮崎にゆかりが深く、宮崎の観光の父とも言える
岩切章太郎氏とも服部良一、克久氏の親子共々ご縁が深いというのも
理由の一つだったそうだ
 
先日服部さんと娘さんでありマネージャーでもある奈緒さんと私との3人で
日南市にロケハンにお邪魔した
 IMG_2755.JPG
市役所で市長のご挨拶のあと
南郷から船で大島などを船上から見学
船上から見るいくつもの島々、日南海岸もまた違った風景だったが
トビの大群が船からえさを投げると次々に海面からえさをとって食べる姿は圧巻だった
そして船の階段を降り水中から見える魚の姿も
実に美しいものだった
 IMG_2758.JPG
お昼は5月に発表されたばかりのご当地グルメ、かつお炙り重
夜は日南館で地鶏や刺身の郷土料理
地元の焼酎を楽しみながらの楽しい地産地消の宴であった
 IMG_2782.JPG
翌日は北郷の潮嶽神社(うしおだけ)
この神社は全国で唯一海幸彦を祀っている
小さな社だが梅原猛氏が感動したと言われるのもこの神社だ
御神木といわれるカヤの木と楠が大変珍しい
花立公園からの雄大な眺め
コケ類の宝庫とも言われる猪八重渓谷の散策は観光の森林浴ゾーン


まだまだ日南の魅力は深いと感じたロケハンであった
ご案内いただいた長鶴部長、早田課長補佐、渡辺さんには大変お世話になった
 
最後は空港に帰る途中で鵜土神宮へ
ここは服部さんも大好きな場所らしく、宮司とも仲良しらしい
日本剣法発祥の地とも言われ巌の中にたたずむ本殿は
とても荘厳な感じがする
前回は息子の孝之さん、お孫さんと3人でこられたようで
そのときの写真も飾ってあった
 IMG_2793.JPG
服部先