最後の無頼派

最後の無頼派作家と言われる伊集院静氏
情熱大陸で先日TBS系で放送されたが
大変興味深かった
 
私は彼の小説が好きでほとんどを読んでいる
特有のみずみずしい文章
個性あふれる無器用な主人公たちがもつ温かい心
彼の小説にはなぜか品格がある
しかも彼の生き方は私にとっては男の美学でもある
一本芯が入っているのだ
 
初めて彼を知ったのは夏目雅子の存在だった
 
夏目雅子
1977年カネボウのキャンペーンガールの水着姿が
何と強烈だったことか!
私は一目で大ファンになってしまった
CMのロケ地はなんとチェニジア
そしてそのCMのディレクターが伊集院静だった
あの夏目と結婚できる男とはどういう男なのだろう・・・・・
そんな意味で興味を持ったのが最初だった
 
1984年2人は鎌倉の寿司屋で内輪だけの式を挙げたが
1985年2月15日、夏目雅子は白血病で緊急入院
伊集院静はすべての仕事を辞め彼女の母親とともに看病に当たった
 
夏目が死ぬ直前の誕生日に伊集院が聞く
「 何か欲しいものは? 」
「 ワインかな? 」  夏目が答える
ワインを買いに行ったが財布の中に金がない
こんな時に安いワインしか飲ませてあげられない・・・・・
 
その時、伊集院は決めたという
2度と金に揺さぶられる人生にはしない
どれだけ金を積んできやがっても
びくともしない生き方をしようと・・・・・
 
そして1985年9月11日27歳という若さで夏目雅子はこの世を去った
 
以来、世間が言う建設的なこと、道徳的なことを一切拒否して
酒とギャンブルを徹底してやった
後年まで膨大な借金を抱えたが
当時はあとはままよという気持ちだった
他人との関係もすべて拒絶した
でくのぼうのごとく生きた
結局いろいろやられたがやはり体がズタズタになった
 
まさに自暴自棄、
そんな時に出会ったのが色川武大(たけひろ) 
麻雀の世界では阿佐田哲也と言ったほうが有名かもしれない
麻雀をしたらもう朝になっていた、今日も徹夜だ
からつけた名前で「雀聖」とも呼ばれた人だ 
彼と出会い全国の競輪場をめぐる旅打ち等をしながら
彼の茫洋として優しい心に包み込まれていった
ナルコレプシーと言われる奇病を持つ先生はよく居眠りをした
彼と過ごした時間はとても懐かしく少しずつ徐々に気持ちが再生していったという
この自伝的小説を書いたのが、いねむり先生である
 
オーラス箱テン寸前の私に手を差し伸べる人がいて
運よく私は生き延びた・・・・
しかし色川は62歳で突然この世を去った
そして伊集院は今年でその年を超えた
 
伊集院静氏はこう言っている
色川はとてもチャーミングな人だった
チャーミングの基礎はセンス
センスの基礎は品格だと
 
伊集院静にとって夏目雅子、色川武大どちらも人生を変えた
チャーミングな存在だった
だからこそ彼は自暴自棄になり、そして救われた・・・・・
 

麺フリーク(名古屋編)

 名古屋には面白い名物がたくさんあるが
麺のほうでもあんかけスパゲティ、台湾ラーメンなど
個性的な麺もある
今回は名古屋のラーメンを紹介したい
 
 
如水
 
お店に行くと開店前なのにもう10人ほどの列
少し郊外なのに人気の高さがうかがえる
店内に入りカウンターに座るだけで
お店の清潔感が伝わってくる
隅から隅まで磨きぬいた感じだ
店員さんの雰囲気も程よい緊張感が漂っている
IMG_3605.JPG
今回は塩ラーメンを注文 700円
素材にもとことんこだわっている
内モンゴル産天然カンスイ使用
鰹節は鹿児島枕崎産
麺切の姿が求道的で印象深かった
メンは細麺でスープに良く絡まる
出汁も無化調ながら上品ないい味だ
一気に名古屋を代表するラーメン店に成長した
 
求道度  ★★★★☆
 
如水 (じょすい)
名古屋市東区徳川町201
052-937-9227
11:30~14:30  18:00~24:00
火曜休み
 
 
ピカイチ
 
中日ファンでピカイチを知らない人はいないだろう
創業者 兵頭洋二氏は1964年
名古屋でピカイチを開業
熱狂的なドラゴンズファンで星野仙一氏とは
中日の選手時代から親交を深め監督を辞めて
阪神監督になった後も応援を続けた
2004年名物大将はいなくなったがしっかり2代目が受け継いでいる
今もドラゴンズの聖地と呼ばれている
さてここは中華料理屋で
いろんな料理もうまいが
台湾ラーメンのピカイチ麺がお勧めだ
IMG_3612.JPG
しっかり辛いがさわやかな後味
この麺を食べると名古屋に来たと感じてしまう麺だ
台湾ラーメンの元祖と言われている 味仙 とは近いのだが
私はディープな此処のラーメンをお勧めする
ピリ辛の手羽煮込みでビールを飲んで中華料理を食べて
〆が台湾ラーメンの組み合わせがベストだ
 
ドラゴンズ度  ★★★☆
 
ピカイチ
名古屋市千種区今池1-14-5
18:00~25:00
定休日日曜
 
 
豆天狗セントレア店
 
中部国際空港に着いて少し時間があるので
セントレアの中を散歩
前から気になっていた豆天狗に入ってみる
豆天狗は飛騨高山のラーメン
私は醤油味が好きなのでこのラーメンを取り寄せたこともあるほど
しかし空港の中で食べると風情を感じない
従業員もそうだし、インテリアもそうだ
何か偽物を感じるのである
やっぱりラーメンはその風土で食べるのが一番美味しいと思う
IMG_3630.JPG
そんなことを思いながらも醤油ラーメンを頼む
細麺と魚貝系の黒目の出汁も私の好きな味なのだが・・・
まずくはないが
う~ん!!何かが違う
そんな思いを胸に食べた予想どおりのラーメンだった
 
違和感度  ★★☆
 
豆天狗セントレア店
0569-38-1665
中部国際空港セントレア内

釜入り茶(宮崎・五ヶ瀬町)

釜入り茶というとあまりなじみがない方が多いかもしれない
全国で釜入り茶の生産をしている場所はいくつかしかない
その中でも最大の生産量が宮崎県五ヶ瀬町だ
標高600メートルという山間の場所だけに温度差が大きい
このため虫が付きにくく、茶葉も自然と鍛えられる
 
今日は五ヶ瀬町観光協会の石井さんに同行していただき
天皇杯受賞の宮崎茶房にお邪魔した
ここは私も三度目の訪問
有機JASの認定も受け、農薬を全く使わない有機農法でも有名だ
日本は農薬を使っているお茶が99%以上と言われる中で
ここのお茶は本物の存在感がある
また有機紅茶やウーロン茶をはじめとしてゆず茶やしょうが茶などの様々な試みも
すべて手作りの五ヶ瀬の茶葉でトライしている姿勢が素敵だ
釜入り茶はもちろん紅茶も全国的に注目を集めているようだ
五ヶ瀬の釜入り茶を地産地消から地産全消へと拡げる旗頭でもある
IMG_4639.JPG 
さて釜入り茶とはどういうお茶なのだろうかか?
通常の緑茶は蒸すという工程を加えるのだが
釜入り茶は生葉を揉み、炒るという作業を数回繰り返す
強火で炒ることで 釜香 と言われる
独特の香ばしい香りが出てくるのである
香があり渋みが少なくさっぱりとした飲み口
色は透明に近い黄金色
清涼感とともに不思議な懐かしさがよみがえる
 IMG_4633.JPGIMG_4637.JPG
宮崎茶房の社長の宮崎亮さんの話では
茶葉は十分に熟してしっとりとした葉になるまで待って
5月14日から新茶の作業を開始
連続24日間の作業でもう最終のころだとおっしゃっていた
工場では若い人たちの熱気と茶葉の香ばしいにおいが混じり合い
とても活気があり、いい雰囲気
昭和25年ごろの古い機械ですと言われていたが
五ヶ瀬の風景にはなぜか古い機械のほうがよく似合う
IMG_4623.JPGIMG_4626.JPG
 
エヘヘと笑いながら楽しそうに説明をする宮崎さん
心底お茶が好きなんだなあと感じてしまう好青年
現在4代目だという
親しみが持てるユニークなキャラクター
それだけではない、宮崎社長は日本茶インストラクターでもある
いわばお茶のソムリエだ
この人柄とお茶の魅力に引かれて全国から
お茶のファンが手伝いに来ることもたびたび・・・・
我々がお邪魔した時も京都の女性が手伝いに来ていた
宮崎さんは「どうぞ」と言うんです
勝手に来て楽しんでいるみたいですと
何とも太っ腹なのか人が良いのか
これが五ヶ瀬の人の天然の良さなのかもしれない
 
最後に宮崎さんのお母さんを紹介されたが
この人は今や注目される バーバクラブの代表
五ヶ瀬の手ずくりお土産のヒットはバーバクラブから始まった
と言っても過言ではない
一番人気は写真のかりんとうだ
 IMG_4641.JPG
お天気が良いと阿蘇に沈む夕日は絶景なんです
五ヶ瀬町観光協会の石井さんの説明にうなづきながら
五ヶ瀬町がなぜ農泊が人気なのかの訳が分かった気がした
いつの日か五ヶ瀬の釜入り茶が世界に拡がっていく日も遠くない・・・・・・・・
 IMG_4640.JPG
五ヶ瀬町観光協会の石井さん
宮崎茶房
〒882-1202
宮崎県東臼杵郡五ヶ瀬町大字桑野4966
0982-82-0211
 

無敗神話の男

男にとって人生のうちで何度も勝負の時がある
勝ち続ける男にはとてつもない魅力があるものだ
私にとってあこがれの勝負師がいる
 
桜井章一
 
麻雀の世界で20年間無敗という伝説を作り上げ
『雀鬼』 と呼ばれ
そのまま現役で引退した人だ
 
彼の言葉には人生で迷った時、悩んだ時
深く静かに心の中に入ってくる揺るぎなき強さがある
その言葉に助けられたことも何度かある
ある意味、私にとっての勝負の師匠でもあるのかもしれない
すこし桜井章一氏の私の好きな言葉をご紹介したい
 
まっとうな生き方
 
お天道様が見ている という戒めの言葉がある
誰も見ていないと思っても
お日様や天は人の行いをすべて見ている
善行にも悪行にも必ずちゃんとそれにふさわしいツキが回ってくる
子供ができてから
私は心の中に子供を置くようになった
私のなすこと、やることをじっと心の中の子供が見ている
するとひとりでに情けないことや格好悪いこと、ずるいことを
しようと思わなくなる
子供を悲しませたくない
そういう基準を作っておくと間違ったことをしなくなる
ずるはしないほうが良い
ずるは必ず自分に返ってくるということは確か
お天道様や自分の中の子供はすべて知っている
あなたの大切な人に見られても恥ずかしくない『まっとうな生き方』
をしていれば人生の流れが悪くなることはないはずです
 
美意識
 
基本動作はしっかりやるということ
しっかりやると人が活き活きしてくる
そして大切なのは柔らかさを持つこと
体も思考も硬いのは死んでること
やわらかいと柔軟性があって臨機応変に対応できる
今起きていることがちゃんと等身大で見られるし
起こる変化についていけるようになる
その場で起こっていることとの一体感が出てくる
一体感が一番大事
すべてはその場と一体感を持つための心構え
この心構えと体構えの両方があって初めて強さが生まれる
だから基本動作は自らを救うと周りの人に教える
突き詰めると基本動作は美意識だ
日本人が昔から持っていた行動の美意識
これを取り戻すためにも基本動作はある
 
他責ー自責
 
すべて現代は他責の時代
みんな、周りの人や環境のせいにしたほうが楽だと思っている
だから嘘やごまかしや、責任転嫁が起こるんだ
他人に責任を持たせるとつらいよ、自分が
たとえ相手の責任でも、いつまでもお前が悪いとやっていると
自分の中に相手の罪を背負って歩くことになる
そんなの背負いたくないだろう
だから自責にするんだ
全部自分が呼び込んだものと考えると
本当の意味でその重さから解放されるんだ
すべては繋がっていて円なんだ
良いことも悪いことも
すべて廻り回って自分に還っていくんだ
 
何回の修羅場や鉄火場を生き抜いて負けなかった人の言葉
には真実があると私は思う
とても心に深く響く言葉だ
 
最後にもう一言
常識よりも感性を信じろ
感性を磨けば知識や技術を軽々と超える力を持つ
この言葉から私は大いなる勇気をもらっている・・・・・