風に立つライオン

宮崎にさだまさしの名曲『風に立つライオン』のモデルとなった人がいる
その人の名前は
柴田紘一郎先生(現介護老人施設 サンヒルきよたけ施設長、元宮崎県立日南病院長)だ
 
柴田先生は小さいころマンガ 『少年ケニア』を読み
シュバイツアーにあこがれ
長崎大学医学部の時に海外青年協力隊として
ケニアに3年間巡回医療の実体験を経験したのだ
 
その話を聞き
さだまさしが風に立つライオンの歌を作ったのある
 
さだまさし  アルバム『夢回帰線』 より
 
僕の尊敬し、愛する医師がいる。
酔った時に一度だけ彼が医師になった理由を聞いた。
少年のころシュバイツアーにあこがれたのだ。
そうして本当に医師となり
本当にケニアに巡回医療の医師として出かけて行った。
酔うと少しだけ饒舌になる彼は、
遠くを見るように宙を見つめながら
僕にケニアの大自然を語った。
そんな時、彼はいつも少年になる。
 
彼は極めて優秀な外科執刀医である。
故に人の生命に対して敏感である。
人々の生と死の間の戦いを共に戦うのだと彼は言う。
仮に助かってもそれは医師が助けるのではなく
神様が助けるのだと彼はまじめな顔で言う。
駄目な時もある
その度に、現代医学では絶対に無理だとわかっていても
自分以外の誰かが執刀したら、
もしかして助かったのではないかと悔やむ人なのだ。
 
もしも彼が言うように、人が助けるのではなく神が助けるというのなら
もしかしたら、彼は天使ではないかと思うことがある。
それに彼は優しく温かい。
 
『僕はのたれ死ぬとです』
彼は酔いが回るとそうつぶやく。
生命の尊厳と常に対峙しているからこそ、神の領域に挑む不遜さを知っている。
 
ケニアの大自然の中で
彼は神と共にあったのかもしれない。
この歌はそんな彼の青春の一片を歌おうとした。
 
僕も、僕の草原の、風に立つライオンでありたい
この歌を宮崎医科大の柴田紘一郎先生に捧ぐ。
 
今回TSUKEMEN宮崎コンサートの主催者として、
いろんなところにお願いに機会があり
柴田先生ともお会いすることができた
豪快でありながら優しい印象だった
大陸君も良く知っているし私の家は健太君の実家とはそばだし・・・・・
是非満員にしたいですねという言葉と行動は我々を勇気づけてくれる
 
さだまさし後援会の宮崎の取りまとめが『かすみ』
というスナックのママのかすみさんである
70歳を過ぎているが気が若くてとてもチャーミングである
宮崎でさだまさしのコンサートがあると2次会はここと決まっているようだ
かすみさんもTSUKEMENには大変な協力をいただいている
そしてここでは、
実際のケニアの大自然の風景と若き柴田先生の医療現場を映像で見ながら
風に立つライオンを楽しむことができる
一度見せていただいたが感動的なビデオである
 
柴田先生の人となりが良く現われているのが
歌ができた直後にさだまさしに送った葉書である
『まさしさんはこれは僕の歌だというけど、
これは風に立つライオンという歌であって
自分はこの歌のヒントになったに過ぎない。
だけど僕はあなたの描いたライオンに一歩でも近づくために、
これからも頑張って行きます』
 
おおらかさ、謙虚さ、そして覚悟
宮崎の1人の医師の生き様がさだまさしの心を打ち
歌になり人々の心に大きな感動をもたらしてくれるばかりか
医師を志す人にとっても感動的なメッセージになっている
医師とは何か、人間とは何か?
そして生きるとは何かを深く考えさせてくれる・・・・・・
『風に立つライオン』
ぜひ機会があればお聞きいただきたい

日南娘の会

私の大好きな焼酎の一つ
日南娘の会が宮崎市の鶏みょうが屋で開催された
3年前にご主人で社長だった宮田正育さんが急に亡くなられたときは
存続まで心配したが
奥様が社長となり今年は鑑評会で
日南娘と銀の星の2つの銘柄が入賞の快挙だった
二男が東京農業大学醸造学科で勉強中で
後を継ぐと言われているようで一安心!
 
宮田本店のご紹介を少し・・・・・
創業は1804年
味噌醤油蔵としてスタートし
幕末に焼酎製造を始めたようだ
大堂津で手ずくりで醸す小さな蔵だが
我らが注目の蔵である

IMG_7036.JPGIMG_7034.JPG

宮田社長とブルーボトル
さて日南娘を筆頭にずらりと並んだ宮田本店の焼酎
私は柔らかい20度の日南娘が大好きだ
ブルーボトルがとてもレトロである
最初に飲んだのは今日のために前割し、冷やしておいた14度の日南娘
ストレートで楽しむ
さわやかな夏の一杯
すがすがしさを感じる柔らかさを感じてしまう
ツマミは社長お勧めの
宮田本店近くの岩城水産すり身上げ天
飫肥天ほど甘くなくすっきりとした天ぷらだ
わざわざこの会のために持ってこられたらしい・・・・・
こんなおもてなしの心が憎い
 IMG_7035.JPGIMG_7037.JPG
次は噂のホワイトリカー35度
梅酒を漬けるために地元用に売っているのだがこれが絶品である
ラベルもとってもトロピカル
ツマミはみょうが屋の岩永お兄ちゃんが
いろいろ考えたものが並んでいる
カツオの塩タタキ
藁の臭いが香ばしい塩タタキがとても美味で驚き!
 IMG_7052.JPGIMG_7043.JPG
塩たたきは今日のベスト          鶏の酒盗焼き
黒麹、無濾過、都会で大人気の銀の星などを味わう
黒麹はフルーティでパンチがあり味に厚みがある
銀の星は黄金千貫の皮をむいた中身だけを使用して
白麹を使い甕壺で仕込んだもの
スッキリとした香りと切れの良さが抜群
これには鶏の酒盗焼きが相性が良かった
鶏の胸身の鮨もさっぱりしておいしい
今日の料理はすべて宮田本店の醤油、味噌、味醂、ソースが
味付けに使われているというこだわり
鶏みょうが屋は私の中ではずいぶん評価が落ちていただけに
今日の頑張りは嬉しかった
IMG_7055.JPG
ヤマケン日南娘を味わう  
津軽三味線で全国を駆け回っている村上さんたちと
皆で盛り上がったところに
突如あのヤマケン氏が訪問
グビッと日南娘を飲むと取材でカメラのチェックを始めた・・・・
 
そろそろ私はほろ酔い気分で退散
宮田社長、焼酎 おいしかったです!
10月には蔵に遊びに行きます
みょうが屋の岩永お兄ちゃんも工夫のメニューご苦労様でした
 

鮨人(富山市)

富山と言えばキトキトの魚で有名だが
寿司屋を予約してあると桝田社長がおっしゃるので
ねんじり亭の三浦さんと3人で寿司を食べにちょっとドライブ
場所は富山空港と市内の中間地点ぐらいだろうか・・・・
鮨人(すしじん) 
入った瞬間に良い緊張感が漂う
良い寿司屋の空気感は良く似ている
ご主人の前に陣取り鮨を楽しむ
酒はもちろん満寿泉
IMG_6992.JPG 
まずは海老から・・・・
富山名産のきじ海老を生と頭は焼いて
艶やかな甘みが舌を優しく刺激する
酢飯は赤酢を使用している
焼いた頭もコクのある旨味
そのあとのボタンエビ、車エビ、芝エビなどの
えびづくしの初めの攻撃は印象的だった


IMG_6993.JPGIMG_6995.JPG

 さて次はのど黒のねぎまだ
塩竈のすし哲で出された鮪のねぎまも美味かったが
ここではのど黒だ
のど黒の脂が焼くことによりさっぱりとしてうまみが増している
インパクトがある
勢いを感じるサプライズメニューだ
一段と酒がうまくなる
IMG_6994.JPG
 
今日は桝田さんが来られるというので
青森の鮪を仕入れましたと
7キロのブロックをまな板へ・・・・・
ここぞとばかりに勝負を仕掛けてくるご主人の面白さ
赤み、中トロ、トロと鮪の三味一体攻撃だ
握りが少し柔らかめだが赤酢と鮪は相性が良い
満寿泉の酒は鮪でも負けないどころかおおらかに食材を包み込む
IMG_6996.JPGIMG_6997.JPG 
こはだ、鯛、昆布〆のヒラメなどもキトキトだ
梅の茶わん蒸しもアイデア
うには北海道の物だが生と蒸しで食べさせてくれた
そして穴子
最後は3時間かかって焼いたという玉子と鉄火巻
玉子はまるでカステラというような食感
 
デザートでまたサプライズ
塩シャーベットを最中で食べさせる意外性
パリパリ感と冷たいさわやかさのマリアージュ
 
吟味された食材と意外性の演出
独自のアレンジでお客を喜ばせる若きご主人は
この鮨をあえて江戸前ならぬ『 越中前 』と呼んでいる
与えた恩は水に流し、受けた恩は石に刻めというのが信念だそうだ
 
2005年4月にオープンして7年
御主人の気性だと地元客の反発もあるかもしれないが
オンリーワンの鮨道を極めてほしいものだ
桝田社長御馳走様でした!
お返しは宮崎で・・・・・
 
 
キトキト度  ★★★★
 
鮨人(すしじん)
富山市根塚町3-5-7
12:00~15:00  18:00~21:30
日曜定休
076-442-0918
 

富山市岩瀬のアーティストたち

富山市岩瀬地区

岩瀬町づくり株式会社は土地や建物を買い取り修復して

昔ながらの佇まいとなった家には様々なアーティストが移り住んで
町の活性化の大きな柱として機能し始めている
 

案内役は魚津のねんじり亭の三浦さん

三浦さんとも桝田隆一郎氏を通じての仲
もう10年以上になるだろうか
大吟醸を楽しむ会にも酒のつまみを毎年富山から送っていただいている
 
まずガラス工房から訪問
Taizo Glass Studio の安田泰三さんだ
一年中24時間ここの釜は1200度の温度で保たれているそうだ

IMG_6955.JPGIMG_6959.JPG

1200度の窯            安田さんと三浦さん
 安田さんは富山で全国で初めて1991年に設立された
公立の富山ガラス造形研究所の卒業生だ
この学校は少数の16名の全国募集のため
レベルの高いガラス造形を学ぶことができる
指導するのは世界的に活躍されている野田雄一教授
野田先生は桝田さんに安田さんを紹介し岩瀬に移住したのだそうだ
ガラス作品を見せていただいたがセンスが良くとってもクールだ
 IMG_6956.JPGIMG_6961.JPG
 
次に越中瀬戸焼の陶芸作家 釈永岳さん を訪ねた
自宅と窯とギャラリーを兼ねている
青磁の陶磁器はすらっとして見た目も美しい
私は実は立体的な陶芸のほうがやりたいのですと・・・・・
ここに移住したのは桝田社長の強い要請でとのこと
格安の家賃で日々創作活動ができるのが嬉しいと
話されていた
 IMG_6966.JPGIMG_6965.JPG
さて案内役に隆一郎氏も加わって次は
木工彫刻の岩崎努さん宅を訪問
全ての作品を一枚板や木の塊から削っていく
壁にかかってあるアイビーの作品はとてもエレガントだ
IMG_6974.JPGIMG_6976.JPG
通常はケヤキが多いが
緻密な部分をうまく表現するためには素材は柔らかい木材が良いので
カエデや桜などになると言われていた
まさにオンリーワンの作品だ
 IMG_6980.JPGIMG_6981.JPG
岩崎努さんの仕事場
最後は漆器の職人さん
橋本千毅さんを訪ねる
IMG_6987.JPG
ご夫婦とお子さんで迎えてくれた
ここの漆器のセンスの良さは素晴らしい
日常使うことのできる黒の漆器もシンプルでとても良い
IMG_6983.JPGIMG_6985.JPG
 
4人のアーティストと話して感じたことだが
自分自身の創作活動と生活がこの良い環境でやれている
事に対しての充実度が伝わってくる
このレベルのアーティストを集める力量はやはり隆一郎氏の手腕だ
 
ただ一つ一つの作品は決して安くはない
通常の観光客だと驚くような価格だろう
それをどうやって各アーティスト個人個人が安定した収入になるようにしていくのか
大都市圏での展示会や隆一郎氏のネットワークの人脈のみにたよると
まだまだ少し無理があるような気がする
富山岩瀬のグループ展を大都市圏で
酒と食と作品を含めて連動するようなチャレンジも
積極的に行い可能性を拡げていただきたいものだ
 
伝統建造物をいかに現代に再生させるか?
はある程度めどがついたように見える
次のステージの成功のカギは建物と文化と人をどう共存させ
人に優しい居心地の良い街づくりに生かしていくかだろう
昔の地方の蔵元はある意味文化の担い手であった
そんな意味でも現代に於いて文化と街づくりを実践している
隆一郎氏の心意気には頭が下がる
富山岩瀬の街の挑戦は今からも続いていく

富山市岩瀬の地域再生

大吟醸を楽しむ会の常連蔵でもあり、
個人的にも親しくさせていただいている富山の
満寿泉の桝田隆一郎社長は町づくりの社長という別の顔を持っている
2004年に設立された岩瀬まちづくり株式会社の社長という顔である


IMG_6988.JPGIMG_6973.JPG

桝田酒造店              桝田隆一郎社長
 
富山市岩瀬浜の地区は江戸時代北前船が寄港する交易地として栄えた
加賀百万石の地でもあったことから米や材木などを江戸に持っていく港として
重要な場所であった
高度成長期には港も役割を果たしていたが
工場の撤退や縮小などで岩瀬地区の人口は急激に縮小していく
 
富山駅と岩瀬地区を結んでいたJR富山港線は
利用客の急激な減少で2006年2月には廃止となるが
富山市としても地域活性のためには交通網の充実が欠かせないと
森市長自らヨーロッパのLRT(ライトレールクレジット)を視察
地域再生はこれだと実現に向け行動に移した
廃止からわずか4か月後の2006年6月には稼働することができた
ヨーロッパを思わせるスマートな外観、静粛性、デザイン性も評価が高い
市長の一連の素早い行動は民間にも伝播していく
 
岩瀬地区でも街の景観を保存しようという動きが一気に高まってきていた
過疎化した地域とぼろぼろになった建造物
森家が国の重要無形文化財になったのを契機に
地域の伝統や個性を生かし
住民が誇りを持つことができる
住んで気持ちが良い町の実現をめざし若武者が立ち上がった
2004年8月桝田隆一郎氏は有志で岩瀬まちづくり株式会社を設立
具体的な行動は町並みの修復と保全
岩瀬地区に現存する民家や土蔵を買い上げて再生していくことだった
まさしく土蔵イノベーションである
 IMG_6963.JPGIMG_6971.JPG
北前船の廻船問屋 森家          北陸銀行も協力
2005年から富山市で開始した修景等の整備事業も活用し
伝統建築の外観はそのままに内装は伝統を生かしながら
木工を使って現代風にアレンジしている
一つ一つの建物が非常にセンスがある
これが第一印象だ
若き社長が世界の街を見てきた目利きの良さが随所に表れている
 IMG_6972.JPG
 北前船をモチーフにした造形物が公園に
完成した建造物は
彼の目から見た独自のプロデュース力で
飲食店やアーティストや職人さんを選別し
格安で貸しているのである
酒店、蕎麦屋、工房、その他
今まで61区画の土地と12棟の建物を取得
IMG_6970.JPGIMG_6949.JPG 
その中でもシンボル的な建物が森家の米倉庫だったという
全長で数十メーターある広い建物だ
正面は田尻酒店、その次はフランス料理のレストラン
そしてガラス工房と3つのお店が一つの建物に入っている
田尻さんは今年宮崎の大吟醸を楽しむ会に来られるのを
楽しみにされていたのだが急遽直前にご逝去された
本当に残念だ
田尻酒店の店内が凄い
18メートルにも及ぶセラーは13度に管理されている
ご冥福を祈りながら店内を見学させていただいた
 IMG_6950.JPGIMG_6951.JPG
田尻酒店の店内           1夜1ゲストのフランス料理店
岩瀬の伝統建造物をいかにハードと共にソフトまで再生できるか
隆一郎氏には壮大な夢がある
私たちは観光客が来る街を目指すのではない
楽しい町、誇れる街を目指すのだと
それは目的を持って来る街だという・・・・・・
IMG_6989.JPG
そして事業として持続し、若者やアーティストが自然に集まってくるような地域を作りたいという
2014年には富山も新幹線が開通し、よりLRTの集客効果も期待できる
2年目から黒字という岩瀬まちづくり会社
1人の青年社長が生み出す
富山岩瀬ならではの長期的な取り組みは
廻船問屋という地域資源をブラッシュアップし
地域文化の再構築と新たな日常生活の暮らしの創造に他ならない
 
 

夏の冷麺(シーガイア・濫海)

夏はシーガイアの濫海の冷麺が人気だそうだ
昨年も食べたが普通の味で料金の高さだけがインパクトだった
そんな印象だったが今年は
再度トライのチャレンジ・・・・・
 
中華冷麺 2000円
 セット 2300円(ちまきとデザートがつく)
 
緑の麺にサーモン、ホタテ、エビ、カニなどたくさんの
魚貝類が乗って豪華な見栄えなのだが・・・・・
これが2000円かと思ってしまう
魚介類は価格をアップするだけのものでしかない
食べた驚きのカルチャーショックが
ある意味五感を刺激し
レストランは初めて皆の口コミで広がるのである
残念ながらこの冷麺は中身で勝負していない
中身が普通なのに衣装だけ着飾っている
そんな印象を持つ冷麺だ
このレストランは評判がいいだけに、濫海ならではの冷麺も一工夫が必要だろう
IMG_6889.JPG 
 
冷やし担担麺 1500円
セット1800円(ちまきとデザートがつく)
 
工夫の一品だ
ただ見た目の豪華さと華やかさに欠ける
白髪ネギと彩りの糸唐辛子と少しの挽肉だけだ
ほうれん草など緑色の野菜や卵、そしてひき肉のボリュウムがもっとほしい
細麺はスープに絡み合うのは良いが、食べ続けるとちょっぴりくどくなる
お酢をたっぷりかけ、その上でラー油を少々
夏ならではの冷やし担担麺
ゴマをしっかり使用し
おいしいだけにもったいない
IMG_6888.JPG 
中華の食事では宮崎で評価が高いだけに
夏の麺の再度価格も含めて工夫をぜひしてほしい・・・・・・
これでは今までの濫海の評価が泣く
 
 
五感度  ★★★
 
濫海
宮崎シーガイア内
シェラトングランデオーシャンリゾートホテル1F
予約 0985-21-1518
 

第15回大吟醸を楽しむ会(報告)

第15回大吟醸を楽しむ会が2012年7月1日宮崎観光ホテルで開催された
参加蔵元は38蔵、参加者は612名
チケットは発売してから1週間も経たないうちに完売
お断りした人は300名を超えた
今年は東京からの参加者も110名を超えた
まさに宮崎の夏の観光文化イベントとして地域活性化にも貢献している

展示.jpgパンフレット.jpg

入り口ディスプレイ         記念誌
 
さて今年は15回の節目の年なので
記念冊子を制作
蔵元にその蔵のストーリーがわかるような写真を送ってほしい
とお願いしたところ様々な個性的な写真が勢ぞろいした
事務局の気合をしっかり受け止めていただいた蔵元の皆様の
温かい心に感謝をしている
特に李白、天狗舞などの写真は大変良かったと思う
44ページの記念誌は予想以上に苦労したが
蔵元や参加者の皆さんに喜んでいただきほっとした
 
さてオープニングは映像で神話のふるさとと
古事記に書かれている酒の発祥は宮崎のイメージを組み合わせた映像で
参加者にインパクトを与え
そのあとステージセンター後ろから蔵元に登場していただいた
 蔵元代表.jpg乾杯.jpg
世話人代表代行の佐多さんの挨拶
そして西山全国蔵元代表の挨拶
知事の挨拶と続き
そのあと日本の酒と食の文化を守る会の村田会長が乾杯
 
いよいよ大吟醸のスタートだ
初めて八海山の南雲社長にもきていただいた
久しぶりに宮崎登場となるセーラは現在枡一市村酒造場の代表取締役
相変わらずの明るさで人気者
町づくりでも酒造りでもパワーを発揮している
木桶仕込み保存会などもセーラの提案から始まったもの
セーラ.jpg喜楽長.jpg
セーラ                喜多社長
喜楽長は9年連続金賞受賞の快挙
喜多社長はできれば受賞の日本記録を打ち立てたいと意欲満々
ツマミは東光の米沢牛のしぐれ煮、千代の園の馬刺し
南部美人の南部せんべいに乗せて食べるバクライ、
神亀のうなぎパイなどが特に人気のようだった
 米沢牛.jpg
サライの辻編集長もお見え
いただいたが焼酎文化圏での
日本酒イベントの内容や参加蔵元のレベル
などに圧倒されていた様子
アルケッチャーノの奥田シェフもこの時ばかりは一参加者としてたのしまれたようだ
 ジェイミーと女性.jpg世話人事務局.jpg
ジェイミーと美女          世話人、知事、事務局
今年は記念誌を制作とオープニングビデオが
私の中では大きなテーマだったが
皆さんに喜んでいただきほっとしている
心意気で調理していただいている料理店の料理の数々にも頭が下がる
そして世話人の方々の様々な御協力に感謝を申し上げたい 
最後に異業種から集まっていただいた
約30名のボランティアスタッフの皆さん有難う
ボランティアスタッフのサポート無くしてこの会の成功はありえません
感謝、感謝!!
 
我々にとって、15回はまだ通過点だと考えている
まだまだ反省すべき点も多い
20回を目指して勉強を重ねながら
大吟醸を楽しむ会の更なる進化を続けていきたい
ご参加いただいた612名の皆様
そして参加蔵元38社の皆様本当に有難うございました
お疲れさまでした
 

奥田政行シェフ(アルケッチァーノ)

第15回大吟醸を楽しむ会が7月1日開催された
おかげて今年も600人の大盛況
チケットも1週間で完売という凄さだった
 
さてこの会のご報告は次回にさせていただくが
今回スペシャルゲストとして山形・鶴岡のアルケッチァーノの奥田政行シェフに
来ていただいた
奥田シェフは情熱大陸、ソロモン流などのテレビでも取り上げられた
今話題のシェフだ
2000年アルケッチァーノを山形・鶴岡で開店
名前の由来は「あったよねえ」の 庄内弁だとか・・・・
地元庄内で取れる素材にこだわり
生産者との絆と信頼を深くして
地方でありながら今やもっとも
予約を取れないレストランの一つになっている
1人の料理人の活躍が地元の農業を活性化させ全てを好循環に
回転できるようになったこと自体がすごいことだ

IMG_6856.JPGIMG_6859.JPG

 2012年スイスで行われた
ダボス会議でジャパンナイトの総料理長を務めるなど
最近は政府の仕事で海外に出かけることも多い
今日本で一番忙しい料理人の一人である
 
宮崎・綾スローフード協会の濱田さんのルートで
奥田さんを紹介していただき
大吟醸を楽しむ会の話をすると
是非ロケハンを兼ねてきますという
快い返事
何か所か実際にロケーションを視察して
彼の中にも具体的なイメージが膨らんだように思う
 IMG_6862.JPG
大吟醸を楽しむ会にも参加いただき
大吟醸と料理の
彼なりの確信をつかんだように思う
 
近い将来、宮崎で奥田シェフの料理と大吟醸を
料理ごとに合わせていく食のイベントを
ぜひ実現させたいと考えている
奥田シェフの心の中には山形と宮崎は近いものがあるという
意識を以前から持っていたのだという
 
奥田さんは今回が2回目の宮崎
いろんな話をする中で
大切にしたいことは
良い素材をあまりこねくりまわさないことだ
宮崎の食材はこれから見ていくのだが良いものがたくさんあるように思う
『おいしいものには命があるんです』
いろんな話が来るがトントン拍子で行くものは
いい形で決定していく
昨日は亀の夢を見た
東京スカイツリーにお店を出すときは龍の夢を見た
そんな意味でもめでたい夢を見たこと自体が
宮崎との御縁が今から深くなるだろうと感じている
IMG_6875.JPG 
大吟醸女性スタッフと奥田シェフ
ぜひ宮崎の食材と山形の食材の奥田シェフならではの
マリアージュができるように頑張ってみたい