ばら色の京都 あま色の東京(澤田康彦)

澤田康彦氏がマガジンハウスを退社し、主夫となり

暮らしの手帳の編集長となる過程で

様々なエッセイをまとめたものを2018年に本にした

タイトルは「ばら色の京都 あま色の東京」

家族との交流、妻本上まなみの素顔、

編集長としての楽しさと苦しさ

創業者への尊敬などが赤裸々につづられていてほっこりする本だ

澤田氏は2015年に編集長になり2019年11月に

編集長を退き、現在は京都で主夫やフリーで活動されているようだ

 

暮らしの手帳は創業者 花森安治 が

1948年に創業した生活総合師

広告を入れない、庶民の暮らしによりそうをテーマに

全てを試作、実証するというスタイルを貫いている

 

本の中でとても感動した一節をご紹介したい

 

花森さんは今も編集部に

 

編集部に葉書が舞い込みます

1世紀49号の日本人の暮らしに登場させていただきました

今から57年前のことです

貴誌は全部、大切に持っています

当時若かった私ども夫婦も、今では合わせて170歳になりました

熱烈な「暮らしの手帳」の応援団のひとりだと自負しております

愛知県春日井市在住 

57年前に取材を受けた元機関誌の川端新二さん八七歳からです

 

編集者の北川史織さん(現在の編集長)が返事を書きました

今まさに花森安治をテーマにした別冊をつくっていること

その中で自分が最も心惹かれたおふたりの記事を紹介していること

このタイミングでお葉書をいただきどんなに嬉しかったか

するとすぐ川端さんからお手紙が返ってきます

名もなく貧しい若夫婦を暮らしの手帳は記事にしてくれた

結婚六十年の中でも編集部の一行とともにいた三日間は

「本当に良ひ思い出」「貴重な体験」であったこと

封書の中には、当時花森さんが記念に残してくれた機関車の絵と

みんなのサインのコピーがありました。

そこにはこんな言葉が・・・・・

 

コノヒモ/コノヨルモ/カマヲタキ/キテキヲナラシ(中略)

キカン車ヲ動カシテイルヒトト/ソノ愛スルヒトニ

             1959年3月2日 花森安治

 

僕自身は、この半世紀を超えた、川端ご夫妻と小誌との

まぶしい交流に圧倒された者です

温かいというより熱いと呼ぶべき気持ちがそこにはある

ご夫婦の中に六十年近くを経ても

高い温度を保ったままいまのいままで続く思いが

花森さんたちは一生の美しい刻印を彼らの心に残したのですね

 

日本には「暮らしの手帳」という雑誌があるのだ

と誇らしく思うのは私だけではないと思う

カフェ リバーサイドガーデン綾(綾町)

綾川沿いに綾の食卓と言う一軒家のレストランがあった

レストランだけでなく広々とした庭が

綾川まで広がり、とても素敵な場所だった。

都会からのお客さんを連れてくると

とっても喜ばれたことを思い出す

その綾の食卓がリニューアルされ

カフェ リバーサイドガーデン綾となった

テラス席も気持ちが良さそうだ

さて今日はトマトライスを注文

綾のトマトをふんだんに使いおしゃれに仕上げている

食べてみるとトマトの酸味は良いのだが

今一つインパクトに欠ける

全体的にインスタを意識したメニューだが

決め手はやっぱり味だ

もう少し頑張ってほしい!

ただこの施設はアウトドアでバーベキューをしたり

宿泊もすることができる

WITHコロナ時代においてはとても素敵な場所である

 

アウトドア度 ★★★

 

カフェ リバーサイドガーデン綾(旧 綾の食卓)

綾町入野4000

0985−30−7115

11:00〜17:00

水曜休み

まるた食堂(都城市)

都城市にある都城ベッセルホテルの前の

国道10号線の対面を少し入り

都城工業専門学校の横に

まるた食堂がある

行列とボリュームで人気の店だ

開業して10年が過ぎたが

相変わらずの人気のようだ

10分ほど待たされてようやく席に案内される

お店に入ると会社の同僚や家族連れなど

様々な客層でにぎわっている

 

今日は創業当時からある人気メニュー

大人のお子様ランチことスペシャル定食(1350円)を注文

 

エビフライ、煮込みハンバーグ、グラタン

唐揚、そして定番赤いウィンナー、ヒジキの小鉢

これにサラダ、ご飯、味噌汁が付く

ご飯、味噌汁は何杯でもお替りができる

何故この定食を思いついたのかというと

ご主人の好きなものばかりで定食を作ってみようと考えたのだという

ネーミングがとても楽しい

 

味は普通だが

全てが手作りというのが安心感がある

メニューも和食、洋食とオールラウンドだ

ここの行列を見るだけで都城市民の胃袋を掴んでいることがわかる

 

 

大人のお子様ランチ度  ★★★+

 

まるた食堂

都城市吉尾町6220

0986−38−1461

11:30〜15:00  17:30〜21:00

月曜休み

狭野神社(高原町)

天孫降臨で名高い高千穂峰

その麓の高原町に神武天皇を祀る狭野神社がある

第5代孝昭天皇の御代に神武天皇ご生誕の地と言われるこの地に

創建されたのが始まり

この土地の狭野の由来は神武天皇は幼少時代は狭野尊と言われたことからだそう

近くには幼少時代に遊んだと言われる皇子原もあり

このように神武天皇のゆかりの地がたくさんあることも

天孫降臨から神武天皇に至る神話が真のように思えてくる

参道の両脇には大きな狭野杉が・・・・

そして境内に入ると400年の神木の狭野杉が圧倒的な存在感

凛とした空気感が狭野神社の魅力でもある

この本殿は昔の宮崎神宮の本殿だったよう

宮崎神宮が建て替えられる時にはここの狭野杉を使用して建て替えられたと言われている

そのため昔の本殿は今の狭野神社の本殿になっているそうだ

私はこの気品高い本殿が気に入っている

参拝後高千穂の峰を眺める

ここ高原町には今も神話の歴史が息づいているように感じる

ミドリマツベーカリー(宮崎市赤江)

宮崎市赤江タンポリに行く途中の

住宅街にアットホームなパン屋さんがある

名前はミドリマツベーカリー

楡さんご夫婦が毎日愛情込めて焼き上げている

ご主人がパンの製造

笑顔が素敵な奥様が接客を担当されている

 

私は朝が早いため

朝の7時からオープンしているのも

とても重宝している

コロナ禍で昨年はどうでしたか?

と尋ねると

ご主人がうちも2割ほど売り上げが落ちましたと・・・・

コロナ禍は繁盛している人気のパン屋さんにも影響が出ているようだ

実は4年ほど前からお願いして

大吟醸を楽しむ会にもパンを出していただいている

ほうれん草と椎茸のキッシュだ

これがおつまみにもなる美味しいキッシュなのだ

さて今日は個人的に一番好きな照り焼きチキンサンドと

あんパンとクロワッサンとトマトが綺麗な総菜パン

を買って

コーヒーを淹れ自宅で楽しむ

楡さんが愛情を込めて焼き上げたパンは

奥様の笑顔を思い出しながら食べると美味しさが倍加するようだ

 

愛情度 ★★★★+

 

ミドリマツベーカリー

宮崎市赤江1389

0985−59−2067

7:00〜16:00

月火曜休み

il Sorriso(宮崎市)

宮崎市若草通近くの

隠れイタリアンil Sorrisoへお邪魔する

小さなお店だがとても落ち着けるお店だ

接遇を担当する奥様は細かい気配り目配りがとても良い

しかもBGの音楽のセンスが良いのも気に入っている

さてアミューズは自家製ハムや野菜などが綺麗

牡蛎大小2種類を

玉ねぎソースと海藻ソースで

クレマーディバーニャカウダーにはトリュフをかけていただく

贅沢な一品だ

はたとイカ

カブのお出汁が体にやさしい

和食の一品といっても良いほどの滋味深い味わい

赤ワインは タガロ・ピニャターロ

柔らかな口当たりだが豊かな果実味を感じる

手打ちパスタにルッコラのソースと

手作りボッタルガ(からすみ)

阿蘇赤うしのビステッカ

デザート

 

毎年ご夫婦でイタリアに行き刺激をもらっていたのだが

ここ3年ほどはコロナ禍で行けなくてつらいと話されていた

最後はご夫婦の笑顔に見守られてさようなら!

 

隠れ家イタリアン度 ★★★★++

 

il Sorriso(イルソリーゾ)

 

宮崎市橘通東3−5−28長ビル1F

0985−22−5756

18:00〜22:00

不定休

2022年世界の重大リスク(ユーラシアグループ)

リーダーなき世界を「Gゼロの時代」と名付け、

注目を浴びたイアン・ブレマー氏が率いるユーラシアグループが

2022年の10大リスクを1月3日に発表した

 

1、中国のゼロコロナ政策の失敗

2、巨大IT産業の影響力が強まり、経済、社会への支配が大きくなる

3、米中間選挙

4、中国の内政問題

5、ロシア

6、イラン

7、脱炭素政策とエネルギー政策の衝突による混乱

8、世界の力の空白地帯(アフガニスタン)

9、価値観の衝突で敗れる多国籍企業

10、トルコ

 

この中でも中国とアメリカが気になるのだが

一番の注目は中国である

4の内政についていうと

中国共産党100年の節目の11月の大会は

北朝鮮のセレモニーを思わせる習近平の独裁色の強いものであった

ナショナリズムをあおり

中国は強大だと毛沢東2.0の思想を1時間の演説で展開した

しかし共同富裕を打ち出した経済政策では

融資規制により不動産企業のデフォルテがまじかに迫っていることや

巨大IT企業などの規制などを次々に打ち出したことによる

IT企業をはじめとして時価総額の低下が顕著だ

テンセントは−23%、アリババが−49%に沈む

これは行政忌ではなく明らかな中国の規制のやりすぎの結果だ

これでは民間IT企業の意欲も上がらないのが実情だろう

2022年は中国経済は正念場になるだろう

 

ここ一年間で中国の富裕層から

外国へ逃げ出した資金は約20兆円という巨額に及ぶという

習近平が独裁色を強めれば強めるほど

中国国民は不安になり、どんどん資金は中国から逃げていく

今年の中国経済は不安と混とんとが入り混じる

 

そして1のコロナ対策の失敗だ

中国はコロナゼロを目標にするだけに

感染者が出ると都市のロックダウンを強制的に行う

そのことによりサプライヤーが混乱しインフレに拍車がかかり

世界経済はより一層不安定になる

オリンピックを控え、中国はさらに緊迫状態が続く

 

予想以上の経済低迷のあおりを受け

12月8日から10日に開催された中国中央経済会議は

需要の減少、供給面のショック、将来の期待の低下の3つの要因を挙げて

安定を最優先にすると修正したのだが

果たして軟着陸が上手く行くかはかなり疑問である

中国政府のやり方は

アクセルとブレーキを一緒に踏んでいるようなものだ

 

さてアメリカだが

バイデンの8のアフガン撤退の失敗や

国内インフレの高騰で支持率が低下しており分断が拡がり

3の秋の中間選挙も見通せない現状だ

 

中国、アメリカの2つの巨大国が

どちらも様々な要因で不安定になっている

これに脱酸素政策とエネルギー政策の問題で

世界はより一層のインフレになることは避けられない

Gゼロを打ち出して10年

2022年はこれまで以上に問題が山積の様に思える

キーワードは独裁と分断、そしてインフレである

ジャンクマニア(宮崎市)

宮崎駅近くの

AMU山館の駐車場の入り口からすぐの場所に

ジャンクマニアという中華そばのお店がある

黄色い暖簾が目印

入ってメニューを見ると

今日限定の中華そば、濃厚煮干し1200円を注文

ここぞとばかりの強気の価格だ

味に興味がわいてきた!

店内はとても清潔!

ご主人もこだわり志向で

日々様々な中華そばに挑戦している姿勢は好感が持てる

中華そばの全体の見てくれは端正だ

なぜか卵焼きが面白い

三つ葉のアクセントもGOOD

チャーシューもピンクで彩も良し

スープをすする

天下一並みのこってりスープだ

煮干し臭さもそれほど感じない

 

ただこの中華そばを単なる中華そばと見るのか

メインディッシュと見るのかで評価は分かれる

個人的にはこの価格では

魅力を感じないし、病みつきにもならない

しかしこの高価格で

あえて宮崎でチャレンジしているご主人の気概は素晴らしいと思う

今後の発展を期待したい!

 

高価格度  ★★★+

 

ジャンクマニア

 

宮崎市広島2丁目6−13

0985−69−9341

11:30〜16:00

タルマーリー(鳥取県智頭町)

鳥取県智頭町に

県内外からファンが訪ねてくるパン屋さんがある

名前はタルマーリー

以前このお店は岡山県勝山町

辻本店に見学に行った際、

面白いパン屋さんがあると言われて

行ったことがある

腐る経済と云う本を出版されたばかりで

話題のお店でもあった

それがしばらくして環境の面で

もっと良い環境を求めて

鳥取県智頭町に引っ越されたのだ

お店は幼稚園の後を改装を加えたもの

中に入るとパンが

その奥がカフェコーナーになっている

コーヒーと天然酵母パンを楽しむ

時が静かに流れていく

タルマーリーの発酵は、

地域の豊かな自然にはぐくまれた天然酵母=野生酵母を

自らのパン工房に呼び込むことによって行われている

麹菌、乳酸菌、酵母菌の3つを採取している

特に麹菌は環境が汚れていると一緒に腐敗菌もおりてくる

そのため環境が綺麗な処ではないとだめだそうだ

ここでは地ビールも提供している

その理由はパンの酵母としてビール酵母を使いたかったのだそうだ

どちらも風味豊かで、自然本来の味

 

発酵を起点とした地域循環が

ゆっくりと廻っていることを感じさせてくれる

まさしく野生の菌と対話するパンとビールづくりのお店である

 

発酵度 ★★★★+

 

タルマーリー

鳥取県智頭町大背214−1

0858−71−0106

11:00〜17:00

火曜水曜休み