麺’sフリーク(博多編)

博多の新旧の名店を2店ご紹介したい

豚骨の安全食堂と鶏そばのはなもこし

 

まずは安全食堂

JR九州学園都市駅から歩いて7〜8分

交差点角のトライヤルの斜め前に

大きな駐車場と赤の暖簾が目立つ店がある

ここが西区の博多ラーメンの横綱と言われる安全食堂

 

1971年創業というから48年の歴史があるラーメン屋さん

店内に入ると昔懐かしい食堂の雰囲気

しかも建物は古いのだがとても清潔なのが気持ち良い

ラーメンの固め 550円を頼む

ラーメンはチャーシューと葱のみのシンプルさ

スープを一口

豚骨のさっぱりスープで滋味深い

途中から置いてあるごまを入れて食べると香ばしさが増す

麺も真鍋食品の特注品で極細麺だが噛むと伸びがあるのが特徴的

少し残念なのはチャーシューが煮豚な点

焼きめしも人気のようだが一人なので量を見て断念

次回2,3人で来た場合は人気の焼きめしも食べてみたい

 

お店の由来は創業者がドライバーの交通安全と安全運転を

祈念して付けたのだという

その発想が素晴らしい!!

自分のお店のラーメンの食材の安全をうたうのではなく

車社会の安全を考える創業者の高い社会理念にとても感動した

 

ノスタルジック度

接客と元気の良さ

飽きない味わい

博多ラーメンの歴史を語り継ぐ名店の一つである

 

社会理念度  ★★★★

 

 

2店目は薬院の麺道はなもこし

営業時間が短いのでなかなか行けるチャンスが少ないお店

麺に対する愛情が半端ではない

いつも試行錯誤を繰り返して、新商品を開発している

 

最近はお昼は中華そばも出されているよう

夜お邪魔したが

今日はカウンターがすいていてラッキーだ

さて鶏そばを頼む 750円

北海道の昆布と干し貝柱が

スープのコクと旨さを下支えしている

それに小麦の美味さをふんだんに味わうことができる自家製麺

途中、自家製辛子高菜を入れると

まろやかスパイシーになり

がらりと印象が変わる

あくなき探求心が生み出す至高の味だ

 

麺道探求度  ★★★★☆+++