花浅葱(宮崎市)

春らしい穏やかな日に花浅葱へ

まずは鯛の刺身にホタルイカや日向夏など春の彩

イワシのつみれ汁

出汁が上品で体に沁み通る

白和え、ナッツが入っていて香ばしい

ブリ大根の白子餡かけ

そして土鍋で炊き上げたばかりのご飯

お味噌汁、香の物

これで1430円(税込み)

心地よい昼食だ

ご主人の心を込めた丁寧さは味で伝わってくる

この金額、この味は宮崎ではなかなかない

是非予約をして伺ってほしいお店の一つである

 

 

たおやか度  ★★★★☆+

花浅葱
宮崎市鶴島3丁目172-1
0985-23-1038
11:00~14:00  月~土曜
18:00~21:00  土曜
日曜第2、4月曜休み

白血病から奇跡の復活(池江瑠花子)

池江瑠花子選手は

4月4日五輪本番会場の東京アクアシティスポーツセンターで

開催された日本選手権の100m女子バタフライで優勝

白血病からの完全復活を全世界に知らしめた。

また400mメドレーリレーにおいて

オリンピックの出場権を獲得した。

素晴らしい快挙だ

涙ながらに語った池江瑠花子選手の言葉が心に響く

「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。

すごくつらくてもしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った。

今はすごく幸せ」

4月6日タイムリーな新聞のSK-Ⅱの全面広告

運命は誰が決めるのか?

何かひとつのちょっと違った

行動だったり考えで運命とか未来って

かんたんに変われると思っているので

だからこの瞬間を

どう生きるか、どう大切にしていくのかを

自分の人生においても、誰の人生においても

大切なことだっていうふうに思っています。

 

また池江選手の姿をドキュメントで是枝監督が監督

世界中が感動した池江瑠花子選手の奇跡の復活劇を

新聞、Youtube TVで連動させている

アスリートとのしての池江選手の不安と希望を織り交ぜながら

素直に人々の心に浸透していく

池江選手、是枝監督、そしてスポンサーの三位一体と一体となり

昇華した印象に残るプロモーションとなっている

心から拍手を送りたい!!

スパイスハウスユー(宮崎市)

宮崎市から大塚台に行く途中の

鮮度市場の斜め前にお店がある

2019年11月にお店はオープンしたそうだ

店に入るとカウンターと

テーブル席が少しのこじんまりとしたお店

 

あいがけを注文

今日はキーマとポークカレー 900円

それに宮崎牛300円をトッピング

見た目にもインパクトのあるカレー

スパイスを丁寧に調理したカレーだ

特にポークが美味しい

辛さはマイルドで個人的にはまだ辛いほうが嬉しいのだが・・・

 

ランチはコーヒーが付く嬉しいサービス

若いご夫婦でやっているお店

ぜひ頑張ってほしい

 

スパイス度 ★★★++

 

スパイスハウスユー

 

宮崎市大塚町天神後2664−4黒木コーポ1F

080−2131−4673

11:30〜14:00 18:00〜22:00

日曜休み

ワイン食堂 geeks(宮崎市)

山形屋駐車場入り口の道路の向かい側

オーリックの横にワイン食堂geeksがある

正面から見るとグリーンがいっぱいのビルだからわかりやすい

さてお店に入り奥のテーブルに座り

注文

奥さんの万美ちゃんは弊社の仕事を色々と

サポートしていただいているデザイナー

このお店のランチョンマットのデザインもされている

とてもかわいい

前菜盛り合わせはポテトサラダが美味しい

実家の日南市から有機野菜が届く

それを使っての料理だ

マグロのタルタル

パンに乗っけて食べるとさっぱり感が心地良い

思わずパンをお替り!

お店のオーナーでもありシェフでもある日高圭氏の話では

ここの場所に移転して5年目を迎えるそうだ

以前のお店から通算すると8年目に入るようだ

 

ほうれん草とパンチェッタのキッシュ

には赤ワインを頼む

雲丹とクリームのリゾット

落合シェフ直伝のウニとクリームのパスタのリゾット版

なめらかで濃厚

今日の頼んだメニューは海幸が多かったが

肉のメニューも豊富だ

落ち着く店内で雰囲気も良かったが

個人的には全体的に塩味が少しきつかったかな?

 

カジュアル度  ★★★☆

 

ワイン食堂geeks

宮崎市広島1丁目1−4−6−1

0985−22−8550

18:00〜23:00  日曜休み

ノマドランド(アメリカ映画)

不況によって経済的に困窮する60代の女性が主人公

仕事と家を失い、車に家財道具を積み込んで

旅に出るファーレン

いわば「現代の遊牧民 ノマド」である

目的地があるわけでもなく、各地で働きながら

様々なノマドと会い、次第に大自然の雄大さと美しさの中に

共存できる喜びを見出していく

不安ながらもあえて楽な生活を選択しないファーレンの意思の強さ

美しい雄大な大自然、美しい旋律、人間としての誇りが三位一体として

ファーンの表情に現れて、少しづつ成長していくように見える

人生とは何か?幸福とは何か?を

同世代の人間として深く考えさせてくれる

 

一番印象に残っている言葉は

教え子だった子供に聞かれる

「先生はホームレスなの?」

誇りを持って返した言葉は「私はハウスレス、別物よ!」

心にはずっと家庭が生き続けており

今は物質としての家がないだけという意味だろう

 

主演はフランシス・マクド—マンド

今まで「ファーゴ」「スリー・ビルボード」で

2度オスカーを受賞している

驚くのはフランシス・マクド—マンドは作品のプロデューサでもあることだ

ジェシカ・ブルーターが書いたノマドの出版直後に

自ら映画化権を獲得

そしてクロエ・ジャオ監督の「ザ・ライダー」

をトロント映画祭を見て感銘を受けると共に

そのドキュメンタリー手法に注目して監督を依頼するのである

役作りのためにアマゾンの集配センター、収穫所、国立公園、カフェで

ノマドの人に交じって実際に働いた

映画でも主人公と交流を深めていく人たちが

ほとんど実在するノマドの人々であることも驚く

まさにフランシス・マクド—マンドが全身全霊を込めて

作り上げた作品でもある

作品も秀作なのだが

その背後にあるフランシス・マクド—マンドの

命を懸けた作品作りに感銘を受けた!

DIGRUパン(宮崎市)

宮崎市塩路のゴルフ練習場から佐土原方面に800mほど行くと

昨年2月にオープンしたパン屋さんDIGRUパンがある

以前はこの場所はカフェがあり、雰囲気が良いので

時々利用させていただいていた

ここのパン屋さんは気になっていたのだが

ようやく訪問することができた

 

扉を開けると

ハード系を中心としたパンがずらり

小麦もこだわりの材料を使用してご夫婦2人で

焼き上げている

今日はピスタチオクリームパンと

チーズトーストなどとコーヒーを頼んで

店内で食べる

食べている間にも続々の来店

ピスタチオクリームパンがとても美味しい

パン自体がしっかり重量感があり味にもとんがりの個性がある

なるほど!

一度食べたらファンになる方は多いだろうと実感

ただBGMの音が少し大きいのが気になった

 

 

ハード系度 ★★★++

 

DIGRUパン

宮崎市塩路2619−4

0985−69−8529

10:00〜18:00 日月休み

2021年3月国際金融都市ランキング

国際金融都市をランキングする

Global Financial Centers Index の最新版が公表された。

この調査はロンドンのシンクタンクと香港の会社が共同で行い

毎年3月と9月に発表している

 

さて2021年3月の結果だが

1、ニューヨーク

2、ロンドン

3、上海

4、香港

5、シンガポール

6,北京

7、東京

8、深圳

9、フランクフルト

10、チューリッヒ  

中国の台頭が突出している

ベストテンの中の4都市が中国である

前回4位だった東京は7位と順位を下げた

地盤沈下していく日本を寂しく思うと共に

中国の勢いを感じている

 

ロンドンと上海、香港の差も僅差だ

これらを考えると、近い将来上海、香港が第2位になる可能性も十分にある

そしてあと数年以内に

中国が世界の金融センターになる可能性は高いだろう

 

世界最大のヘッジファンドのレイ・ダリオ氏が覇権国の大サイクルを

次のように示している

新たな世界秩序、平和繫栄、生産的な債務成長

債務バブルと格差拡大、ピーク

債務崩壊と経済下降、貨幣と信用の増発、革命と戦争

債務と政治のリストラ、そしてまた新たな世界秩序

 

そうした中で続く米中冷戦は、経済覇権を念頭に

いやがおうもなく、熱を帯びていくことは予想されることだ

世界の経済覇権は歴史を見るとオランダからイギリスへ

そしてイギリスからアメリカへ

さらにアメリカから中国を含むアジアへ移行していくように思える

 

コロナ禍で一挙に加速した先進国の金融緩和が

世界各国の負債を膨大に拡大させている

レイ・ダリオ氏の意見によると

次には債務崩壊と経済下降が待っている

このことが中国の経済覇権を早めることになるのではと

個人的には危機感を感じている

そしてコロナ禍の中で中国だけが2020年プラス成長となっている現実がある

 

2028年にアメリカを中国がGDPで追いつく

その予想もまだ前倒しになりそうな勢いでもある

アメリカは危機感を強め人権問題、国境問題ともども

同盟国と連携を深めて中国に圧力をかけていく

中国はロシアと手を組み対抗していく

世界経済の覇権争いは今後数年間米中の間で

まだまだ大きな緊張とつばぜり合いが続くことになる

その中で日本は最大の同盟国アメリカと国境問題でタッグを組み

経済問題では中国と長期的に上手くやって行かなければならない

何故なら2007年以降現在まで、日本の最大の輸出国は中国であるからだ

米中のはざまに立ちながら日本は厳しい試練の時を迎えている

金融都市、東京の地盤沈下はそのことを踏まえて対応策を練るべきである

うなぎ海雲(宮崎市)

スカイタワーホテルの2Fに

東京風の鰻を食べさせてくれるお店がある

名前は海雲

宮崎の鰻は病趣味あふれる地焼きなのだが

東京風は蒸して脂を落としてから焼くので

しっとり、さっぱりしている

 

鰻の骨が乗ったインパクトのある先付

骨が美味しい

肝焼き

白焼き

わさびで食べると日本酒が欲しくなる

うまき

最後はミニうな重

東京風が宮崎で食べられるのは嬉しい

スカイタワーホテルは

マイルズステイホテルズの系列となり

佐藤マネージャーのお話だと

6月には全館のリニューアルを計画されているそうだ

もちろんこのレストランもリニューアルされるようだ

その時には日本酒のラインナップも

今は九州がメインだが

全国のお酒もずらりと揃うそうだ

また楽しみが増えた!!

ランチもあるのでお昼にも手軽に利用できる

 

東京風度  ★★★☆

 

うなぎ 海雲

宮崎市高千穂通2−1−26ホテルスカイタワー2F

0985−31−1111

11:30〜14:30  17:30〜21:30 (無休)

il Sorriso (イルソリーゾ)宮崎市

若草通近くのイルソリーゾに出かけた

小坂さん夫婦だけでされているだけに

こだわりの料理とアットホームな接客が心地良い

イルソリーゾはイタリア語で笑顔の意味

ここの料理で笑顔になっていただきたいとのことだそう

さて前菜はほうぼうのマリネ、梶並さんの菊芋とビーツのサラダ

自家製ハムにジュレ乗せ

白ワインはふくよかな味で料理に合う

次は佐賀産のホワイトアスパラにトリュフ

アラにバフンうに

出汁が美味しい

椎葉の放牧豚にパルジャミーノとバターソースのパスタ

濃厚で美味しい

生シラスのタリアテッレ

今朝上がったばっかりだという

ピノの赤ワイン

都萬牛の炭焼きビステッカ

赤身がとても美味しい

デザートはラベンダープリンとタロッコオレンジ

いつもながら感じるのは

料理の美味しさとBGMの音楽の素敵さ

奥様が自分で選曲をされているのだそうだ

是非料理と音楽も一緒に楽しんでいただきたい

 

おもてなし度  ★★★★+

ilSorriso (イルソリーゾ)
宮崎市橘通3-5-28長ビル1F
0985-22-5756

道本食品のベジパスタ

干したくあんマヨパンと干したくあんマヨネーズのおにぎりが

1月19日から2月28日まで宮崎県内のセブンイレブン197店で販売された

その開発や経緯について道本英之社長に説明していただいた

日本最大のコンビニチェーン セブンイレブンについては

2年ほど前からアプローチを開始した

店舗は全国で20000店、首都圏で8000店あるのだそうだ

セブンイレブンでは全国かブロックの販売で

県域での販売は今までなかったのだが

コロナ禍が幸いしてなんとか販売にこぎつけた

エーエムケイの井出社長がセブンイレブンの宮崎、鹿児島地区に

パンの卸を行なっているので尽力いただいた

ヒントとなったのがサラダパン

塩漬けたくあんとマヨネーズの滋賀県のB級グルメ

たくあんの切り方や味付けなど開発に1年間を要した

私はルート開発やマーケティングを担当した

宮崎県内では大好評だった

特に宮崎県内では手作りのPOPで応援するお店が嬉しかった

鹿児島県内のセブンイレブンでも販売をしたが

おにぎりは盛況だったがパンは売れなかった

 

今からの商品はプロダクトアウトだけではだめ

消費者目線でどう商品をとらえていくかのマーケティングインの発想が大事だと思う

今新しい商品を売り出している

それは大根で作ったベジパスタだ

千切りとは違う切り方でようやくこの商品になった

袋デザインはほとんどスパゲティだ

アメリカで商談をすると

これはスパゲティではなくベジッティイですねと大変興味を持っていただいた

今ベジタリアンやビーガンが世界で急速に広がっている

その需要を少しでもこのベジパスタでチャレンジしていきたい

 

今後ソースを公募して、そのソースと共に売っていくことも考えている

宮崎の野菜で世界に挑戦している

道本英之社長のバイタリティ溢れる説明と意欲に

大きな刺激を受けた

今後の活躍を祈念しています。