加藤嘉一(中国で一番有名な日本人)

中国で一番有名で影響を与える日本人が北京にいる
 
加藤嘉一(かとうよしかず)
1984年静岡県生まれの26才
2003年に奨学生として北京に行き北京大学に入り中国語を学んだ
北京から見ると見えなかった日本の良さや世界が見えてくると言う
 
現在、フィナンシャルタイムス中国語版のウェブサイトのコラムや
香港テレビのフェニックスネットのブログの連載を始め雑誌などの連載物も多数
昨年の取材回数は318回 
そのほとんどがテレビメディアだ
生放送でも中国語で日本の考え方を話す
独特の柔軟でバランス感覚のよさが中国で
加藤現象と言われるブームまで巻き起こした
 
いまや日中関係に関しては
若手としてはもっとも有名な日本人である
 
2005年4月9日
歴史問題をめぐる教科書問題で
中国の大衆が反日感情で日本を攻め立てたことをきっかけに
中国が誤解している点や
自分が良いと思っていること、悪いと思っていることを言おうと思った
テレビの取材に対し
 
これは外交問題
どちらが悪いと言うことではなく、自尊心を尊重しながら
お互いが反省し対処する問題だと思いますと回答した
 
このことが注目を浴び、様々な中国メディアに登場するきっかけとなる
 
彼の日常は 4時起床、一時間ほど沈思黙考、そのあと15キロのジョギング
朝食後2時間ほどコラムを書き外出、夜は論文を書く
人民日報と中央電視台のニュースは必ず見る
彼は走ることがテーマだと言う
価値観、人生観は走ることから形成され、走ることは僕の原点だと言う
 
中国では80後(ポスト80年)と言う言葉がよく言われ、影響力も増大している
1980年代生まれの若者
無責任、利己的、理解できないの−イメージと
開放的、伸びやか、何事にもとらわれないの+イメージがある
年功序列型の日本では若者が社会の核として捉えられるのはほとんどない
中国では若者が物を言い、注目され、珍重され影響を与えている
中国メディアでは加藤氏が日本の80後の代表だと考えているのかもしれない
 
世界から見ると日本が違うことが判ってくる
様々な日本基準は日本独特のものだ
グローバリゼーションは日本の宿命
世界の中の日本は日本の中にいるとほとんど見えてこない 
日本の若者はハングリーさが足りない
中国にあって日本にはないもの それは爆発力だ と彼は言う
 
今回の尖閣列島問題が悪化する中、抗日感情が高いと言われる重慶で講演を行なった
今回の問題は2005年以来の更なる恐怖にさらされている
これは本音であり直感だ と感じていた彼にとって
講演会の主催者は私はあなたのバランス感覚を信頼していると言ったという
様々な日本の事業が中止、延期に追い込まれている中
まさに彼が中国でどのくらいの影響を持った存在であるかを大きく物語っている
 
私も中国を旅して感じることだが
中国がますます大きくなりますます安定し
日本は中国から得るものが年々大きくなってきていると思う
中国と日本の共通利益はお互いの将来にとって疑いがないほど重要だ
 
そんな中で今後の日中友好は中国語で日中関係を語れる人材だ
どちらの国の文化やカルチャーも理解し
日本人が中国の言葉でネゴシエートすることこそ大きな突破口になる
全体適切を考え自分の意見を語り、押し付けない柔軟さとバランス感覚
そんな中国語を語れる日本人の若者が加藤氏だけではなくもっともっと増えて欲しい
それが将来を見据えた日中友好や日中活性化のベースになると確信する
 

麺フリーク3(札幌編)

ここ数年、年に1〜2回は札幌に行く
札幌は好きな街だ
お目当てはグルメだけでなく
北の街の透明な空気感
特に早朝の中島公園の散策はとても気持ちが良い
 
昔の札幌ラーメンは高いだけで本当のおいしさを感じるところはなかった
純連のあの濃さもこの年になっては
味があまりにも濃すぎる
三平やほかの有名店も
あの料金、あの味でなぜこんなに行列が出来るか不思議だった
 
一挙に札幌ラーメンが変化してきたのは五丈源が出来た頃だろうか
ここのラーメンの塩とんこつはクリーミーで本当に旨かった
しかしこのお店もお土産を出し始め、時間とともに急激に味を落としていく
 
今人気の彩華もお土産ラーメンをはじめている
ここも今までのパターンと同じで、味の急激な下降が心配だ
 
三角山五右衛門
 
味噌が本家の札幌ラーメンで醤油を出し始めたラーメン屋
私が一時期大好きだったさっぱりラーメンだ
澄んだ醤油味で本家がうどん屋さんだけあって麺もしこしこ感があって
飲んだあとでも旨いと感じるラーメンだった
 IMG_2603.JPG
先日お邪魔したがここも味ががくんと落ちていた
チャーシューがまずい
全体的にこだわり感がない
見た目は同じだが中身がぜんぜん違う
これだと近くの赤星ラーメンにお客は奪われてしまうのは当然だ
しかも赤星はワンコイン500円でラーメンが食べれる
 
残念なことだが札幌のラーメンで味を維持していけないのは何故なんだろうと思う
   

ラーメン佳
 
最近急激に評価が上がってきているラーメン屋さん
魚貝系のとろみのあるスープ
若いご夫婦が2人でやっているお店だ
ストイックなご主人に愛想のいい奥さん
IMG_2605.JPG 
チャーシューはそのつど切り分ける
ラーメンの最後に魚貝系の粉が入る
期待感が強かったせいか思ったよりコクがない
と言ってさっぱりしているわけでもない
個性的なラーメンだが突き抜ける旨さをもっと感じたい
ちょうぴりスープの重さが胃にもたれる
チャーシューはほろほろとスープになじむ感じで旨い
お店は清潔、黒を基調に木目を生かしたデザインで店内はジャズが流れる
味がしっかりなじんできたら楽しみなラーメンになる
 
 
札幌市豊平区月寒西1条7丁目8−19
011−856−5632
定休日 毎週月曜日、第1第3火曜日
       11:00〜15:00 18:30〜21:00
とろみ度 ★★★
 
 
私が好きな札幌地域活性化の星のラーメン屋を紹介しておこう
 札幌に行く機会があればぜひ食べていただきたい
 
麺屋三四郎  味わい深い醤油ラーメン(個人的にはとっても好き)
          ひたむき度 ★★★★☆
 
一粒庵   こだわりぬいた素材で勝負の真心の味だ
          誠実度  ★★★★
 
狼スープ   中島公園のラフィートホテルのそばにある
        パンチの効いた個性派の味噌ラーメン
          インパク度  ★★★

千寿      大通公園そば 純連系
          濃厚度  ★★★
          

 
 

グーグルとヤフージャパン提携の意味するもの!

2010年7月27日
米グーグルとヤフージャパンは提携を発表し
グーグルの検索エンジン、検索広告(アドワーズ広告)を採用することを決定した
 
実は米グーグルは2001年から2004年にかけて検索エンジンをヤフージャパンに提供してきた
ところが米ヤフーが独自の検索エンジンを2004年に開発
それを日本で採用することが決定して一度は終了した
 
米ヤフーとマイクロソフトは2009年に検索事業提携を発表し
マイクロソフトの検索エンジンに切り替えることを決定した
 
米ヤフーとは全く違った独自のヤフージャパンの決定
一見不思議に見える
今回のヤフージャパンのグーグル提携には様々な思惑が見えてくる
ヤフージャパンの筆頭株主はソフトバンクの38,6%
この提携から私の独断で見えてくるものは3つのポイントだ
 
①アジアにおける展開の拡大
 
日本の4200万人の利用者がいる検索サービスだけではなく
狙いは中国だと見る
グーグルの検索エンジンの圧倒的強さ
これを中国戦略の突破口にしたいのではないか?
 
ソフトバンクは世界(アジア)のネットの覇者になると明言している
ヤフーチャイナは業績低迷から株主が米ヤフーからアリババグループに移行した
アリババグループはソフトバンクが主要株主、
アリババのCEOユン・マー氏はソフトバンクの社外取締役でもある
中国では検索のプラットフォームでは百度(バイド)が圧倒的シェア
しかもグーグルは中国政府ともめたばかりで正面切っての動きは出来ない
まさしく
ソフトバンク、アリババ、グーグルの中国市場での思惑は一致するのだ
 
②ソフトバンク、スマートフォン市場でリスク分散
 
今やソフトバンクはiphonで業績絶好調
ただ近い将来予想される
グーグルのアンドロイド搭載機での敵対関係は避けたいところ
iphon依存のリスクを減らしながらグーグルとの連携にも視野拡大が望める
 
③Googleテレビの将来性
 
グーグルはソニーと提携しGoogleテレビを2010年秋からアメリカで発売する
アンドロイド搭載型のテレビで
テレビチャンネル、番組、ウェブ、がリモコンや音声で瞬時に表示できる
ポイントはコンテンツの探しやすさとウェブとテレビの共有の自然さだ
ソフトバンクは系列にGyaoやユーストリームなどを持ち
Googleテレビとも連携を深めたいのは本音
 
現代において人々は3つの画面で生活をしている
テレビ、パソコンiPad(仕事、プライベート)、携帯
近い将来この3つの画面は互いにリンクしながら1つに収束されていくだろう
 
いつの間にか世界のプラットフォーム、広告市場、携帯、テレビと
グーグルはすべてを包囲しつつある
グーグルの戦略は一段と注目度を増していることは間違いない
 

100年の森林構想

日本各地の森林が外国資本に狙われつつある
そんな話も宮崎県内でもちらほら話が出るようになってきている
北海道では倶知安町の57haの森林が香港の企業に買収されたことがわかった
 
日本人にとって山林とは生活と切っても切り離しが出来ない存在
しかし山間部の中山間地域の生活が徐々にすさんで行きつつある
森は水資源や国土保全など様々な機能を持つ
豊富な水資源を持つ日本の山林は世界でも稀である
しかも価格が暴落した森林の売買は外国企業にとって絶好のねらい目だ
一刻も早く日本の国土の7割を占める山林の法整備が望まれる
 
そんな中、2〜3年前から注目している岡山県の西粟倉村の取り組みをご紹介したい
 
人口1600人と言うまるで絵に描いたような日本の中山間村
植林した木はほぼ50年程度
中途半端な山では何の財産にもならない
しかも地域活性化の方法も今のままでは難しい
 
100年の森林構想
 
あなたは知っていますか?
森を育て、木を切り、木材が売れるようになるまで
百年の永い時間がかかると言うことを・・・・・
 
と言うイントロダクションの文字が心に響く
 
西粟倉村の山林地域の活性化を考えたファンドを立ち上げ
全国の夢を共有できるファンから資金を募集し
村に来ていただき
キャストと言われる出演者が
木を中心の新産業を立ち上げ地域活性化に向かって日々努力をしていき
山林を中心とした循環型社会を作り上げると言う構想だ
 
少しずつキャストも増え、新しい展開が拡がりつつある
 
この西粟倉村の村長 道上正寿は言う
 
地域には捨ててはいけないものがあります
約50年前に、子や孫のためにと、木を植えた人々の想い
その想いを大切にして立派な100年の森林に育て上げていく
そのためにあと50年、村ぐるみで挑戦しようと決心しました
1600人の小さな村だから
未来に向けて、心と心を丁寧につなぎ合わせていくことが出来るはずです
世代を超え、地域を越え、未来への想いを共有できる森つくりへ
西栗倉村は今50年後の未来へつながる一歩を踏み出します
 
本当に感動する
人口1600人の村でも心を一つにして森を守ろうとしている
こんな時代、成立するまでに大変な苦難やご苦労があるだろう
その気概に拍手を送りたい・・・・
 
日本の国土の7割を占めるという森林
その大事な財産は国民が守らなくて誰が守りのだろう・・・
地域活性化の原点はその地域の持つ資源の有効活用から始まると考える
新たな第2第3の西粟倉村の取り組みが全国規模で拡がる事を切望してやまない

ホーチミン

アジアを旅して思うことだが、旅行するたびに
日本の影響が徐々に薄らいできているのを感じるのは私だけだろうか?
日本はこれでいいのだろうか?
アジアから見える日本の衰退 
まさに夕日に沈む日本の姿が見えてくる・・・
 
さて今私が意識しているアジアの都市の1つがホーチミンだ
今ベトナムは日本からの目線が熱い
2007年に開業したタンソンニャット国際空港も日本のODAの支援によって建てられた
ベトナムの新幹線や水道インフラなど主要インフラの工事が目白押しだ
今アジアで中国、インドに継ぐ注目の的はベトナムだ
 
フランスの植民地が長かったせいか
ヨーロッパ建築の影響を感じさせるいくつかの建物
中央郵便局、市民劇場、人民委員会庁舎 などなど
これらの建物が街の緑とマッチしコロニアルな雰囲気を漂わせている
IMG_3169.JPGIMG_3149.JPG
グルメも注目の場所だが
今回の私のお気に入りはルネッサンス・リバーサイド・ホテルのウォーターメロンジュースだった
ほんのり甘くしかも水っぽさがない
ジムの後の朝の目覚めはまずこのジュースから始まった
面白かったのは自然にハチノスから取り出す蜂蜜
自然の甘さが身体に優しい
 IMG_3161.JPGIMG_3163.JPG
フォーは一般的にお馴染みのフォー24より
個人的にはブンヴォンフエのフォーがお勧めだった
すこし甘辛く麺もしっかりしていて日本人向けにはこちらが良いようだ
タマネギの揚げたのも香ばしい 
これだけ野菜もついてライムもつく これでどちらも200〜300円程!!
 IMG_3155.JPGIMG_3158.JPG
市内中心部に新しく出来たショッピングモール
この中にベトナムで一番おいしいと言われるアイスクリーム屋さんが入ってい

霧島神宮

宮崎は天孫降臨の地としても有名な場所
その宮崎に2つの高千穂があるのはご存知だろうか?
北の高千穂は夜神楽でも有名な場所なので知っている方も多いだろう
どちらの高千穂も好きな場所ではあるが
今日は南の高千穂をご紹介したい
 
宮崎から高速道路で40分、高原インターで降りると、正面に見える山が高千穂の峰だ
御池の横を通りながら霧島に抜ける山道のドライブは緑の中を高千穂の峰を拝みながら進んでいくようだ
高千穂の峰はアフリカのキリマンジャロの気と同じだと言う人もあるぐらいで
見ているだけで神々しい神聖な気分になる
 
山道から降りると鹿児島県にはいる
峠を下るとすぐ霧島神宮が見えてくる
ここは天孫降臨で有名なニニギノミコトを御祀りしている神社だ
広大な森に包まれ鹿児島湾を展望できる霧島の雄大な景色は参拝者をすがすがしい気持ちにさせてくれる
 IMG_1691.JPGIMG_1688.JPG
本宮は540年ごろは高千穂の峰付近にあったが噴火のため炎上
950年には天台宗の性空上人が高千穂河原に再興
1234年の大噴火で社殿が炎上
1715年に島津吉貴公が現在のところに社殿が再興されたのが現社殿だ
荘厳な雰囲気と風格は西の日光とも言われているほど・・・・

個人的にも好きな神社で年間2〜3回はお参りする
特に年の初めなどは私もいろんな思いを持って参拝する事が多い
御神木も大きく圧倒的な存在感
悠久の自然の中でふっと自分自身をゆっくりと見つめてみたい気分になる

IMG_1690.JPGIMG_1693.JPG

 
もちろん龍馬も新婚旅行で訪れた神社であり大変感銘を受けたようだ
龍馬が新婚旅行で登ったという高千穂河原からは約90分の登山だ
頂上には天の逆鉾があり
龍馬はこれを引き抜いて元に戻したと言う伝説のもの
今話題の龍馬伝では7月27〜28日には実際の登山ロケも行なった
霧島の誓いというタイトルで9月19日に放送予定

ドライブがてらぜひ霧島神宮で歴史のひとときをゆったりと体験するのも良いものだと思う
 
霧島神宮
鹿児島県霧島市田口2608−5
0995−57−0001

il SORRISO

気になっていたお店が宮崎市中央通のビルの
1Fの奥まったところにあるイタリアンの il SORRISO だ
中に入るとこじんまりした空間が気分を和ませてくれる
IMG_3133.JPG 
前菜はレッドキャベツのザワークラウト
(クリームチーズのせ)
色彩感覚が酸味の利いた味覚をさらに刺激し
食欲をそそられる
飲み物は木苺のスプマンテ
華やかで優雅な香りの飲み物で乾杯
IMG_3134.JPG
IMG_3135.JPG 

牛肉のタルタルに彩の良い季節野菜
IMG_3136.JPG
この頃から赤ワインにする
IMG_3139.JPG
そしてトリッパの煮込み
トリッパとは牛にある4つの胃袋のうち第二胃袋のことだ
通称ハチノス
イタリアの代表料理で日本版もつの煮込みといったらわかりやすいだろう
この料理、実は下ごしらえに大変手間がかかる
一口食べて驚いた
官能的でありながら上品で臭みが全くない
思わずマスターに最高ですといってしまったほどだ
IMG_3141.JPG IMG_3140.JPG
そしてスカンピ(手長海老)のパスタ
ソースの具合が細めんとうまく絡み合いいい味を出している
だだちゃ豆のパスタ
このソースが抜群だった
程よくコクを出し食べた後のさっぱり感もいい
 
カサゴのアクアパッツアは残念ながら少し塩が効き過ぎていた
最後の鴨肉はジューシーで力強い味わい
サラダとのコントラストも良い
 IMG_3143.JPG
シェフは小坂さん
8月にご結婚されたばかりの熱々である
IMG_3147.JPG
イタリアで修行をして宮崎で開業
宮崎の街角に気軽に行ける
サプライズのイタリアンのお店発見!!
今が行き時、旬のお店である
 
旬度  ★★★★☆
 
il SORRISO
 
宮崎市中央通1−10第1ビル1F
電話 0985−22ー5756
 
 
 

水の世紀

21世紀は 『水の世紀』 と言われる
2007年には25兆円だった世界の水市場は
2025年には約87兆円に膨れ上がると言われている
 
今までは水メジャーと言われるヴェオリア・ウォーター、スエズなどフランス勢が水ビジネスの中核となっていた
それは水の全体運営管理のノウハウがしっかりしていたからだ
ただ6割あったシェアも2009年には3割に減ってしまった
市場の拡大とともに国が先頭に立ってシンガポールのハイフラックス、
韓国のKウォーター(韓国水資源公社)などの企業が力を付けたのだ
 
日本はどうだろうか?
前から言われているように日本には水の総合プロデューサーがいない
日本の水道事業は行政の公共事業になっているため
事業運営、管理経験が極めて不足しているのだ
しかも日本では水市場の拡大は少子高齢化に伴い望むべくもない
 
水ビジネスに関して世界の最高水準の技術を持っている日本企業が多数ある
酉島製作所は水の移動に必要なポンプメーカーであるが、香港の上下水道の90%
がここのポンプだ
日東電工、東レはRO膜で世界の市場の2位、3位だ
しかしいくら優れているといっても、材料や機器は水ビジネスの費用の10%程度のものだ
90%は運営管理の費用になる
ここが日本の最大の弱さになっている
ある意味、行政が世界の水ビジネスに挑戦する大きなチャンスが出来たともいえる
行政が世界にチャレンジすることで地域の活性化も図れるのだ
 
8月11日に日経新聞に行政が企業に引っ張られる形で様々な取り組みが取り上げられた
 
北九州市  メタウォーター  ベトナム、東南アジアの水道インフラ
 
大阪市  東洋エンジニアリング 2011年以降ベトナムでの水道運営管理
 
東京都  三菱商事 オーストラリアの水道運営管理 
 
川崎市  JFEエンジニアリング 2011年以降オーストラリアで雨水、生活排水のリサイクル
 
そのなかで独自の動きをする企業も現れ始めた
 
日揮はシンガポールのハイフラックスと水事業の提携を行い新会社を立ち上げた
 
水ビジネスの大きな拡大は日本のとってビッグチャンス
しかも日本の水は最高水準と言われる

行政の水道ビジネスの人材の集約化と集積化をどう図っていけるか?
つまり日本代表の水道運営管理チーム体制の新しい構築が一番の大きなポイントになる
それに伴う民間の力をど

山田町温泉交流センター(本物温泉)

旅行雑誌じゃらんの調査で宮崎県内の日帰り温泉NO1になったのが
都城市山田町にある ゆぽっぽ だ!
ここの温泉も広々して気持ちが良いが
 
実はここの温泉も5キロぐらい離れた源泉からひいている
その源泉が 山田町温泉交流センターである
宮崎だと車で60分、都城から車で20分ほどの場所だ
 
ひなびた山間にある温泉だが
ここは地下1700メーターから43度のお湯が毎分430リットルも噴出する
この泉質もとても体に良い
霧島に近いためか水がとてもおいしく、水を持って帰る人も多い
入浴料金は大人300円と安く
少し遠いがお勧めの温泉である
場所柄お客さんも農業の方が多いらしく
雨になると仕事が出来ないためこの温泉は多くなるらしい・・・・
 
駐車場には10リットル10円でお湯を販売する温泉スタンドや
特産品を販売しているコーナーもある
 
春には周りに植えてある桜が満開となり、その風景は
なんとも見事だ
 
ゆったり、日頃のストレスを癒すには格好の場所だ
こじんまりとした温泉のつくりだが居心地は良い
サウナも広々、水風呂も冷たくて気持ちが良い
ゆぽっぽよりまだ奥にあるのでわかりずらいが、一度は行ってみる価値があるのどかな温泉だ
朝9時から夜は10時まで営業している
 
山田町温泉交流センター
都城市山田中霧島1913
0986−64−2020