都農ワイン探訪

ワインレポート.JPGワインレポート中面.JPG
年次発行の2004ワインレポート、2007ワインレポートなどで勢いのある
ワイン醸造所ということは知りながらも、なぜか素通りの場所であった都農ワイナリー
今回は、コンセプトから全体のデザインをずーっと手がけている
ホットスタッフの吉田正之さんと、私と共にスポレクの仕事を行っている
花堂純次映画監督、さらに足利のデザイナー原さん、ライターの西村さん
無限グラフィックスの江藤くんで取材もかねてお邪魔した。
厳しい条件のもとで、ぶどうの栽培から始め、生食のぶどうをワインと地域文化の
融合までめざしている点で独自のアイデンティティを形成しているところが驚きでした。
小畑さんの独特のキャラクターと情熱、赤尾氏の成長著しくいきいきとした姿
その2人を囲む塩月さんをはじめ、強力な地元スタッフ軍…。

小畑氏+赤尾氏.JPG塩月氏.JPGワイナリースタッフ+吉田氏.JPG

2007ワインレポートでは、ロゼスパークリングワイン
アジアの最もエキサイティングなワイン1位に選ばれた。 
さっぱり爽やか。味も値段もキュートなワイン。キャンベルアーリー.jpg
小畑工場長曰く、世の中のトレンドはロゼになる…そうだ。
フルボディは疲れる、という。
小畑工場長が“日本一”と自賛する梅ワイン
そして、宮崎ならではのマンゴーワインなど
楽しいトライもとても嬉しい。
通常のフランスにならったワインづくりとはうって変わり
常識を度外視した、しかし、都農の土地にあった栽培手法による
ぶどうの木は幹が太く、背も高い。
都農の自然に沿ったこだわりの土作りも徹底されている。
イギリスの有名なワイン百科で高評価を得たことで
世界に通用するワイン造りの夢へ一歩一歩着実に歩み続けている。
都農から世界へ…これからも情熱を込めたものづくりを見届けたい。
*********************************
ラーメン.JPG
行く道すがら寄ったラーメン店『縁』
無化調・自家製麺こだわりの店。
宮崎の人間は滅多に並ぶことがないが
この場所にしてなかなか人が寄ってくる。
しばし待ったあと
支那そば醤油をいただいた。
和風スープと動物系のスープの調和が見事。
炭火で炙られた薫り高いチャーシューが絶品。
【自家製麺 縁 らぁめん】
営業時間 午前11:00〜午後3:00
定休日 火・水曜日
〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町三ヶ月原1140-65
TEL&FAX0983-25-2788
都農ワイナリー http://www.tsunowine.com/
吉田正之 氏(ホットスタッフ)http://www.hotstuff-inc.com/