都農ワインハーベストフェスティバル

10月21日都農ワインで新酒をお祝いするイベント

ハーベストフェスティバルが開催された。

朝早めに到着したのだが、天気も快晴で人も多い

運動公園の駐車場に止めシャトルバスで都農ワインに向かう

駐車場誘導は都農の役場の方々で

都農町全体で新酒をお祝いしているような体制でホスピタリティを感じる

まずはマリアージュチケットを2000円で購入

ワイングラスとワイン5杯がついている

忙しそうな赤尾工場長に挨拶して

会場を見て回る

会場の各所にワインの引換ができるブースがあり

どこにいてもワンが飲めるシステムになっている

グルメブースには

ダイワファームの大窪社長のご家族も来られていた

チーズとワインは絶好の相性だ

チーズを溶かしてバゲットと食べると本当に美味

チケットを買った方には豚汁のふるまい

キャンベルワインと豚汁は2004年のワインレポートの本に書かれてある

デニス・ギャスティンと言うワインジャーナリストの記事だが

キャンベルロゼは甘く、しかし食事を邪魔するような感覚ではなく

興味をそそるスパーシーなブーケと芳しさに酔う

豚汁など地元の食事とよく合うと書かれている

名古屋の土手煮込みも美味しかった

この収穫祭は都農ワインだけではなく、都農町全体の町をあげての

活性化イベントと成長していることを嬉しく感じた。