天皇陛下85歳のお言葉

12月23日は天皇陛下85歳の誕生日

記者会見で述べられたお言葉は

国民の象徴の天皇の立場と人間としての在り方をも

深く感じさせていただけた

全てが心にしみいるご発言だった。

 

長い間、国民に寄り添い、耳を傾け

日本の歴史や将来のことまでも深く示唆したお言葉

日本には天皇と言うかけがえのない象徴

と言う存在があることを嬉しく思った。

 

中でも皇后に対するねぎらいの言葉には

私自身も涙があふれた!

 

4月に結婚60年を迎えます。

結婚以来皇后は、常に私と歩みを共にし、私の考えを理解し

私の立場と務めを支えてきてくれました。

また、昭和天皇をはじめ私とつながる人々を大切にし、

愛情深く3人の子供を育てました。

振り返れば、私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく

現在の皇后と出会い、深い信頼の下、同伴を求め、

爾来(じらい)この伴侶と共に、これまでの旅を続けてきました。

天皇としての旅を終えようとしている今、

私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、

私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、

自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり

60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、

真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います。