ITUトライアスロンワールドカップ宮崎前夜祭

ITUトライアスロンワールドカップの前夜祭が

参加国35ヶ国250名の選手の参加で

10月24日シーガイアモールで開催された

歓迎挨拶は宮崎市の戸敷市長

ITUからは大塚副会長が挨拶

その後記念品の盾を

宮崎県と宮崎県トライアスロン連合に渡された

これが渡された盾

参加者は各国の料理や

宮崎牛や地鶏、宮崎の焼酎を堪能されていた

特にオリンピックのホストタウンとなる宮崎市では

シーガイアの料理人によるイギリス、ドイツ、イタリア、カナダなど

の料理を出されていて大好評だった

フードキャプションにはアレルギーピクトも採用されていて

参加者にも大変分かりやすいと評判

ドイツ風ポテトサラダの表示と料理

これはイタリアのパエリア

フィッシュ&チップスのハンバーガー仕立

アトラクションは村上三絃道

特に太陽じょんがらはパフォーマンスも含めて大いに盛り上がった

 

司会の庭田さんはトライアスロンのオリンピアン

シドニー、アテネ、北京と3大会出場されている

伝説のアスリートでもある

女子日本代表の日本ランキング2位の上田藍選手(真ん中)

日本ランキング6位の井出樹里選手(右側)のインタビューでは

宮崎でのワールドカップで頑張りたいと抱負を述べた!