コロナと世界(ジャック・アタリ)

新型コロナウィルスで世界の人、モノ、金が止まってしまった

その経済的影響は計り知れないほど大きい

人と物が止まると経済は回らない

しかも今まで常識だったことが完全に逆になってしまった

観光客も都会からぜひおいでくださいと言っていたのが

来ないでくださいの逆になった!

世界も同じだ

会って話してコミュニケーションを取りながら

交渉してきたスタイルも今やテレワークが主流となってしまった

そんな新ライフスタイルにまだ個人的にもなじんでいない

さて日本経済新聞の「コロナと世界」の記事で

世界の知性と言われるジャックアタリ氏

新型コロナが世界経済をどう変えますか?

の質問に対してこう答えている。

危機が示したのは命を守る分野の経済価値の高さだ

健康、食品、衛生

デジタル、物流、クリーンエネルギー

教育、文化、研究などが該当する

これらを合計すると

各国のGNPの5~6割を占めるが

危機を機に割合を高めるべきだ

経済の非常事態は長く続く

これらの分野を犠牲にした企業の救済策を作るべきではない

企業はこれらと関係のある事業を探していかなければならない

世界経済を立て直すのに必要なことは?

第一の優先事項はワクチンと治療薬

この問題はワクチンや治療薬があれば解決し

なければ解決しない

人類史的にみて新型コロナウィルスはどんな意味を持つのか

権力の変容が起きるとみている

歴史上、大きな感染症は権力の変容を生んできた

15世紀、ペストの発生を機に

協会から治安当局に権力が移った

その後の感染症では科学が問題を解決すると考えるようになった

治安当局から医学への権力移転だ

これまで我々はこの段階にいる

新型コロナの対策ではテクノロジーが力を持っている

問題はテクノロジーを全体主義の道具とするか

利他的かつ他社と共感する手段とすべきかだ

私は後者と考える

とても薀蓄のある話だ

これからはテクノロジーが権力を持つ時代になる

そしてテクノロジーの力を使いながら、共感する社会の創造を図るべきだ

ただ使いこなせるかどうかは日本の国民次第だ

一致団結して行動すればコロナ後の社会も見えてくる