の山

人生をよく山に例える人がいます。

確かに人生とは、どこまで登っても

頂上のない大きな山かもしれません。

私はその山に名前を付けました。

 

その名も「の山」です

 

その山を登るのは至難の業です。

なんせその山には「よだ木」という木が

ベラっと生えているからです。

この「よだ木」が曲者です。

この木を切り倒し開拓しなければ

の山を登っていくことはできません。

また開拓するためには「よだ木」の根っこの

しからむかむ根を掘り起こさなければなりません。

 

さらに「よだ木」には

しょの実、ねた実、ひが実という実がつきます。

これらを開拓すれば素晴らしい木が生えてきて

やっちみろか根が張り出します。

そうしてそのうち

人間実、あわれ実、つよ実という素晴らしい実をつけます。

 

「の山」の山を登るのを嫌がって

「てにゃ丘」に登って満足する人もいますが

「てにゃ丘」にはでい蛇、ぼく蛇という怖い毒蛇がいます。

それらの蛇にかみ殺されてしまうのがおちです。

 

「よだ木」に負けずに「の山」を精一杯上りましょう。

 

宮崎県のある学校の先生が書いた文章のようだ

人生を山に例えて宮崎ならではの方言でユニークに表現している

自分に対する戒めとしたい!