耕作放棄地の活性化策

限界集落と言う言葉がある
65歳以上の高齢者が50%以上を占め
社会的共同生活の維持が厳しい集落を言う
全国で約7900 うち420があと10年で消滅すると言われている
限界集落では耕作放棄地がどんどん増加している
耕作放棄地とは過去1年間以上作付けせず、将来数年の間に
耕作する見込みがない農地のことだ
 
農林水産省の調べでは2005年農家の聞き取りでの調査だったが
38,6万ヘクタールの耕作放棄地があると報告されている
10年間で6割の増加だ
1975年から30年の間では約3倍に増えている
過疎が進む中山間地域に5割以上が集中している
しかも現状ではそのまま使えない荒れた状態が7割をしめる
 
2010年4月農林水産省は全国の市町村で調査し
全国の耕作放棄地は28.4万ヘクタールと発表した
今までは農家の申告の数字を基にしていたため実態が分からなかったと言う
それにしても大きな面積である
 
耕地面積は昭和35年には607万ヘクタール、昭和60年には538万ヘクタール
平成7年に504万ヘクタール、平成20年には463万ヘクタールと減少の一歩
 
耕地面積はどんどん減少し耕作放棄地は増加していく
まさに日本農業衰退の大きな原因をこれだけでも見ることが出来る
 
農業だけでは生活できない
少子高齢化で後継者がいない
作業が辛い
などで耕作放棄地は増え続けているが
法律上の耕作放棄地は農地
所有者が農業を廃業すれば税金が一挙に上がる
こんな面もあってそのままとなり年々増えているのが現状だ
 
ただ耕作放棄地も中山間にすべてあるわけではない
平地、都市部にも相当あるという
都市近郊に住むさまざまな人を田畑に誘導することにより
地産地消や食育そして食料の自給率アップに繫げられれば一挙両得の地域活性化策だ
 
ここで耕作放棄地の地域活性化のある取り組み事例を紹介しよう

マイファームは2007年設立したばかりのベンチャー企業だが
農家の放棄地を農園に再生し、個人に農家が農園を貸す仲介や管理を行なっている
年内に農園は都市圏に100箇所程度にする方針
現在利用者は1000組だが将来的には大きな伸びを期待しているようだ
 
農林水産省も本腰を入れ始めた
10万ヘクタールの耕作放棄地の解消だ
復元のための助成金を考えている
地方公共団体も補助金など独自の政策を取っているところも目立ち始めた
 
耕作放棄地は考え方を変えれば異業種連携のアイデアの場であり宝の山だ!
国にはITによる耕作放棄地クラウドの蓄積を提案したい
衛星画像などを通じて全国の耕作放棄地の分布の実態
参入したい企業や団体への情報提供などで農業への誘導
策としても期待できる
また国として若い人を農業に誘導する仕組み(緊急雇用や助成金など)
ファンド方式、農園株主、ふるさと農園、民間企業の参入など
それぞれの地域ならではの発想を取り入れ
地域の力で様々な世代の方々を農地に呼び込みながら
新しい農業のあり方は農業クラウドの情報発信で日本国民全体で考え行動していく
 
それから生まれる真の地産地消、食育、そして農業の活性化が
食料の自給率のアップと
明日の日本の活性化を作りだしていくと確信している
 
 

グレッグ・バス(ツイッターCTO)

世界ICTサミットの一番のお目当てはこの人だった
と言う人も多かったのかもしれない
それぐらいほかのゲストとは取材カメラの数が全然違う
2日目の朝一番のキーノート
このライブ中継もユーストリームとツイッターの連動での配信だ
 
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのツイッター
会社は200名ぐらいの従業員
その技術総責任者がグレッグ・バス氏だ
 IMG_2659.JPG
ツイッターは2007年にアメリカでサービスを開始
ユーザーに対して140文字以下のミニブログサービスを行なう
最初は技術関係の人たちから利用が始まったようだ
 
3つのキーワードがあるという
1、タイムリー  瞬時の情報や感情を表現できる
2、オープン   誰にでも開かれたソーシャルサービス
3、ユビキタス  いつでもどこでも誰とでも・・・・・
 
一番の成功のポイントはRT(情報の拡散が出来る)
をシステムに入れ込んだことだと言う
これで企業や消費者とのやり取りも出来るようになった
 
日本版はデジタルガレージが資本参加し2008年4月に立ち上がった
最初はなかなか広まらなかったが2009年夏に新聞メディアの公式アカウントにより
急速に拡大する
そのアクセス数は2008年7月の86万人から8月の193万人と急激に増加し
ツイッター現象が全国に広まる事になる
2010年5月には日本のツイートが月間2億1000万件を超え26%以上の伸びになった
 
グレッグ・バス氏によると
今や全世界で1日 6500万個のつぶやき
その12%が日本だそうだ
しかもツイッター上を16万の異なるアプリケーションが走っている
 
スパム防止にも力を入れ2009年8月に9%ぐらいあったのが
10年2月には1%以下になった
そして使用者の興味のある対象が表示できるシステムも開発中であることも明らかにした
 
まだまだツイッター初心者の私だがイベントでのツイッター活用で
予想以上の情報発信効果があった体験から考えると
様々なコミュニケーションの活性化
あるいは低コストの集客メディアとして

可能性の高いネット上の口コミ媒体だと考える
 
デジタルガレージは5月19日
アメリカツイッターの共同創業者Biz Stone氏を会社のアドバイザリーボードに迎え
ツイッター日本事業のより一層の拡大に大きく舵を切った

麺フリーク2


私も年を重ねるとともに麺もさっぱり系の味を好むようになってきている
宮崎のいろんな麺を食べながら地元の人のあったかさを感じる瞬間が
とてもほっかりする
やはり味もさることながらそのお店の持つ雰囲気があって麺も引き立つのだと思う
今回は宮崎県内からそんなほのぼの感のある3店の紹介をしたい
 
 
のり吉
 
宮崎空港のそばのパチンコ屋の駐車場のかた隅にあるお店
ちょっと見ただけではお店とは思えないがラーメンののぼりでかろうじてわかる
初めての人はなかなか見つけられないだろう
醤油豚骨の懐かしいラーメンだ
一度食べると普通のラーメン(530円)だが、2度3度食べるとじんわりその良さがわかってくる
気に入っているのはにこっと笑ったおばちゃんの笑顔
僕が行くと麺が少し固めがここでは暗黙の了解だ
ここの特色はチャーシューが旨いこと
しかもチャーシュー麺にしてもそんなに高くない(630円)
自分の中ではあまり教えたくない穴場スポットだ
ここのあと一つの名物はカツ丼
必ず注文があってカツを揚げるのでとても香ばしい人気商品だ
是非場所は探していってもらいたいラーメン屋の一つだ
 IMG_1682.JPG
おふくろ度 ★★★★
 宮崎市赤江10−2  11:00〜19:00 火曜日休み                
 電話  0985−56−9140
 
来々軒
小林駅の近く、商店街の一角にあるラーメン屋さん
ラーメンはさっぱりスープであっさり味(450円)
ここの名物はカレー(500円)と焼きラーメン
家庭風カレーで暖かさを感じてしまう
お昼時になると急激に人が増えてくる
その大半の人達が頼むのがちゃんぽんだ(600円)
私もそれに釣られてちゃんぽんを頼んでしまった
野菜がたっぷり入っていてタン麺風でさっぱりして優しくおいしい
ここは地元の人達に古くから愛されているラーメン店
手づくりの漬物のサービスも嬉しい
CPも高く、小林に行く機会があれば必食のお店
ラーメン、ちゃんぽんどちらも是非試してほしい
 IMG_2628.JPG
さっぱり度 ★★★
 宮崎県 小林市本町32                         
 0984-22-2334   11:00〜19:00 火曜日休み
 
 イタリアンレストランCOCOPAPA
 
宮崎市木花のエーコープ駐車場の一角にこのお店はある
若いご夫婦が1年ちょっと前に始めたイタリアンのお店
カジュアルだがお店の雰囲気もなかなか
ためしに今日はえびのアラビアータ
パスタセットで750円
若いご主人の料理のさばきもなかなかのもの
予想以上に本格的でおいしい!
パスタもしこしこ、ソースも美味だ
木花のこんなところにパスタの穴場を見つけた
夜はコースを頼むとワインの持込がフリーらしい
少し遠いが行くだけの価値はある
IMG_2600.JPG 
穴場度 ★★★☆
宮崎市熊野正蓮寺600
0985−58−0239
11:00〜15:00  18:00〜20:00 火曜日休み
 

口蹄疫で苦境の宮崎に拡がる応援の輪

口蹄疫の一番の被害場所、宮崎県川南町
今やゴーストタウンといってもいいほどひっそりとしている
口蹄疫の影響もさることながら収束後の先行きも全く不透明だ
そんな中で若者たちが立ち上がった
川南町の若者連絡協議会は大きな輪になって口蹄疫に立ち向かおうと
リストバンドを作成した
牛と豚の鳴き声からMO(モー)VE(ブー)バンド
色はもちろん太陽の色のオレンジ
心一つに前へ前へ・・・・・
一個 500円 で近々売り出す予定
若者たちの元気な心意気を応援してあげたい
お問い合わせ  川南町役場総合政策課 0983−27−8002
 
まだまだ口蹄疫の収束が見えない中、様々な人達からの応援の輪が広がってきている
 
宮崎応援歌 (太陽のメロディ)
布袋寅秦×今井美樹×小渕健太郎(コブクロ)プロジェクト
 
布袋氏のブログによると
2人は同じ空のした、海や山や豊かな自然に囲まれ
太陽と風を両手に抱いて育った同士
宮崎を語るときの2人の笑顔はとても似ていると言う
 
3人で宮崎の情景を語り合い、心に同じ太陽を描くことからはじめ
メロディを、そして歌詞を紡いで一つの美しい曲が生まれました
心から生まれた音楽を音楽を通して心に伝わることを私たちは信じています
もう録音も終わったようだ
ビッグプロジェクトの情報発信が今からも楽しみだ
売り上げもすべて宮崎に寄付すると言う
 
永瀬正敏(都城出身)
個人で300万を寄付すると同時に
ネットでチャリティサイトを開設
希望と言うタイトルで
写真ギャラリーを見ることが出来、彼らしい感性の応援メッセージだ
ダルビッシュ有投手(日本ハム)
奥さんのサエコさんが宮崎出身で自主トレも宮崎で行なっていることから
登板時に1アウトにつき3万円ずつ寄付
7月30日まで続けると言う
 
本当に有り難い事だ
県庁正門に張ってある全国から頂いた応援葉書
毎日のヤフーの義援金を見ても国民の暖かい気持ちは伝わってくる
 
ただ畜産業に携わっている人達は国や県から少なくても補助金が出る
その下の食肉加工、運搬、建
築などの職種はなにも出ない
飲食店などサービス業の被害もなにも出ない
しかもこの影響は3年から5年続くだろう
すべての影響を受けた人達に向かっての何かの財源確保が出来ないものだろうか
街の活性化はこれがしっかりしないと実行が難しい
思案をする毎日である
 

ジョン・ハム(世界ICTサミット2010)

世界ICTサミットが6月14日15日東京の日経ホールで開催されたが
その中で印象に残った人物の紹介をして見たい
わたし自体アナログなので目で確かめて凄さを体感しないと行動に移れないタイプ
そんな意味でいい刺激の場ともなった
ICTとはインフォメーションコンピューティングテクノロジーのこと
 
最初の人物は
今をときめく話題のITメディアと言っていいだろう
ユーストリーム 共同創業者兼CEO ジョン・ハム氏のキーノート
 
2007年3月にアメリカ合衆国陸軍士官学校で知り合ったブラッド・ハンスタブルと
技術開発者であるジュラ・フェヘルと共同でユーストリームを設立した
彼らは自分たちの姿を家族に見せれないか?と言うのがはじまりのきっかけだったそうだ
すべては人間の単純な欲求から始まるのかもしれない
 
ジョンハム氏はコミュニティの感覚が大事だと言う
そこには必ずライブがある
ライブの歴史をまず話したい
スタジアムでスポーツ観戦して始まり
ラジオで拡がり
テレビでは大きなコミュニティを作って来た
そしてインターネットが登場した
このオープンプラットフォームで
その感覚をライブでどうやって共有していくかがユーストリームのキーだ
その3つの柱は
リアルタイム、社会的な要素、モバイルウェブだ
このオープンプラットフォームはオバマ演説、タイガーウッズの会見などで
一躍注目され始め、今や時代の申し子的な存在になってきている
 
彼はこうも言う
ユーストリームをうまく使うことにより従来型メディアの補完機能を持つことが出来ると
ここが一番興味深かった
ゴールデングローブ賞2010はNBCテレビとタイアップしてプロモーションを行なった
バックステージのインタビュー
番組とは別のソーシャルウェブとしての放送などを通して
視聴者が100万〜200万人増えたと言う
相乗効果がありウィンウィンの関係になったと・・・・
まさにテレビメディアはユーストリームとのプロモーションが今からの重要な要素になるだろう
 
そしてジョン・ハム氏はモバイルがキーだという
モバイルでライブはどこへでも届くし
それによって3つの柱の相乗効果が増しコミュニティの力がぐんと増す
 
次はエバーノートのCEO フィル・リビン氏
彼は連続起業家とも言われいくつかの会社を興したが
2004年設立のエバーノートに2007年にCEOとして
招かれた
エバーノートは各種電子ファイルをネット上に預けて保管できるクラウド型の文書保存サービス
2005年に会員は5万人だったが
現在350万人に達すると言う
そのユーザーの15%が日本人
エバーノートの特徴は長く使えば使うほど有料サービスに入るユーザーが多くなることらしい
こんなビジネスソフトだったらすべての企業も飛びつくだろう
いよいよ、もうすぐ日本版が出るようだ
私も利用してみたい一人だ
エバーノートは皆さんの頭脳の代わりに人生や仕事を記録できると・・・・
 
このセッションのパネラーたちが口々に言っていたこと
いろんな意見を言っていたがこのことだけは同じだった
それはIpadの革新性と素晴らしさ、そしてIphon4の凄さ・・・・・・
最先端のトップたちが絶賛するこの機器は間違いなく世界をそしてクラウドのレベルをも変えていくだろう
 
 
 
 

想望 (佐藤直紀)

NHKドラマ ハゲタカはある意味NHKドラマの歴史を変えた
ダークな色調と意外性のアングルが印象的だった
M&A、バイアウト、など専門的な金融用語が飛び交いながら
外資系ヘッジファンドと日本企業の生き残り策や人間の生き様を鋭く切り取った経済ドラマだ
私も毎週わくわくしながら見た一人だ
スリリングなストーリー展開に音楽の重厚さが一段とドラマの魅力を増した
この音楽を担当したのが佐藤直紀氏だ
 
そしてALWAYS三丁目の夕日では日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞
そのサウンドクリエイターとしての地位を不動のものとし
海猿、WATERBOYS など話題の映画、ドラマに引っ張りだこである
 
そしてハゲタカで一緒に組んだNHKの大友啓史氏からオファーが舞い込む
大河ドラマの歴史を変える
そして創造する現場を作り上げて行きたいと・・・・
 
大友氏は佐藤氏に音楽を依頼する時、思うことは唯一つ
GROOVE感を付与することだと言う
音楽と映像の一体感、それが渾然一体となってマグマのようなエネルギーになって噴出する
 
佐藤氏は勝負だと思ったと言う
大河ドラマ的音楽を壊しながらもスタンダードとなりうる音楽
雄大なスケール感とエネルギーの咆哮
日本の篠笛にも似たアイスランドのティン・ホイッスル、トルコの民族楽器サズの
和音との微妙なずれが大きな宇宙の拡がりを逆に感じてしまう効果となっている
ボーカルを歌っているネオ・クラシカルの旗手 リサ・ジェラルドは
神に語りかけるように歌ったという
彼女のボーカルがメロディに厚みを増し
今まで聞いたことのない大河ドラマの世界観と色そして臨場感を感じさせてくれる
 
テーマ曲は胸のすくような圧倒的なメロディと神秘的なボーカルで
龍馬伝の抒情詩をダイナミックに歌い上げている
大友氏は言う
佐藤さんは、見事に受け止めそれ以上のエネルギーで勝負してきている
IMG_2666.JPG 
私のお気に入りは龍馬伝2の楽曲 想望だ
雄大な海辺の向こうに夕日が沈んで行き、あたりが夕闇に包まれていく
そんな瞬間を感じるスケール感と同時に切なさ、寂しさをも感じる曲だ

 
 
 

ドゥ・アッシュ(大阪市)

大阪の中心地、心斎橋の大丸デパートから歩くこと数分
繁華街が途切れ小学校の近くにお店があった
一見した感じでは何のお店かほとんどわからない
扉を開けると華やかな雰囲気で、天井が高いおしゃれな空間の
が広がる
話を聞くと古い証券会社を改装して作ったお店らしい
どうりで重厚感があるはずだ
IMG_2175.JPG 
フラワーアレンジメントもオーナーが全て自ら行なっている
白とグリーンの彩りが初夏の装いにふさわしいディスプレイだ
このお店は先日マルシェでお世話になった中田シェフのお店
IMG_2177.JPG

IMG_2178.JPG

 まずはシャンパンでのどを潤す
料理はトマトのジュレとアスパラ
ジュレの泡が口の中で解けていくとトマトの味覚が拡がって来る爽やかな味
 そしてソラマメとベーコンのスフレ
 


ノドグロと野菜の一皿 ソースはサフランソースとビーツのソース
見た目もとても綺麗だ
パキスタンの香りと呼ばれるハーブミックスのソルトも味に輝きを持たせている
 

IMG_2183.JPG

IMG_2182.JPG


ホタルイカとインカの目覚め(じゃがいも)のミルフィユ菜の花ソース
見た目にもインパクトがあり印象的な逸品

この頃から赤ワインに・・・・
メインは牛のテールシチュー
赤ワインでよく煮込まれたテールはほろほろとしてとても美味
 IMG_2186.JPG  IMG_2191.JPG


最後のデザートが圧巻だ
9種類のデザートの中から好きなものを好きなだけ食べることが出来る
 日南のりょうくんの柑橘類を使ったタルトもおいしかった!

 
これで今日は6000円のコース 
予想以上の極上の美味で久しぶりに食事を堪能した
中田シェフのモットーはオリジナリティの追及
まさに一皿ごとに彼のこだわりと繊細さを感じた料理であった
中田シェフには今からも是非宮崎の食材を沢山使って、いろんな意味で
宮崎をアピールして
頂くと嬉しいと思う
最後は見送りまでして頂き感謝でした
 IMG_2193.JPG中田貴紀シェフ
予約/お問い合せ:06-6258-6333予約/お問い合せ:06-6258-6333

大吟醸を楽しむ会

大吟醸を楽しむ会は宮崎の地域活性化事業として定着しつつある
毎年蔵元関係で全国から50名ほど、お客さんは限定600名だがその中で関東から100名ほど集まる、全国でも注目を集める人気の会になってきている!
蔵元さんも宮崎のファンの人が多く本当に有り難いことだと思う

今回が13回目
毎回デザインテーマを考えるまでが大変時間がかかる
今年のテーマは水と木
今年は大河ドラマで坂本龍馬が話題だが
龍馬が海を船で世界を目指したように
日本酒も海外進出が大きなテーマ
そしてどちらも水と木が大切なキーワードだ
 
カメラマンの酒生氏に依頼して
木目の上に水を張り水滴を落とした瞬間を長時間かけて
撮影してもらった
面白いことに水の杯が出来たように錯覚してしまうようだ
 
文章は全国蔵元代表の小鼓の西山会長からのメッセージを・・・・
こんな時期だからこそ、いつもどうりに宮崎に集まり
宮崎の人達に少しでも元気を取り戻していただきたい
と言う言葉には泣けてきます
 
蔵元は全国から37蔵 宮崎に集合します! 
 
北海道    男山     金賞受賞          
秋田     天寿        IWC銀賞(大吟醸部門)
秋田           刈穂      金賞受賞
岩手     南部美人    金賞受賞
宮城     浦霞               金賞受賞
山形     出羽桜     IWC金賞(大吟醸部門)
山形     東光 (初)  金賞受賞
福島     奥の松     金賞受賞
栃木     開華      IWC銀賞(古酒部門)
茨城     郷の誉
群馬     水芭蕉 (初)金賞受賞
埼玉     神亀
東京     澤の井
新潟     八海山  
        鶴齢 (初)   金賞受賞
長野     真澄      IWC銀賞
        桝一(スクエアーワン)
静岡     開運
富山     満寿泉
石川     天狗舞     IWC銀賞(純米部門)(大吟醸部門)
愛知     蓬莱泉
三重     妙の華
岐阜     花実蔵
奈良     百楽門
京都     月の桂 
兵庫     小鼓
岡山     御前酒
山口     獺祭
鳥取     千代むすび
島根     李白
高知     司牡丹  金賞受賞
愛媛     雪雀  
福岡     繁桝    金賞受賞
佐賀     窓の梅
熊本     千代の薗
大分     西の関  
宮崎     綾錦
             ※金賞受賞(21年度新酒鑑評会)  IWC(インターナショナルワインチャレンジ酒部門)
 
大吟醸はもちろんですがお酒にあう蔵元持参の自慢の珍味も
是非ご堪能ください
そして宮崎の会でしか味わえない楽しみは仕込水も味わうことができること 
 
今回初登場の三蔵はすべて金賞受賞蔵です
宮崎でも縁の深い上杉鷹山の米沢藩のお酒 東光
食中酒で米の旨みがしっかりしている新潟の鶴齢
癖のない爽やかな味の水芭蕉
 
是非今年も大吟醸日本一周の旅をご堪能ください
チケットはプラチナですぐ売り切れます

龍馬と塩浸温泉

鹿児島で会合があったので、そのあとリニューアルオープンした
話題の塩浸温泉公園に行ってきた
塩浸温泉は龍馬が湯治したと言われるところでもあり、新婚旅行で
もっとも長く
滞在した温泉としても有名だ
100606_155255.jpgのサムネール画像 
新婚旅行前後の龍馬の足跡を見てみたい
30歳池田屋騒動で多くの同士を失い、勝海舟の使者として西郷隆盛に会う
小松帯刀、西郷などの尽力で薩摩の保護を受ける
31歳 薩摩に行き、5月薩摩の援助で『亀山社中』設立
32歳 1月21日 薩長同盟締結
    1月23日 寺田屋事件のときお龍の注進で脱出。
これをきっかけにお龍と結婚
西郷らの計らいで薩摩に1866年3月新婚旅行に船で出かける
100606_150532.jpg 
3月10日 船で大阪〜長崎〜鹿児島
3月16日 船で鹿児島〜浜の市(隼人港)日当山
3月17日 塩浸温泉
3月28日 霧島山に出発
4月1日  塩浸温泉
4月8日  日当山
4月11日 浜の市
4月12日 船で鹿児島へ
6月1日 鹿児島〜長崎(お龍を下ろす)〜下関
 
龍馬が新婚旅行の感想を素直につづった手紙のレプリカを資料館で見ることが出来る
(現在 京都国立博物館所有)
この手紙は龍馬が1866年12月4日に乙女姉さんに出したものらしい
貴重なのはイラスト入りの手紙であることだ
高千穂の峰、天の逆鉾等が克明に記されている
龍馬の字はうまくはないが奔放さがうかがえる味のある字だ
 
塩浸温泉ではピストルで鳥を撃ったり、渓流で釣をしたり本当に楽しかったよう
高千穂の峰は登るのが大変だった、みやまきりしまの花が綺麗だった
そして天の逆鉾では天狗の顔に似てると2人で大笑いしたこと、引き抜いて元に戻したこと
等が書いている
霧島神宮は長い歴史を感じさせる風格がある雰囲気の神宮として紹介している
龍馬は西郷隆盛を評して この人にお願いすれば安心
国のために大きな仕事が出来る人だと書いている
最後に人を殺してはいけない
短気になってはいけないとも書いてある
 
この手紙のあと龍馬は

翌年の11月15日京都近江屋で暗殺されるまで

大きな歴史の流れに翻弄されながらも数々の成果を

わずか1年の間に成し遂げ突き進んでいく・・・・・
 
ある意味龍馬を薩摩が守ったから薩長同盟が出来、歴史が出来たのかもしれない
龍馬と西郷の国を想う人間の信頼関係、小松帯刀との友情と信頼、そしてお龍との新婚旅行
新緑に覆われたひなびた塩浸温泉を眺めながら
歴史を振り返り、国を想う心、人と人との交流や薩摩人のふところの深さに心が洗われる気がした
 

2010プリツカー賞

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞
シカゴのプリツカー家によりハイアット財団をとうして1979年に設立された
 
アメリカのハイアット財団は2010年のプリツカー賞の受賞者に
日本の建築ユニット SANAA( 妹島和世+西沢立衛 ) を選び
5月17日に授賞式が行なわれた
 
ハイアット財団は 2人の共同作業は本質の追求でたどり着いた
独特で感情を揺さぶるような
特異な建築として絶賛している
 
世界の注目を浴び日々進化している SANAA だが
1995年に SANAA 設立
品川の古い倉庫を事務所として、2人の独立した事務所とSANAAの事務所の
3つが同居している
SANAAは海外のコンペティションの参加や規模の大きい仕事をするために作ったと言う
 
SANAA が世界にも一躍脚光を浴びたのは
なんといっても金沢21世紀美術館である
建築コンセプトは
街に開かれた美術館
開かれた円形デザイン 多方性
水平性
透明性
街の中心地にありながら環境ととてもマッチしていてくつろぎ感もとてもいい
この建築でSANAAは 2004年9月 ベネチア国際建築展で金獅子賞を獲得する
そして金沢21世紀美術館が10月にオープンした
こんなタイムリーな受賞はありえないほどだ
 
以来SANAAプロジェクトは日本を始めとしてヨーロッパ、アメリカなど
様々な建築シーンに新しい風を送り込んでいる
今や押しも押されぬ世界のトップ建築ユニットの一つだ
 
山里に置かれたガラスの宝石箱といわれる 熊野古道なかへち美術館
ラッキースターが輝くアクリルとガラスのファンタジックビル ディオール表参道
ニューヨークマンハッタンの造形があっと驚くニューミュージアム
スペインのバレンシア近現代美術館
アメリカオハイオ州のトレド美術館ガラスセンター などなど
 
SANAAの建築は不透明の透明性をとても強く感じる
これからもSANAAの様々な建築プロジェクトで
世界のあらゆる地域の活性化が図れることを期待したい
 
最後に嬉しいお知らせ
妹島和世氏は 今年8月29日から11月21日まで開かれる
ベネチア・ピエンナーレ第12回国際建築展の総合ディレクターに起用された