安藤忠雄の自然観

独学で建築を学び
ボクサーから建築家へ転向した安藤忠雄
その並々ならぬ情熱と闘争精神とあくなき探究心で
世界の建築会の最高峰といわれるプリツカー賞をはじめ
世界の名だたる賞を総なめにした男
稀代の野生児 安藤忠雄の自然観をひもとくと
今の日本人に欠けている物が見えてくる・・・・・・・
 
安藤建築の原点ともいえるのが 『住吉の長屋』だ
彼は言う
この建築の核心は、狭い敷地の三分の一の面積を占める中庭の存在だった
住まいの中に自然が入り込んでくる分、冬の寒さは厳しい
雨の日にはトイレに行くのに傘をさして行かなければならない
住まい手に不便な生活を強いる建築は
時には建築家の横暴と非難を浴びた
 
だが。住まいの何を持って喜びとするかはそこで過ごす人間の価値観の問題
大阪の下町の猥雑な都市環境を前に生活とは?住まいとは?を考えた
私の出した結論は自然と共にある生活にこそ住まいの原点があるということだった
スペース、コストとも極限の条件下で建築する都市住宅
だからこそ安易な便利さより、天を仰いで”風”を感じられる住まいであることを優先した
 
以来30年間
いつも心に描いているのは
人々の心に生の感動をもたらす建築を抜ける風の情景
自然と共生しつつそこに住まう人間の意志を表現する建築だ
 
彼はこのようなことも言っている
 
フランスの詩人で大正時代に日本の大使もつとめた
ポール・クローデル
世界で残す民族があるとすればそれは日本人だ
彼らは貧しいけれど誇り高く高貴だ
と日本人本来の民度の高さに触れている
 
安藤はこの言葉に感銘を受けた
停滞する日本社会の未来に向けた再生の鍵は何より
民の持つ力にあると確信した
日本人の民度の高さは美しい自然環境の中で育まれた物だった
花鳥風月
自然に親しい生活が世界にも誇れる自然によって
優れた感性をはぐくんだ
美しい風景を取り戻すことこそ日本人のDNAを呼び覚ますことになる
 
情報があふれかえる時代の中で
揺らがない『価値観』を持たなければならない
同時に自分の価値観を基準に判断できる

ビーフシチュー(みょうが屋)

年に一度だけの楽しみ
それは宮崎市上野町 みょうが屋のビーフシチューだ
 
宮崎牛の焼肉屋さんとして県内外に有名であるが
それ以上にお兄ちゃんの料理の探究心と味覚の感性の鋭さには舌を巻く
少し時間があるときは
岩永のお兄ちゃんの腕で様々なオリジナル料理を作り出してくれる
それにお母さんの気品のある笑顔が花を添える
若干、料理の量の多いのが玉に傷だが・・・・
 
さてクリスマスだけの限定品が宮崎和牛だけで造ったビーフシチュー
野菜と赤ワインのみで4日間仕込む
水は一滴も加えないこだわり
時々冷ましてまた暖めるとコクが一段と増すのだという
外国のビーフを使うとこのまろやかさのコクは出ない
宮崎和牛ならでこその味がここの信条だ
IMG_3634.JPGIMG_3635.JPG 
クリスマスはここで赤ワインとビーフシチューが私の定番だ
 
付け合せのポテトピューレもがまた旨い
牛乳とポテトにたまねぎ、にんにく、チーズを入れて
弱火で焦がさないようにへらでかき混ぜながら
煮込んでいくと抜群のポテトピューレができあがる
 
このビーフシチューと赤ワインがあれば
クリスマスが幸せに過ごせる
今年は誰と楽しむかも嬉しい悩み
今日はビーフシチューの初日とあって
まだ若い感じのシチューだがこれでもコクは十分
ただ付け合わせの野菜のブロッコリーが少し固茹でだけが残念

お兄ちゃんの話だと
明日、明後日になるとまだ深くコクの増したシチューになるという
 
みんなの笑顔と嬉しい美味しさ
宮崎ならではのクリスマスの楽しみ方の一つの方法だ
気になる方は是非行って食べて欲しい逸品だ・・・・
早い者勝ち!
残っていればとてもラッキーである
 
限定品度 ★★★★☆
 
みょうが屋
宮崎市上野町  火曜休み
0985−28−2302
 

群馬製粉 山口慶一社長

群馬県高崎市
そこの蕎麦屋さんで米麺を試食した
のど越しが良い食感
ベトナムのフォーとも違う独特の面白さだ
米麺のソーメン、タン麺、ざる麺などを試したがなかなかいける味
ここでの米粉麺のオーダーは3割程に増えているという
この米粉麺を開発したのが群馬製粉山口社長だ
 IMG_3594.JPG
山口社長は平成15年に米粉麺を作ろうと奔走する
静岡文化芸術大学の農学博士 米屋武文教授のもとを尋ねお願いする
米屋教授は主食の米の食べ方が単一的であり
もっと違う食べ方があってもいいのではないかと国産米による麺の研究に15年も前から取り組んでいたのである
それから5年、足かけ20年の研究がやっと花を咲かせることになる
 
米は水とこねると小麦のようにグルテンが出来てこない
そのため米の持つでんぷんをつなぎの代わりに使わなければならない
だからといって米粉でできた麺生地を加熱するだけでは餅になってしまうのだ
ベトナムのフォーの米はぱさぱさなので麺にしやすいのだという
 
教授は良い米粉の使用、最適な混合と加熱の組み合わせしかないと
長年にわたり研究を続けられた
結果米粉の均一の超微粒子粉砕を行なったものが最適と解明された
 
ベトナムのフォーとも違う強いこしと噛み応え
小麦とも違うもっちり、つるつるとした食感
 
まさに大学の知と企業の技で完成した麺がJ麺となって行く
そして2008年4月9日
東京ビッグサイトで開催された 「ファベックス2008」でJAPANESE RICE NOODLE     J麺が発表された
世界ではじめての100%国産米と水だけでできた無添加の米粉麺である
 
このJ麺の実演をされたのが
レストラン カノビアーノの植竹シェフ
動物性脂肪を使わない健康的なイタリアン料理で圧倒的な支持を受けている
すでにお店のメニューで使用されている
そしてJ麺スイーツはモンサンクレールの辻口シェフ(世界一のパティシエ)
まさに話題騒然の発表会となったのである

そして今やグルメ会では知らない人がいないポンテベッキオの山根シェフ、アルケッチャーノの奥田シェフなどそうそうたる顔ぶれがJ麺をメニューに加えはじめたのだ
 
これに時代の風がフォローとなる
小麦価格の高騰
子供たちの小麦アレルギ
ーを防ぐために・・・・
そして米の消費拡大
 
お米でお菓子を作りたいという山口社長の情熱に辻口シェフの心が決まった
 
私は和菓子の3代目、山口さんも米粉のスペシャリストの3代目
日本の小麦市場は4兆円ほどあり、一方でこれだけの米の減反があって
我々の血税が補助金となって流れていく
この図式はどうみてもおかしい
この不安定な世界情勢を見たとき自給自足の出来ない国は恐ろしい
 
米は日本人の魂の源
田んぼと赤とんぼの風景を心理的にも物理的にも
残していかなくてはならないとの使命感があった
 
山口社長のテクノロジーと辻口さんの思い続けていたテーマが昇華して
洋菓子のための米粉 リ・ファリーヌ が誕生した
 IMG_3597.JPGIMG_3598.JPG
群馬製粉の会社は群馬県渋川市にある「写真左が山口社長」
見かけは古い素朴な会社だ
この会社に今、全国からの見学者が絶えないのだ
工場も見学させていただいたが昔の工法で砕粉するものから最新式まで
見せていただいた
来年の3月には新工場も完成する
地域の会社でありながら米粉を突破口に様々な挑戦を重ねている
山口社長に熱く共感するものを感じた
 
 

中国 CNC放送を開始!

中国は世界への情報発信を本国ではなく
アメリカ、ニューヨーク・タイムズスクエアで7月に放送を開始した
24時間、英語での放送だ
 
この放送局はCNCーWORLD,中国国営メディア新華社が運営する
中国・新華社ニュースネット英語TV局だ
世界117支局に400人を配置し、さらに10年でその規模は180支局に
増やすという
来年1月からはヨーロッパ、中東、アフリカの地区にも放送を開始する
 
世界の代表的な放送局は独自の視点を持ちながらも
国家の視点や価値観、思想を反映しながら世界に情報発信している
アメリカのCNN,イギリスのBBC,そして中東のアルジャジーラ
などを見ても明らかだ
 
放送が伝えるその国、その地域の価値観が世界に伝わることで
世界に意思を伝え世論のベースとなっていることは間違いがない
その点において中国は大きな危機感を警戒感を持っていた
中国は国内メディアは国家により管理されているが
世界にむかっての中国の姿勢や外交戦略をする上での
情報発信をどうするかが大きな課題ともなっていた
 
その裏返しがこの放送局にかけた費用の大きさだ
中国はCNCの放送のシステムと設備にかけた予算の金額は
なんと800億ドル(6兆8000億円)と膨大な数字である
一概に比較はできないが従業員数では10000人と世界1と
言われる日本のNHKの年間予算は6500億円程度
この数字を見るとまさに驚くべき巨大さと言うことが理解できる
このことで中国は世界への情報発信の重要さをいかに認識しているかが良くわかる
 
しかも行動は迅速だった
情報力が世界を制す
中国は最初からアメリカのCNNをしのぐ
情報発信のシステムを考えていたのではないか?
世界の覇権国が中国へ急速に移行しつつある現在
情報の覇権も一気に狙っているのかもしれない
 
そしてこの放送局でさらに世界の世論を自らの方向へと導いていく
そんな中国の途方もない情報戦略の狙いが現実のものとなってきている

廃校活用

会計検査院調査によると
廃校や休校になった公立小中学校のうち
216校で校舎や体育館などの設備が有効活用されていない
42都道府県の216校は廃校までに国が負担した補助金は104億円にも上るが
廃校後3年たっても有効活用されず放置されているとしている
(日経新聞9/9 夕刊)
 
廃校利用は中山間地域にとっては地域再生の大きな目玉施設だ
今から中山間地域の廃校は人口減少に伴いまだまだ飛躍的に伸びていく
 
現状の廃校利用の形態は
1)都市圏との交流の場(農業、林業体験の宿泊施設)
2)介護福祉施設
3)スポーツ合宿施設
4)加工組合など農業法人
などが大半であるがユニークな新しい動きを見てみたい
 
栃木県那珂川町
高級魚とらふぐの養殖事業をはじめ1000匹出荷した
廃校となった小学校の教室に設置した水槽が養殖の舞台
温泉水でとらふぐを育て稚魚を1年間かけて出荷
里山温泉とらふぐ研究会も設立され地域再生につなげるのが狙い
 
鳥取県湯梨浜町
廃校を水耕栽培の野菜工場として活用
プールに雨水の水をため循環させれば水をまかなえ
校庭には3棟のビニールハウスが建つ
教室は事務所に活用している
物流大手のセンコーがセンコースクールファームとして運営している
 
川崎市
日本初の映画大学が市立小学校の廃校利用で実現する
日本映画大学
来春140名の新入生を迎える
 
以上面白い廃校活用事例をご紹介したが
廃校はどんどん増えていく
しかも増えていくのは中山間地域だ
その廃校を地域活性化の起爆剤として
いかにビジョンを持ち有効活用するのかは
地域の姿勢であり地域の情熱でもある
地域の活性化のシンボルともなる廃校活用が全国に拡がっていくのを期待したい
 

mitsubachi

和食の修行をしたあと、カノビアーノの植竹シェフのもとで
6ヶ月の研修を経てレストランのシェフに・・・
そしてこのレストランオープンと共にメインシェフとして
来たのが福永氏である
 IMG_3560.JPG
まだオープンして5ヶ月
前回は大勢で行ったので料理はあまり覚えていない
今日は3人で予約してお邪魔してみた
彼は和食時代から良く知っていたが
いつのまにか格好も今風になり僕ちゃん顔もすっきり締まってきたように思える
 
場所は宮崎市の3丁目の原田一店堂薬局から路地に入り
明月館本店の隣のビルの2F
エレベーターを降りるともう大人のムード漂う店内
 
スプマンテで乾杯をして
スープに入る
んん! 塩辛い、最初から福永氏にちょっと忠告
イカとホタテと蓮根のカルパッチョ風のサラダ
爽やかでおいしい 
ホタテのジャバラの切り方も新鮮で蓮根と味が良くなじむ
IMG_3562.JPG
下仁田ネギのパスタ
ポテト、肉も入っていてねぎのねっとり感もあり、私の好む味に仕上がっている
IMG_3563.JPG
蕪とタラのスープ
カノビアーノ仕込というのが良くわかる素材を生かした味わいだ
IMG_3564.JPG
子牛のオージービーフにジャンボマッシュルームと銀杏
赤ワインにもってこいのしっかりとした味の深さだ
IMG_3566.JPG
牡蠣と百合根のリゾット
季節の旬感を出しながらさらりと食べられる
IMG_3567.JPG
デザートは2種類出たが
これは珈琲風味のメレンゲと安納芋のモンブラン
芋の触感も良くこれは絶品のデザート
 IMG_3569.JPG
和食と洋食といい意味でどちらもよき師匠に恵まれ修行した福永氏
そんな環境で技術を育んだ若手シェフは珍しい
久しぶりに会った彼は気合を入れて一品一品調理してくれた
そしてそれは成長した姿を十分に私たちに見せてくれた
彼ならではの和食に近いイタリアン
是非日々進化を重ねてさらに開花をして欲しいものである
 
頑張り度 ★★★☆
 
mitsubachi
 
宮崎市橘通り西3丁目2−7アサヒビル2F
電話 0985−25−0123  (月曜休み)
 
 

ガラパゴス化(日本)からの脱却

日本は消費者の目が厳しく、選択基準が独自で
消費活動でも世界から孤立しているとして言われているのが
ガラパゴス化だ
日本の活性化のために努力して築き上げた市場が世界に通用しない
寂しい話である
残念だが、ある意味日本人の唯我独尊の形としての象徴かも知れない
顕著に現れているのが4つの業界である
 
①建設業界
耐震技術は世界のトップレベル
しかし高コスト体質であるため海外での競争力がない
 
②携帯業界
日本の携帯のサービスやメールは世界最先端
しかし世界とかけ離れた進化を遂げたことで世界から孤立しつつある
 
③非接触ICカード
日本の電子マネー市場は急拡大しているが
世界標準と異なる技術を採用している
 
④デジタル放送
日本の地上波デジタルの技術は世界トップクラス
日本方式を決めたのはブラジルだけ
 
今からますます日本は人口が減少し消費も減少する
そんな中でガラパゴス化が進むと日本経済の成長に大変な影響を与えていく
こんな中でユニクロの柳井氏は
日本だけで売れるような商品を作っていたら世界では戦えないと持論を展開、実践している
 
最大のガラパゴス化といわれてきた日本の携帯業界で風穴が開いた
 
スマートフォン市場でソフトバンクがアップルのiPhone を8年に発売してから急拡大
10年には310万台、14年には890万台まで増加すると言われる
 
NTTドコモは韓国サムスン電子と組んでGalaxy(ギャラクシー)を10月に発売
乾坤一擲の勝負に出た
ギャラクシーは韓国で6月に発売し10日間で20万台、アメリカでは一ヶ月で100万台を売った人気商品
ギャラクシーは7型のタブレット端末ギャラクシータブも近々発売
グーグルのアンドロイドを搭載して様々なアプリが使用できる
今後iPad との競争はさらに激化する
 
ガラパゴス化と呼ばれる日本市場で外資の携帯同士で真の対決が始まるのは
まさしく皮肉な構図でもある
日本の携帯メーカーでガラパゴス化に待ったをかけるのはどのメーカーになるのだろう
 
 

ギリシャ

ユーロ危機の発火点ともなったギリシャ
経済危機の現状がどのようなものになっているのかと思い
あえてギリシャを訪れることにした
 
スターアライアンスのトルコ航空でイスタンブール経由アテネ
トルコ航空は初めてのフライトだったが
座席が広く思ったより快適だ
イスタンブールの空港は活気がありラウンジも広くゆったりしている
まさにトルコがBRICsに続く
NEXT11の国だということがこんなことからもよく理解できる
イスタンブールから90分足らずでアテネだ
 
2004年のオリンピック開催で空港、道路、地下鉄のインフラ整備は整っている
ギリシャの雇用は国民の4分の1が公務員
それが給料3割カット、ボーナス無しにされたのだからストも頻発しているらしい
 101126_113640.jpg
まずはシンボルのパルテノン神殿
アテネの街はすべて大理石の上に作られているような街だ
紀元前5世紀
ヨーロッパを支配する一大国家がここにあったのだ
壮大な大理石の柱に悠久の時を想う
ここから見渡す景色は絶景、エーゲ海も見渡せる
アテネの街のメイン地区はシンタクマ広場と観光客が多いプラカ地区
思った以上の賑わいと活気だ
ここにいると経済危機が何なのかわからなくなってしまうほどだ
しかし少し街を外れると空き店舗や落書きが目立つ場所も多く
なんとなく不気味な感じもする
 
エーゲ海のクルーズの出発港がストで別の場所に変更になったが
エーゲ海クルーズの感激は想像以上のものだった

101127_111522.jpgのサムネール画像

白壁にオレンジの屋根、カラフルなディスプレイ、
そしてジャカランダの花も咲き乱れるまさにリゾートそのものだ
クルージングする船のアトラクションも楽しめる
クルージングで出かける島それぞれの特色もまた面白い
そんな島で小ぶりのイカを揚げたカルマルキアやたこをレモンをぎゅっとかけ
白ワインで楽しむとまさにご機嫌な気分
 
アテネに来て感じることだが犬が多いことと、動作が人間以上に鈍いことに
驚いてしまった
 

滞在中もストや自爆テロもあったようだが
ギリシャの風を感じて言える事は、ここにいるとユーロ危機の現実はほとんど見えてこない
しかし財政上の数字から見るとほぼ破綻しつつある国だ
地雷を踏むつもりでやってきたギリシャ
そんな気合いに肩すかしをくらったような気分になった

それほどまでにエーゲ海はあくまで青く、そして空も透き通るような青さ
紀元前から栄えたギリシャ文明にとって
ユーロ危機はその歴史からすると些細なことかもしれないと思えてきた


司馬遼太郎記念館(大阪・八戸の里)

大阪の難波から近鉄の普通列車で15分程度
八戸の里駅で降り歩いて8分程度の何気ない大阪近郊に
司馬遼太郎記念館がある
 
彼は1996年2月12日に亡くなった
ここは司馬遼太郎の自宅で
奥さんの意志でその庭に記念館を建てたのだという
安藤忠雄さんが建築したものとしても有名になった
決して主張せず自然と建物を共存させる
101130_135143.jpg
安藤の建築はまさしく司馬遼太郎の信念を受け継ぐものだ
エントランスのRが自然と調和してとてもいい 


自動ドアが開くとカフェスペースとグッズ売り場
その奥に広がるのはディスプレイされた本の壁だ
もう少しゆったり読書を楽しむ場所も欲しい・・・・
そして奥には映像のホールが続く
 
記念館のそばの自宅では書斎がなくなった当時と
同じ状態にされており
そのまま司馬さんが座って原稿を書いている
風景が浮かんでくるようだ
書斎にはいつも辞書と辞典が500冊以上あり
彼の作家活動を支え続けたのである
101130_135050.jpg 
記念館では本を自宅の廊下の両側にうずたかく、積み上げていたという
蔵書を安藤流にディスプレイツールとして面白く仕上げている
 

ただ映像は少し期待はずれ

国際社会で恥ずかしいほど揺れ動く日本
今の社会にもっと適合するメッセージが聞きたかった
 
彼が生んだ様々な歴史上の人物は
4万冊にも及ぶデータの上に彼が組み立て、力を振り絞って
考え描いた一滴づつの雫達かも知れない
そしてそれは読者たちによって見事にダイナミックに蘇り
日本の歴史と日本人の豊かさを表現してくれているのだ
 
印象に残った言葉が飾ってあった
 
21世紀に生きる君たちへ(抜粋)
 
自然こそ不変の存在
人間は自然によって生かされてきた
古代でも中世でも自然こそ神々であるとした
このことは少しも誤っていないのである
歴史の中の人々は自然を恐れ、その力をあがめ
自分たちの上にあるものとして身を慎んできた
 
おそらく自然に対し威張りかえった時代は
21世紀に入り終わっていくのは間違いない
 
人間は自分で生きていくのではなく
大きな存在によって生かされている
この自然への素直な態度こそ明日の希望となる
そうすれば人間はより一層、自然を尊敬することになるだろう
そして自然の一部である人間どうしについても
尊敬しあうようになるに違いない
そのようになることが私の期待でもある
 
司馬遼太郎は遠き昔に現代の日本のひずみをまさしく看破していたのである