ヒシの実(伊集院静)

全日空の機内誌に毎回掲載されている

伊集院静氏の「旅行鞄のガラクタ」を

いつも楽しみに読んでいるのだが

3月号の文章は自分自身にも当てはまることのようで

大変共感したのでその一部をご紹介したい

何年かに一度、後輩のスポーツ選手や作家から

自分は今の仕事をやり尽くしたので

もう空っぽで何もできない、と聞かされる時がある

その時、私はこう言う

それは断じてない。

人の心身の中にある器は空っぽになることはないのです。

空になるまでやりつくした器にこそ、

想像できないほど素晴らしいものが注ぎ込まれるのです

これ以上もうできない。

そこまでやってみることだ

そこで初めて見るものがある

少し言い過ぎの感もあるが、私はそう信じている

かれこれ30年以上前の話である

当時、私は京都で暮らしていた。

小説を書き始めたころで、一年で数度上京していた。

その上京は2冊目の本が上梓された後で、編集担当者のN君と2人で

銀座の小さな中華料理店でささやかな宴をした。

初めて出版した本には様々な人の思惑もあったが

2冊目の出版ができるとは想像もしなかった。

出版は私より若い編集者のN君のお陰だった。

・・・・・

「N君色々有難う」

「いいえこちらこそ。3冊目を是非書いてください

この調子ならきっといいものが書けますから」

私はしばし沈黙し、正直な気持ちを伝えた

「無理です。自分の中にあったものはすべて吐き出しました。

もう何もありません」

N君は私の言葉に目をしばたたかせた

「そんなことはありません。僕は信じています。」

「N君、そのようなことは私が一番わかっているんです

自分の度量というものをです」

N君は何も答えずうつむいていた

・・・・・

N君は大学を卒業し出版社に入社してすぐに私の担当になった。

作品が仕上がるのを7年待ってくれた。

途中編集長が変わり、あんな遊び惚けている奴に小説が書けるか

上司の言葉にN君はもう一年、もう一年だけお願いしますと

頭を下げ続けた

・・・・

今月のガラクタはヒシの実

琵琶湖の波打ち際に揺れる奇妙なものが目に留まった

同行のスタッフがヒシの実ですね

水辺に生息するんです。ほら尖ったところで水底をつかむんです

夜、居酒屋でヒシの実を置いていると

女将が「あらヒシの実ね。可愛いでしょう。

でもその子は必至で水底をつかんで生きていこうとしているのよね

けなげでしょ。

ヒシの実は草木になることしかできないから頑張っているのよ

だから可愛んだよね」

・・・・

年が明け,N君が京都に来た時

私はヒシの実を出し、自分の不甲斐なさを詫びた。

曙湯(浅草)

生活をするような旅をしたい!

出張するときも、旅に行く時も

私はいつもその土地の風や生活を感じたいと思っている

そんな時にまぎれもなく必須なものは銭湯である

今はどんどんなくなりつつある銭湯だが

その土地、土地ならではの銭湯には人々の生活を肌で感じることができる

 

浅草観音裏に素晴らしい銭湯がある

名前は曙湯

建物の優雅と格調は唯一無二のたたずまいだ

入り口にはこんなタイルが・・・

入浴料 460円

中に入ると天井も高く素敵だ

お風呂は少し熱めだが

座風呂やジェットバス、ジャグジーなどもあり

ゆったりくつろげる

さてお風呂から上がって一杯行くかという気分だ

今日は心も体もどっぷり浅草に染まっている

カテゴリー:

ペリカンカフェ(浅草)

浅草でパンといえばペリカンのパン

そのペリカンのパン屋さんが

近くに2年前にカフェを出した

 

一次は大変な行列だったそうだが

少し落ち着いてきたようだ

朝シンプルなトーストセット(600円税別)を頼む

パンをバーミキュラで焼いているところも嬉しい

パンは焼きたてでとても美味しい!

食欲のない朝は

これぐらいの簡素さで十分だ

 

雰囲気もおしゃれだが

ただ何となく落ち着かないのはなぜだろう

ペリカンのパンからすると

内装が少し軽いのかな?

 

 

シンプル度  ★★★+

 

ペリカンカフェ

東京都台東区浅草寿3−9−11 1F

03−6231−7636

9:00〜18:00

ぬる燗(浅草)

浅草の以前のぬる燗の場所から

近いところに移転したぬる燗へ初めてお邪魔した。

お通しの汁物は

ひき肉と野菜が入っていてさすがの味だ

開運の樽酒をもらい

煮凝りと菜の花の白和えでまずは一杯

樽酒を飲む度に感じる事だが

日本人で良かったと思ってしまう

白和えのソースが秀逸だ

さて次は諏訪泉山廃のお燗と

チューリップを頼む

チューリップといえば近所のペタンクの

定番つまみだが

ぬる燗のご主人さっそくつまみに入れることにしたんだろう

この辺りはさすがだ!

仕上げは神亀とめばちマグロ漬

どちらも王道の味わいだ

ご主人は寡黙で不愛想だが

笑うと笑顔が人懐っこい

酒の選択とつまみの力量は

酒とつまみの質がわかる人のみが味わえる快楽である

 

 

快楽度  ★★★★☆+

 

ぬる燗

東京都台東区浅草3−20−9

03−3876−1421

18:00~0:30 月~土曜

17:00~22:30 日曜

(不定休)

第一回産官学発酵勉強会(報告)

みやざき発酵文化ネットワークは

第一回産官学発酵勉強会を宮崎県工業支援センターで

3月15日開催した

永野会長の挨拶の後

アドバイザーの宮崎大学 河原聡教授

そして宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さんをはじめ

みやざき発酵文化ネットワーク会員全員と

多くの有意義な意見を交換した

我々がお願いしたのは全国でも高いレベルにある醤油、味醂との

県内商品との比較だった

宮崎県食品開発センターの分析結果は

思った以上の県内商品の品質の高さで我々も驚いてしまった

今後の努力次第では十分に全国レベルで戦える商品になると

思ったのは我々だけではないだろう

宮崎大学の河原教授は

発酵の複合商品はアプローチが2つあるのではないか

一つは発酵商品と発酵商品を連携させることだが

これは割合簡単

あと一つは発酵の定義を考えて、

そのうえで新しい発酵の複合商品を作り出すこと

これも考える必要性があるのではないだろうかとの意見だった

全国の豚肉発酵人気商品の食べ比べ

今後発酵企業や様々な会員の意見を聞きながら

多くのデータベースを基に明日の発酵商品が出来上がることを

我々も勉強しながら努力もしていきたい

初めての産官学発酵勉強会だったが

これからも発酵研究のベースになる有意義な会として

続けていきたいと考えている

宮崎大学の河原教授、宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さん

ほか多くの関係者の皆様に感謝を申し上げたい!

みょうが屋(宮崎市)

みょうが屋の岩永氏が

IWANAGA食堂を立ち上げたため

新たなみょうが屋の店長となったともくんこと井坂朋宏氏も

一生懸命で頑張っている様子

 

そんなみょうが屋に久しぶりにお邪魔した

カウンターに座り

アグリアートの野菜をお土産に渡すと

すぐサラダを作ってくれた

綺麗でみずみずしい

まずは白ワイン

カルビを頼む

カルビで赤ワインをじっくり味わう

お母さんも元気のようで良かった

とも君の将来のパートナーの愛想がとても素晴らしい

 

最後はタン塩で

ご飯を軽く一杯

日向夏の切り方も見事

相変わらずみょうが屋は繁盛だ

しかも県外客と外国人がさらに多くなった気がする

これからもますます頑張ってほしい宮崎を代表する焼肉のお店だ

 

 

繁盛度  ★★★★☆

 

みょうが屋

宮崎市末広町1−7−7

0985—28−2302

18:00〜22:00

火曜休み

サユールカフェ(SayurCafe)青島

ホリディイン青島の通りを

挟んだ向かい側にあるお店

中に入ると南国リゾート気分を感じるインテリアで

とてもくつろげる

 

しかもパスタ、ピザ、リゾットのランチが

1050円とはコストパフォーマンスも高い

さて今日はパスタランチ

 

まず前菜が

そのあとのパスタ

アルデンテの湯で加減も良い

ソースも美味しい

珈琲まで付いて

この価格であればたまには青島でランチも良いかもしれない!

接客は普通だが

この雰囲気と料理とCPは優れものである!

 

 

南国リゾート度  ★★★☆+

 

 

サユールカフェ(SayurCafe)

宮崎市青島1−4−9

0985−55−4022

11:00〜22:00

水曜休み

ファーマーズ尾立の実力(綾町)

綾・錦原アースマルシェには

綾の尾立地区で農業に従事している方々が参加いただいた

綾の錦原から見ると展望台があるところが尾立地区だ

初めてお会いした生産者の皆さんばかりだったが

その実績と実力に驚かされた

尾立地区のリーダーは有木農園の有木重昭さん

日向夏をはじめ柑橘類を栽培されている

宮崎から綾に農業で通っていたが、今は移住して綾で生活をされている

尾立地区をまとめ上げる人望も厚い方だ

有機といえば山口農園の山口今朝廣氏

有機農業で35年の歴史を誇る

綾の有機農業はこの人とあると言っても過言ではない

廃菌床とのり面に生える雑草などの炭素分を畑に入れる

これだけのたんじゅん農法で

試行錯誤を繰り返し土が元気な有機農業を作り上げた

この山口さんを慕う研修生も全国から集まり

勉強して巣立っていく

現在宮崎市を含め200件の宅配を毎週行っていると

家族みたいな信頼関係ができて来るという

素朴な人柄に味わいがある方だ

甲斐さんのレモンや西村さんの手作り梅干しもおいしそうだった

レモンは早速買ったがサラダや晩酌にも役立ちそう

やさいとくらしのキムさんと林さんの夫婦

デザインは奥さんが考えたのだという

奥さん手作りのキッシュは完売の人気だった

農法は山口さんを踏襲しているそうだ

奈良から移住してきた米屋さんと

オーガニックのコーヒーの岡野さん

有機名人から新しい移住者まで尾立地区は

新旧織り交ぜながら、新しい時代のこの地区ならではの農業を育みつつある

ファーマーズ尾立の実力とパワーを

綾・錦原アースマルシェでは消費者の方々もスタッフも存分に見ることができた

是非近々、尾立の農業生産者を訪ねてみたい

これからもシンボル的な存在として綾の農業を引っ張っていただきたいものだ

綾・錦原アースマルシェ(報告1)

綾・錦原アースマルシェが3月10日

綾わくわくファームで開催された。

天候はあいにくの雨だったが

本物生産者の皆さんの商品の良さで多くの来場者があり

市価より格安な有機野菜や加工品を買い求めていた

早川農園の人参ジュースの甘さに驚く

ネギディップの美味しさにも感動

早川農園の大野さん

宮崎ゴールドファームの

冬虫夏草入りごぼう茶

山崎社長

綾の尾立地区のこだわり野菜

杉田種苗店の種とガーデニンググッズ

杉田さん親子

ダイワファームの人気のチーズ

大窪社長と息子さん

アグリアートの松本慎一郎さん

野菜がアートのように綺麗だ

レストランコーナーでは

レッドカレーや原木シイタケやトマトのピザ

レストランを仕切るのは浜田さんと高木さん

ステージでは南米フォルクローレのインティが登場ほか

野菜ソムリエの鋤田さんの野菜講座や

ガハハおじさんのチーズ講座も大協評

屋外ではポニーの乗馬体験も

雨にもかかわらず多くのお客さんに支えられて

第一回綾・錦原アースマルシェを無事に成功することができました

売り上げも予想以上だったとか?

綾の有機野菜や本物商品を含め県内の様々な良いものを

これからも集めていき、さらにグレ—ドアップを図っていきます

また次回の開催をお楽しみにしてください!

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

あらしだ(国富町)

宮崎から県道17号線を国富のほうへ行くと

式部館という物産館の手前に看板が見える

看板を目印に左に曲がり

道なりに行き、途中で山側のほうに左に曲がるとすぐ

古民家を移築して建てられたという

当初は炭火焼きのお店だったが

懐石のお店として12年前にオープンさせたのが加藤さん

加藤さんは3年前に料理長だった神崎氏に譲り

お店を手伝っているのだそう

今日はお昼の和食プレート

豆乳茶碗蒸し


おにぎりとカブの餡掛け

に野菜料理と人参の天婦羅とろろ掛

味は薄味で関西風

神崎氏は京都で修業されたというから納得

これで850円(税別)だと気軽に来れる感じ

四季折々の自然を感じるのが良さそうだ

2Fも見せてもらったが

隠れ家的でとても良い

たまには田園の古民家でほっとするのも悪くない

田園度  ★★★++

隠れ家茶房 あらしだ

宮崎県国富町嵐田551

0985-75-6755