マンゴーカレー(千疋屋・日本橋)

宮崎完熟マンゴーのルーツである
西都市曽我一敏さんのマンゴーが収穫の最盛期を迎えている
先日お邪魔してきたが
家の中までトロピカリな香りがいっぱいだった
曽我家でいただくマンゴージュースは
牛乳とマンゴーを混ぜたものだがこれはうまい
IMG_6689.JPG 
マンゴーは樹上で熟し自然落下したものをネット袋でキャッチし収穫する
今年は5月4日に初の落果が始まり
それから1が月ぐらいたって最盛期を迎えるのだ
その完熟マンゴーの中でも
重量350グラム以上、糖度15度以上、形などの
厳しい基準をクリアーしたものが
「太陽のタマゴ」という最高のブランドとなる
曽我さんの話で面白い発言があった
マンゴーを栽培しだしてもう28年ぐらいだが
90%ぐらいまではわかるが後の10%はまだわからん
子育てより難しいと笑って言っておられた
マンゴーの名人が言う言葉だけに深いものがある

さて、この「太陽のタマゴ」は東京日本橋にある千疋屋本店でも
販売をしている
今年は販売だけではなく
レストランメニューに新メニューが期間限定で登場した
宮崎産 完熟マンゴーパフェ (2625円)
マンゴーをふんだんに使用しており
少し高いがそれだけの価値があるパフェだ
ぜひ食べていただきたい
 IMG_2656.JPGIMG_2655.JPG
ここのあと一つの名物メニューは
スペシャルマンゴーカレー(1260円)である
完熟マンゴーの皮をむきフードプロセッサーですりつぶし
香辛料で煮込んだチャツネと合わせて混ぜ
玉ねぎをじっくり煮込んだカレールウを混ぜ合わせ
華やかでトロピカルなマンゴーカレーが出来上がる
南国の香りがいっぱいの甘酸っぱいカレーである
梅雨の長雨が続く中一足早く宮崎の太陽を感じていただきたい
1Fのカフェでも同じメニューがあるが
ぜひ2Fのレストランでゆっくり堪能してください
 
トロピカル度  ★★★☆
 
千疋屋日本橋本店