影裏(沼田真祐)

第157回芥川賞は沼田真祐氏が書いた
「影裏」が受賞した。
この作品は5月に文学界新人賞も受賞している
 
主人公の私と友人日浅氏の物語
冒頭の美しい岩手の自然と釣りの描写は印象的だ
 
人間の持つ一貫性とブレみたいなものが
上手く描かれている
 eiri
日浅の性格を表す
「何か大きなものの崩壊に感動しやすくできていた」
これが受賞作のキーワードだろう
 
釣りの話かと思えば
途中にLGBTの世界が描かれていたり
東日本大震災まで出てくる
そして日浅氏の親父から開かされる彼の正体
「息子なら死んでいませんよ」
という親父の言葉からは続編も期待できる
 
日本酒の話が出てくる
鮎をつまみに田酒、南部美人が話に出てくるのも
個人的には大変嬉しい
 
全体的な描写の中に
重要な情報をちりばめるテクニックは
新人とは思えないうまさだ
 
物語の底流に流れるものは崩壊なのだろうが
いったい作者はこの作品で何を描きたかったのだろう
読んだ後に重たい空気感が残る
次回は私と日浅氏の続編も含めて
長編も読んでみたい

ボストン・ダイナミクス

まるで映画でロボットを見ているようなリアルな動き
そんな思いを抱かせるほどの驚異的なロボット技術だ
 
このようなロボットを次々と開発、製作しているのが
ボストン・ダイナミクスだ
ロボット技術では世界一という評価もあるほど
 
MIT(マサチューセッツ工科大学)の研究室
レッグラボの創始者であるマーク・レイバート博士が
スピンアウトしてアメリカで起業したのが始まり
 
4足歩行、2足歩行のリアルでユニークなロボットを開発している
今までにボルトより速く走れるロボット
山を歩いたり、押しても倒れないロボットも開発している

 家の階段を上り下りすることも出来50k程度の荷物も運ぶことが出来る

 
車輪と脚を組み合わせたようなロボットは実験だという
体重を分散させる動きやジャンプやの持つを運ぶことも可能で
バランスのとり方は思わずロボットと思えない精度だ
 
これであれば将来の高齢化の見守り、
あるいは過疎の中山間地域の家庭用ロボット
産業用では建設現場など様々な現場の
大きな可能性を感じてしまう
 
スマートロボティクスは情報革命の次のステージで
重要な推進役であるだけに
この会社の重要性はますます大きなものになるだろう
 
この会社は起業時から注目を集め
2013年12月グーグルに買収され
2017年6月にソフトバンクグループに買収された
日本の少子高齢化対策には
様々な産業でスマートロボティクスの活用は必然だ
次の時代を担うスマートロボットの大きな可能性に期待したい!
 
 

麺フリーク(京都編)

京都駅近くにある名物ラーメン店2軒
面白いのはどちらのお店も隣同士な事
誰もが知っている京都を代表する超有名店でもある
 
 
本家 第一旭たかばし
 
相変わらずお客さんは行列でひっきりなし
東南アジアの観光客が増えたため
ここの行列もますますひどくなる一方だ
ラーメンを注文
 IMG_6946
スープはあっさり味なのだがなぜか旨味の力がない
チャーシューも豚臭さがとても気になる
久しぶりに食べて
残念だが味が落ちていることを実感する
 
しかしあれだけの注文を間違わない
店員の接客は立派だと思う
 
 
行列度   ★★★
 
 
 
新福菜館
 
ここの京都ブラックとでも言えそうな
黒いラーメンは見た目ほどくどさも辛さもない
 
ただここの神髄はラーメンではなくチャーハンだ
九条ネギとチャーシュー、卵が具材で
スープの醤油味で炒められたチャーハン
IMG_3619
出てきたときの色黒のビジュアルに
少し怪しさを感じるのだが
一口食べると香ばしい味が癖になる
まさしく禁断のチャーハンである
 IMG_3622
ここではチャーハンと小ラーメンのセットが
ベストの注文だ!
 
 
怪しい禁断度  ★★★☆
 
 

鳥の木珈琲(京都)

京都新聞社横の夷川通
ひっそりとたたずむカフェがある
IMG_6961
中に入るとこじんまりとした空間だが
とても落ち着ける
 
ブレンドを飲みながら癒しの時間を過ごす
穏やかな味わい
 IMG_6964
2014年にオープンし
ひそやかに口コミで人気が出てきたお店
止まり木のようなほっこりカフェだ
 
京都には独自の珈琲文化が息づいている
そんな場所に新しい形での
コーヒー文化も生まれてきている
嬉しいことだ!
 
 
ほっこり度  ★★★☆
 
 
鳥の木コーヒー
 
京都市中京区夷川通東洞院東入る山中町542 モア御所南 1F
10:00~18:00
水曜、第3日曜休み

伏見稲荷大社(京都)

京都駅から奈良線に乗って5分ほど
稲荷駅で降りるとすぐ参道がある
 
ここが全国に約8万社あると言われる
商売の神様と言われる稲荷神社の総本社だ
 IMG_6949
外国人旅行客の日本の観光スポットランキングで
2014年から3年連続第一位を獲得している
理由は
千本鳥居のとても日本らしい風景
拝観料が無料
山全体をウォーキングすることで健康にも良い
 
今日も朝から外国人が多い
楼門をくぐり稲荷山に登り始めると
千本鳥居が現れてくる
IMG_6952
この千本鳥居、約一万基もあるそうだ
山の中腹から眺める京都の風景も心を穏やかにさせてくれる
途中途中にお茶屋さんがあるのも嬉しいサービスだ
30分ほど歩いてようやく山頂へ
 IMG_6957
帰りは違う道から降りたが
思った以上に良い運動になった
外国人に人気なのもうなずける
ただあまり人が多いせいか
スピリチュアルな雰囲気があまり感じられないのは残念だった