大吟醸を楽しむ会と弥勒菩薩

2月イギリスのロンドンに着いた日。

その日に保険のルーツといわれるロイズグループの株が一日で35%急落した。
まさしくシティを歩きながら世界金融危機を肌で実感した日となった。
つい半年前まではロンニーといわれる人々(ロンドン←→ニューヨークを
プライベートジェット機で行き来する人)が多かったが影も形もなくなったようだ。
初めて大英博物館に入り、スケールの大きさ、
19世紀、世界の覇権国であった大英帝国の凄さを改めて実感した。
ある仏像の前でしばらく釘付けになってしまった。
その仏像から発する癒しの気がとても体全体に心地よく、
なぜか外国で仏像を再認識した瞬間だった。
いつも5月頃になると、
大吟醸のデザインテーマを考えるが決めるまでが大変苦労する。
今年は帰国して間もなく、仏像が色んな媒体で特集され
阿修羅展の東京展示会も予想を上回る混雑ぶり。
しかも若い女性が多いという。
どうも仏像の今のトレンドが来ている気がする。
そんなことを思いながら、
大吟醸と仏像のリンクが出来ないかと考えるようになり
様々な仏像を調べたどり着いたのが

弥勒菩薩

あの謎の微笑は気品高く、また男性でもなく女性でもない。
人間と神様の中間の存在で国宝第一号の人気菩薩である。
おこがましいが「弥勒菩薩に日本酒の素晴らしさを堪能していただきたい」と考え
早速、無限グラフィックスの江藤くんにイラストをお願いする。
だめ出しを何回か行い、やっと完成したのがこのイラストである。
弥勒菩薩半跏思惟像.jpg
お酒を堪能されている姿もまた美しい。
 
これを福岡のムーディックノイズの丸山君にデザインを依頼し、
出来上がったのがチラシとチケットである。

チラシ
チラシ.jpg

チケット
チケット.jpg


チラシの写真は私の前の部下で頑張っていた多田恵理子(旧姓 有馬)くんに
苦労してヨーロッパで撮ってもらったものだ。
多田夫妻はパリを拠点に剣道の普及のためヨーロッパ各地で奮闘中である。
 
いろんな方々の努力のおかげで今までとは別格のイメージで完成させることが出来た。
日本酒を世界に広げるには格好のビジュアルではないかと思う。
大吟醸のチケットはもう完売らしいが
本番のステージデザインも是非期待していただきたい。
 

ムーディックノイズ http://www.moodique-noise.com/

無限グラフィックス http://bambi-produce.cocolog-nifty.com/blog/