生頼範義(おおらいよしのり)展

宮崎市の宮崎アートセンターで
イラストレーションの奇跡ともいえる
生頼範義展が3月23日まで開催している
今日はアートセンターでこのイラスト展を見ることに
忙しい中、責任者の石田達也さんが案内をしていただく
この企画をやろうと思って、彼らスタッフが2年がかりで実現したと言う
生頼範義は1935年兵庫県明石市生まれ
1962年 書籍の装画や挿絵、新聞広告のカット制作などを手掛け始める
1973年 奥さんの実家である宮崎県宮崎市に転居、アトリエを構える
1980年 スターウォーズ 帝国の逆襲 国際版ポスターで世界的に注目を浴びる
2013年11月6日 宮崎県文化賞 芸術部門受賞
私もスターウォーズやゴジラのイラストを描いた人が
宮崎に住んでいるとは聞いていたが、どんな人かはほとんど知らなかった
ファンにとってはプライベートはベールに包まれた人だけに
全国から展示会の問い合わせが相次いでいると言う
IMG_9658
宮本武蔵や日本沈没のイラストでもおなじみだが
私が感動したのはたばこのホープのイラスト
アメリカの町並で若い男性がホープを吸っているイラストだが
まさしく写真みたいな精度がある
石田さんが言うにはこのシリーズや広告などは彼にとっては息抜き
自分が考えなくて良いからだと言う
その仕事の速さは超人的だったようだ
スターウォーズや戦争シーンのイラストは資料を買いあさり
その図面から自分なりに研究をして、角度を決めて船や情景を書き上げていったと言う
図面からすべてを書き起こすことができる
まさしく人間CADのような人らしい
ジョージルーカスが生頼範義のイラストを見てこれだと思い
自ら指名して作らせたスターウォーズのポスター
想像をはるかに超えた奇跡の創造の作品展である
いつもはアトリエにこもりっきり
出てくるときはご飯を食べる時と眠る時だけの生活
奥さんでさえも何をしているのか知らないそうだ
2011年までに書き上げたイラストは数千点にも及ぶ
今回はその序章ともいえる約300点程度が展示されている
アートの財産が眠っていると言っても過言ではない
今後の研究と次の展示会が今から楽しみである