至福ポイントという罠

マクドナルドの異物混入など
ファストフード業界や加工食品業界に対しても
消費者の目もいっそう厳しさを増してきている
 
2010年食肉汚染の調査報道でピュリッツアー賞を受賞したマイケルモス
3年半の綿密な調査の元に書き上げたのが
『フードトラップ』 という本だ
DownloadedFile 
アメリカの国民の18歳以上のうち
BMI130以上の肥満体はなんと33%もいるようだ
日本人は3%だという
 
その理由は何なのだろうか?
世界の加工食品業界は人々の欲求を満たしてきた
料理にかかる手間を省き気軽に安価に人々の空腹を満たしてきた
加工食品業界が利用してきたのが
塩、糖分、脂肪の3つだ
加工食品はあらゆるデータを下に
この3つを綿密に組み合わせることにより
商品を設計し世の中に送り出している
それは多くの消費者にもっと食べさせ
もっと買わせる食品兵器として機能してきた
 
その代償が肥満化をもたらし心臓病、高血圧、がんなどの
重大な病気を増やし、社会コストを膨張させ続けている
 
加工食品は製造する過程において
苦味や渋み、金属味などがどうしても付いてくる
それを隠すのに利用されるのが3つの材料だ
塩、糖分、脂肪
この3つのうち至福ポイントがあるのが糖分
 
至福ポイントとは
食べ物や飲み物に糖分を加えたときに
最も美味しいと舌や脳が快感を得られるポイントのこと
 
しかも糖分は脂肪と組み合わせると
相互作用によりさらに魅力を増す
そして都合の良いことに脂肪には至福ポイントは存在せず
多く入れれば入れるほど
脳は快感を経て恍惚感に浸るのだ
 
怖いことにこの3つの塩、糖分、脂肪を摂取したときの
脳の神経回路は
麻薬を摂取したときの神経回路と同じであることが判明した
だから食べても食べてもまた食べたくなるという特徴がある
つまり3つの成分を利用することで
際限なく食欲を誘う安価な加工食品が完成するのだ
 
たとえばポテトチップス
まず表面の塩が舌を魅了し
脂肪は噛んだ瞬間のサクサク感をもたらし
口の中の脂肪分に対し脳からは快楽信号が送られる
ポテトチップスには糖分も多い
芋のデンプン、正確にはグルコース(ブドウ糖)だ
デンプンは砂糖より早く吸収され血糖値が急上昇し肥満にかかわってくる
消費者がポテトチップスをやめられない理由は
科学的に証明することができる。
 
意外だったが
脂肪の多さはチーズと牛肉の赤身が抜きん出て多いそうだ。
 
私たちの周りには多くの加工食品が出回っている
安い、早い、旨い
自分なりの防御体制を考えないと
簡単にフードトラップという罠にかかることになる
自分の健康を守るためにも一読しておきたい本である
 
最後にあと一つ気になることを・・・
日本の穀物輸入のうち半数以上の1600万トンが遺伝子組み換え作物のようだ
国内で使用するとうもろこしの80%
大豆の83%を遺伝子組み換え作物に依存している
日本の畜産の飼料のほとんどが遺伝子組み換え作物だ
つまり人間も肉を通して遺伝子組み換えを食べている事実だ