奥田政行シェフ 延岡の賞味会

2月27日延岡市のエンシティホテル延岡で

食の都庄内の実現にご尽力された

奥田シェフと元山形県副知事の高橋さんをお迎えして

セミナーと食事会が開催された

元山形県副知事の高橋さん、奥田シェフ、宮交の菊池社長

食事会は県北の食材を中心に

奥田シェフらしい素材の味を生かす料理の数々だった

日本には3つの素晴らしい牛肉がある

それは岩手の奥州牛、飛騨牛、そして宮崎牛だと

宮崎牛の脂はさらっと溶けていくような感覚がある

との言葉に皆さん拍手だった

 

さて料理は大根のブルーテスープ

五ヶ瀬ぶどうカンパチ血合いのタルタルと宮崎キャビア

トマトの冷たいカッペリーニと炙りたまたま

空飛ぶ新玉ねぎ90度炒めとダイワファーム一年熟成チーズ

これには都農ワインのシャルドネアンフィルタード

空飛ぶ新玉ねぎの茎のシェリーマリネとひむか本鯖の湯上げ

 

白菜と真牡蠣の柚子煮込みと春巻きのカレー風味

宮崎魚介のトマトソースフレーグラ

猪のローストとほうれん草の温度調理

豚の赤ワイン味醂煮込みとチーズリゾット

日向夏とダイワファームのリコッタチーズのクリーム

アカシアのはちみつがけ

これからも食の交流を通して

地方の食文化が地域再生の大きな切り札となっていくことを祈念したい

高木支配人他関係者の方々に感謝申し上げたい

有難うございました

一つ心配なのは奥田シェフのお腹が少し出てきたことだ!