日南娘(宮田本店)日南市大堂津

秋晴れの素晴らしい青空の下

日南市大堂津にある日南娘醸造元である宮田本店にお伺いした

今は仕込みの真っ最中

これが原料の甘藷

話を聞くと今年は程々良いものが収穫できているそうです

焼酎の発酵は麹に米と水を加え発酵させたもろみに

甘藷を仕込み発酵熟成させ、それを蒸留したアルコール飲料

仕込んだカメを見せていただいた

銀の星のかめ壷、鵜もの皮を全て剥いて作るので都会的な味わいとなる

綺麗な黄色が銀の星

少し芋の形も見えるのが日南娘

芋の形も少し見える、これが日南娘のカメ壷

人気の日南娘の20度ブルーラベル

そしてこれが第一次もろみ

第一次もろみ

蒸留をやっている8代目の宮田健也氏

蒸留はアルコールの沸点が78度の特性を利用している

アルコールだけが蒸発され、その蒸気を冷やして

液体に戻すとアルコールの高い液体が出来上がる

その最初がはなたれとなる

これが日南娘のはなたれだそう

宮田本店8代目の宮田健也氏

商品化はされていない

今年仕込んだ焼酎は来年の2月に出荷が始まる

そして6月に黒麹が出荷されるそうだ