小平奈緒と相沢病院

平昌オリンピックでの日本選手の活躍は

目覚ましいものだった。

その中でも私が最も注目したのは小平奈緒選手だった。

 

所属は長野県松本にある相沢病院というのも珍しい

相沢病院は神様のカルテのモデルとしても知られている病院だ

また地域医療の先駆者ともいわれている

 

こんな感動のエピソードがある

20093

何とかなりませんでしょうか?

信州大学時代にけがの治療を受けた小平が

大学の結城匡啓監督と共に支援をお願いに行った

2人をサポートしてくれる企業は困難を極めていた

相沢理事長は高いお金は出せないけど、

結城さんの指導を受けて競技を続けることぐらいならなんとかできる

と話をさせていただいたという

 

2014年ソチの敗北から

オランダのスケート留学を決断したときも

相沢病院からの協力あってのことだった

病院としての対応は海外長期出張扱いにしたそうだ

2年間オランダのチームで活躍したときに

オランダのコーチからフォームをアドバイスされた言葉が

「怒った猫になれ」

この言葉で小平は飛躍した

以来めきめきと力をつけていき500mでは

25連勝の記録を続けていた

 

絶対本命と言われ続けた女子スケート500m

重圧に打ち勝ちオリンピック新記録となる3694をマークした

驚いたのは小平の取った行動だった

観客の歓声に次の走者のために

場内の観客に鎮まるように求めたジェスチャーだ

 

イ・サンファが最後の走者となった

小平のライバルとしてまた親友として

互いの家へ食事を招待したるする間柄だという

イ・サンファはオリンピック3連覇をかけて臨んだ

結果は第2

試合終了後の小平がイ・サンファを

抱きかかえながらのウィニングランは

見る者の心をとらえて離さなかった

 

一生懸命に頑張るスポーツ選手を応援してあげたいという

相沢病院の心意気と

素晴らしき小平奈緒の人間力に頭が下がった!

 

平昌オリンピック開会式

オリンピックの開会式はいつも大変興味がある

国を挙げての開会式だけに力が入っている

時代背景を考えた演出やトレンドなども見逃せない

さらに2018平昌から

2020東京、2022北京とアジアのオリンピックが続くのも興味深い

 

平昌の開会式の総合監督は

NANTAのプロデューサーのソン・スンファン氏

NANTAはキッチンという舞台で

包丁やまな板などのキッチン用具を楽器として使う

パワフルなパフォーマンスで世界中で1000万人の観客を集めたという

それだけに個人的にも注目をしていた

テーマは「ピース イン モーション」

 

カウントダウンの後、定刻になると

映像は中央の鐘に光が走り上院寺の鐘が鳴らされた

 

ストーリーテラーは5人の子供たち

平和という答えを探し求めていく冒険だ

 

圧巻だったのが女性によるサムルノリ

強烈な太鼓のリズムが会場に響き渡りとてもクールだった

 

KPOPが流れる中での選手入場は元気が良く華やかだった

ドローンによる5輪マークは見事

なんと使用したドローンは1218台だという

 

人間と長方形の窓をたくさん制作して 

窓は未来のことらしいのだが

私にはスマホと人間のかかわりあいのようにしか見えなかった

 

聖火台は朝鮮白磁をモチーフにしたという

聖火台には予想されたキムヨナが・・・・

点火方法もユニークだったが予想の範囲内

 

スケールが大きく壮観だったが

なんとなく花火を乱発し過ぎで少し退屈な開会式になってしまった!

 

進化を遂げたみまパンチ!

121日に行われた全日本選手権

伊藤美誠(みま)の圧倒的な強さが際立っていた

 

準決勝は石川佳純

1ゲーム目を簡単にとった石川が守りに入った

2ゲーム目から伊藤の独特のフォアハンドスマッシュが

入るようになる

結果は4-1で伊藤の勝利

石川は試合後

「弱気の虫が自分に出て負けた

伊藤のスマッシュはものすごく良かった」

と話した

 

決勝は2年前に04で完敗した平野美宇とは

17歳同士の共にライバルとして戦ってきた相手

 

伊藤の怒涛の勢いは決勝戦でも続いた

動く卓球への進化を遂げ

鍛え上げたフットワークと反応の速さと

思い切りの良い強気の攻めが

ことごとく平野を圧倒した!

みまパンチの威力を存分に見せた試合となった

結果は伊藤の4-1の完勝だった

 

解説の福原愛は

伊藤選手は準決勝からゾーンに入った感じだった

反応の速さと思い切りの良さが素晴らしいと褒めたたえた

 

愛ちゃんにあこがれ、石川の背中を目指して

頑張ってきた伊藤美誠

誰もが見てもワンランクアップした伊藤の独自スタイル

「いつでも、どんな場面でも、だれが相手でも強気に!」

さりげなく言う伊藤選手の言葉に

東京オリンピックのメダルへの道が

期待から現実へと近づきつつあるのを感じている

 

 

サンシャイン宮崎ライド2018

いよいよ日南海岸サンシャイン宮崎ライド2018
のエントリーがいよいよスタートした

ナビゲーターは久しぶりに白戸太郎さん

MCは平野由香里さんの強力コンビだ!

 

日程は春本番の42122日に開催される
前夜祭の霧島ナイトは宮崎観光ホテルで開催

霧島の焼酎と絶品料理で宮崎を楽しもう

 

本番の宮崎ライドのコースは
サンマリンスタジアムから日南海岸―飫肥城までのショートコース75キロ
ロングコースは飫肥城からだらだら坂で苦しい田野の山越えを通り抜け

運動公園に帰っている125キロのコースとなる

 

エイドポイントのグルメは地鶏の炭火焼きや
日南名物の魚うどんや飫肥天を味わいながら

地元の方たちとのふれあいもお楽しみに!

早めのエントリーお待ちしています

詳しくは

http://great-earth.jp/miyazaki/miyazaki_gaiyou.php

 

 

 

広島カープ連覇~無形の財産の継承~

今年の広島カープは黒田が抜け
どうなるかを全国の野球ファンは注目していた
 
昨年の11月大分県湯布院のリハビリキャンプで
新井選手は
「黒田選手の野球勘、考えはチーム全体に染みこんでいる
助け合ってチーム一丸でやっていく」
 
2017年広島の精神的支柱は
黒田博樹投手が抜け、新井貴浩選手だけとなった
その開幕戦
4番に座った新井選手は広島カープ今季初となる
ホームランを打った
そして7月7日ヤクルト戦で代打逆転3ランという快挙を成し遂げた
まさしく広島の精神的支柱だという事をみんなに見せつけた
 
新4番に座った鈴木誠也が
7月スランプに悩むときも新井選手は
「気にせずやればいい」と温かいアドバイスを送った
その7月23日Dena戦で鈴木は右足を骨折
その代役をしっかりと松山が果たした
 
投手では黒田の穴を藪田や岡田が埋め
打撃では鈴木の穴を松山や丸がしっかりと埋めた
またドミニカ共和国カープアカデミー出身のバティスタが
6月史上初のデビュー戦から
2日連続代打アーチという記録を打ち立てた
走攻守のバランスの良さに加え
広島の強みというべき層の厚さがうかがえる
 
素直に思う事だが
黒田選手の最後の2年間
広島に残して行った無形の財産は素晴らしいものがあると思う
チーム一丸となる一体感
勝つためには何をしなければいけないのか?
それを選手自身よく理解してやれている
それがチーム全体に黒田イズムとなって継承され、進化を遂げている
 
緒方監督の胴上げ後
40歳の新井選手が胴上げされた
まさに広島カープの精神的支柱であることを物語っている
緒方監督が頼もしい選手たちだと称賛したことも
選手個人個人の進化を感じさせる
 
緒方監督が昨年の誕生日に話した
「忘れ物を取りに行く」
その戦いがいよいよ始まる!
 

マジェスティック社がトップシェア

プロ野球も後半戦に入っている
セリーグは広島の勢いが続く
パリーグも楽天が快走を続けている
 
さて今日は視点を変えてプロ野球のユニフォームに
注目してみたい
この日本のプロ野球ユニフォーム市場に
今勢いと輝きを見せているのがアメリカのマジェスティック社だ
 
マジェスティック社はアメリカペンシルベニア州が本社
2005年からアメリカメジャーリーグの全30チームの公式ユニフォームを
製造することを認可されている唯一のメーカだ
 
このメーカーが今日本市場に注力している
楽天が2014年から
ソフトバンク、西武、ヤクルトが2016年から
ロッテが2017年からと契約を結び
一挙に日本のプロ野球のユニフォームサプライヤー市場のトップに躍り出た
 
マジェスティック社の強みは
レプリカユニフォーム等のグッズをファン層をターゲットに
売っていくのが強み
これはメジャーリーグで培った経験が生きているのだろう
変更したチームは成績が振るわなくても
グッズの売り上げは好調のようだ
 
しかしマジェスティック社には危機感もある
メジャーリーグとの独占契約は2019年まで
2020年にはアンダーアーマーが独占プロバイダーになる事が確定している
 
アンダーアーマー社は巨人と2015年5年間で
総額50億円という大型契約を結んだことは大きな話題となった
2020年を見据えて
日本をターゲットにしているようにも見える
 
マジェスティック社それを迎え撃つ日本のメーカー
そしてアンダーアーマー社と
今後日本プロ野球のユニフォームサプライヤーを制する物はどこになるのか
これからも大きな戦いの時代が待ち受けている

魔女の微笑み

マスターズの決勝ラウンドは息もつかせぬほど
面白い戦いだった
ジャスティン・ローズ、セルジオ・ガルシア
どちらも1980年生まれ
 
特にジャスティン・ローズがリードしての
後半からの戦いでは一騎打ちとなったが
それでもお互いのナイスショットをたたえあう姿は
素晴らしい友情とライバル意識を観客に見せつけた。
ゴルフは素晴らしいスポーツだと思った人は私一人ではないだろう
 
ジャスティン・ローズは13番をポイントとして挙げた
自分は1.5mのバーディパットを外し
ガルシアは第一打をハザードに入れながらパーを拾った
14番ガルシアがバーディ
15番ではガルシアがイーグルで並ぶ
そして16番から微妙にジャスティン・ローズのパットがずれはじめる
ガルシアも手が動かずパットが入らない
 
プレイオフの第一打をジャスティン・ローズがミス
第2打は出すだけ
第3打でのせるがパットも決まらず
ガルシアが第2打のアイアンが会心の当たりでグリーンへ
下りの3mのパットをねじ込み優勝を決めた
 
神の子と言われ
19歳でプロ転向後タイガーウッズと全米プロで戦い第2位となり
メジャー優勝はすぐと言われた
しかしそれから18年間苦しみぬき
メジャーにも手が届かなかった
それを知りぬいている観客はほとんどがガルシアの応援だった
 
奇しくも4月9日はセベ・バレステロスの誕生日
その日にスペイン人として3人目のチャンピオンが生まれた
オーガスタの魔女は
素敵なプレゼントを観客とガルシアに与えてくれた。
 

稀勢の里、不屈の魂!

先場所の千秋楽で
白鳳をすくい投げで破った一番に対して
稀勢の里は
「あんな相撲、たぶん15年相撲を取って一回もないかもしれない」
と話した。
この大一番で優勝し横綱昇進を決めた。
 
横綱の目標は色紙に「平常心」と書いた
 
様々なお祝いの行事が続いたが
稀勢の里は奢ることなくけいこを続けた
けいこの立ち合いで顔面を負傷しても
これは怪我には当たらないと平然としていた
まさしく平常心である。
 
今場所の稀勢の里の相撲は
一段と横綱の風格が出ていたように思う。
 
ただ13日目に左肩付近を痛めたときには
今場所の優勝は風前の灯となり
ファンの後押しがあるから出場するといった
14日目の鶴竜戦では一方的な完敗!
誰もが今場所の優勝は無理だろうと思った。
しかし最後には大きな劇的なドラマが待っていた。
 
ここからが今までの稀勢の里とは大きく違った
千秋楽では左肩の力がほとんど入らない中
照の富士を破り優勝決定戦へ
 
そして優勝決定戦の大一番では
またもや照の富士を破り奇跡的な優勝となった
見えない力が働いた
そんなことを感じさせる戦いだった。
日本全国の相撲ファンを含め
稀勢の里が流した涙に日本人全体が感動した。
 
良くスポーツは気持ちが大事だといわれるが
稀勢の里の不屈の魂が
勝ちを呼び寄せたのだと思う
まさしく神がかり的な勝利
稀勢の里にまたある種の凄みが備わった!
 
信念を持って努力を続けていればいつかは報われる
そんなことを再度教えてくれた価値のある稀勢の里の優勝だった!
 

女子フィギア 次世代女王の争い 

3月16,17に台北で開催された
女子フィギアジュニアにはこれからの女王争いを
暗示する大会であったとも言える
 
本田真凛
昨年大会の優勝から連覇を狙う!
フリーの演技の曲は
ロミオとジュリエット
彼女の特徴はジュニアとは思えない程、
身体の動きが魅力的で
大人の色気を感じさせる豊かな表現力だ
ほぼ完璧な演技で
難なく200点を超える大台超えを果たした
 
フリーでも第一位のザギトワ(ロシア)
まだ14歳
昨年から急激に伸びて来た選手で
層の厚いロシアの選手層から
昨年彗星のごとく現れて来た
 
後半に集中させる怒濤のジャンプ
しかも両手を上げてジャンプする難度の高いジャンプで勝負する
曲はドンキホーテ
後半のジャンプは圧巻だった
スピード、踏切りのタイミング
そして身体能力の高さ
これらが一体となってまるで機械のような正確さで
ジャンプを成功させていく
総合得点は208.6という
ジュニア女子歴代最高得点をたたき出した
 
今回の大会を見て感じることは
近い将来この2人が
女子フィギアの世界を引っ張って行くことになるのは間違いないだろう
2人にはそれほどのオーラを感じてしまった。
本田真凛の豊かな表現力
そしてザギトワの正確さと華麗さ
今後の女子フィギアの世界がまた楽しみになってきた!
 

グレイトアース宮崎ライド2017(報告)

グレイトアース宮崎ライドは3月12日
北海道から沖縄までの全国のライダー
そして台湾・香港からのライダー682名のエントリーで開催された
毎年春に開催しているが宮崎ライドは日南海岸が走れる魅力もあり
徐々に認知度が上がり
順調に参加人数を伸ばしている
 
前夜祭として開催されたKIRISHIMAナイトは
霧島の鏡開きでゲストの山本隆弘氏が乾杯
 IMG_6312
パーティには現役自転車オリンピック代表の
渡邉一成氏も参加し
オリンピック裏話を山本隆弘氏とのトークショーで
盛り上げてくれた
台湾からも人気サイクリスト夏美さんほか
11名のメンバーも参加
パーティを堪能していただいたようだ
IMG_6316
前夜祭の会場でしか飲めない霧島の限定酒が大好評だった
IMG_1835
 IMG_6325
アトラクションでの
全日本で三度優勝している響座の太鼓は圧巻で
参加者が感動して鳥肌が立ったというほどだった
彼らの太鼓には魂を震わす力と元気をもらえる何かがあると思う
 
さて一夜明けた早朝は穏やかな晴れ
スタートセレモニーでは戸敷正市長が歓迎のごあいさつ
ゲストライダーの紹介の後
スタート
 IMG_1864
IMG_1870
IMG_1866
 
IMG_1857
渡邉一成氏のバイクは160万だそうだ
IMG_1877 
道の駅フェニックスから見る朝日が奇麗だ!
 
各人のペースで日南海岸の絶景とグルメを楽しみながら
サイクリングを楽しまれていた
特に鵜戸神宮エイドの魚うどんや
 IMG_6338
道の駅坂谷のヨモギまんじゅうやでこぽんは大人気
 飫肥城では飫肥天と豚汁とおにぎりの昼食
 IMG_6349
飫肥からは北郷経由の山越えのきつーいだらだら坂
ここの難関を突破すると道の駅田野で
ぜんざいとお漬物が待っている
 
運動公園では地鶏の振る舞いも行われ
完走したライダーたちも舌鼓を打っていた
IMG_1880
  ロングを完走した日南市の大野副市長
IMG_6367
前日には綾のサイクリング、そして大会は日南海岸の絶景とグルメが最高との感想
来年はもっと仲間を連れてきたいと台湾のサイクリスト夏美さん
 
全国から来ていただいた約700名のライダーの皆さん
そして運営にかかわっていただいた多くのボランティアの皆さんと
サポートライダーの皆さん
特にメカニックの日野さん、中島さん、奥口さん
毎年ボランティアを指揮していただく下川隊長夫妻
日南振徳高校の高校生ボランティアの皆さん
最後に国土交通省、宮崎県、宮崎市、日南市をはじめとした関係各機関の皆様
本当にご協力ありがとうございました
心から感謝いたします
 
来年は今年の反省点を改善し
より進化した宮崎ならではの大会を目指したいと考えています
全国のライダーの皆さん、お楽しみに!