フレンチ中田シェフのマルシェメニュー完成!

いよいよ海幸・山幸マルシェも2日後に宮崎県日南市で開催だ

IMG_2193.JPG 
特別シェフの大阪のフレンチの中田シェフから
宮崎の食材で創作した料理の写真とレシピが届いた
中田シェフは日経レストラン2008のメニューグランプリを受賞など
様々な受賞歴を持つ
彼の料理はオリジナリティのカリスマといわれるほど
繊細で綺麗でかつ美味しい!
味も予想以上にさっぱりとしてフレンチの和食懐石とでも
表現できるほどだ!
顔もイケメン
 
今回のメインの食材は日南を代表する食材、かつおと地頭鳥だ
野菜ももちろん朝どれの新鮮野菜
 
かつおの香草パン粉焼
DSC03571.JPG 
 
地頭鳥手羽先のワイン煮込み
DSC03557.JPG 
 
 どちらもかぼちゃのスープとブレドールヒロのパンとサラダが付く
これで1000円
材料だけの原価率で60%を超える
シェフの交通費などを考えると実質原価率が
100%を超えるという凄い料理になる
 
1日限定100食なので
食べられた方はとてもラッキーだ
カフェデッキは11:00オープン予定
 
デザートも宮崎の大塚甘藷とみかんを使用している
この味も試してみたいものだ
こちらは珈琲も付いて500円だ
DSC03529.JPG 
そのほか日南名物魚うどん、川添ミートの極上メンチカツ
地頭鳥のから揚げ、新鮮野菜、マンゴー、イチゴなどの果物
お酒が好きな人には新発売のマンゴーラガー、デザインが素敵な焼酎、侍ダンスなどもある
子どもさんにはマンゴーソフト 
もちろん日南学園の生徒さんが情熱をこめて煮込んだ学園カレー
海幸カレー、山幸カレーも限定発売される
どちらも500円だ
キッズカフェでは子ども達が飲み物のサービスをしていただく
 
ステージではハープやフルートの演奏も行われ
司会はジェイミーが盛り上げてくれる
バルーンアートやピエロも登場する
 
是非ゴールデンウィークの頭はドライブがてら
日南市堀川夢ひろばまで是非遊びにいらしてください
宮崎の生産者や料理人の情熱を感じて頂きたい
 
5月1日〜2日 (10:00〜16:00)
日南市堀川運河夢ひろば

白鳥温泉 上湯 (宮崎県えびの市)

えびの市からえびの高原に向かう県道30号線
白鳥神社を通り過ぎて
見晴らしのいい山の中腹に白鳥温泉上湯がある
IMG_2152.JPG
 
ここは西郷隆盛も3ヶ月も逗留したと言われる由緒正しき温泉だ
 
お風呂や露天風呂から眺める緑の景色の素晴らしさも
さることながらここの名物は地獄と言われる蒸し風呂だ
地下から湧き上がる天然の蒸気を利用したものだ

IMG_2154.JPG

 







小さな木製の小屋の蒸し風呂には
水を入れたバケツを持って入り体が熱くなると水をかけて体を冷ます
限界になると外に出て水風呂にざぶん・・・
水風呂から見上げる森の風景はまさしく森林浴だ
心も体もリフレッシュできる
この蒸し風呂は気管支系には効能があると評判だ
しかも最近改装されたようで、ずいぶん蒸し風呂の中も綺麗になった
IMG_2156.JPG 
ただ気になるのがお湯の量が最近少なくなってきていること
名物温泉だけにとても心配だ
 
入浴料は300円 子供200円と格安
泊りも岩風呂付きの個室で一室 11000円(3名まで)
と格安!
運営もえびの市観光協会がしているので安心だ
朝早くから開いているのも嬉しい!!
今からが新緑の季節
ドライブがてら一度は訪れてほしいえびのの本物温泉である
 
白鳥温泉 上湯  (単純酸性泉)
営業時間        午前7:00〜午後8時
電話   0994−33−110 

学園カレー グランプリ決定

マルシェジャポン・キャラバン 海幸・山幸マルシェに
出品するカレーを決定する
学園カレーコンテストが22日日南学園で開催された
 
日南学園2〜3年生の62人が全員参加してレシピをつくり
その中から事前の書類審査で海幸カレー、山幸カレー各5種類が
残りコンテストに挑んだ

IMG_2206.JPG

 
10:00〜11:00の一時間で各人こだわりの食材で
自慢のカレーを作り上げる
コンテスト参加の生徒は
食材探しに町の色んなところを回ったり
家族に試食をしてもらったり
様々な努力を重ねてのコンテスト本番である

IMG_2210.JPG

 
マスコミの取材やカメラが入る中各人の顔も緊張気味だ
調理風景も真剣そのもの
11:00〜が審査
味、見た目、創造性、などを総合的に加味して
5人の審査員でグランプリを決定した
 
海幸カレーのグランプリは
河野好考君が作った ギョギョ梅カレー
シーフードはかつお、いか、海老を使用し
隠し味に梅を使って魚の臭みを消している
盛り付けのスターフルーツで華やかさが一段と際立つカレーになった
IMG_2238.JPG 
山幸カレーのグランプリは
瀬戸山翔太君が作った たまたまできたカレー
日南特産の金柑を使用し甘さの中にコクを出した
鶏肉を使用し、野菜もたけのこ、干ししいたけ、シメジ、ピーマン、とまとと
盛りだくさん
最後に山椒をご飯とまぶしカレーをかけて出来上がり
見た目も素敵だ
IMG_2237.JPG 
今回日南学園の生徒さんにご協力をいただいたが
彼らの真剣な調理の姿にはとても胸を打たれた
食材を探して町を歩きまわった話を聞いたが想像するだけで嬉しくなる

住んでいる街が好きか嫌いかの全国のこどものアンケート調査によると
街が好きだと答えた子ども達はすべて地産地消を実践している学校だったようだ
まさに食育という視点からも地域を元気にする観点でも生徒自身の活性化のためにもこのカレーコンテストは大変価値があったと思う

マルシェジャポンキャラバンは 
日南市堀川夢ひろばで
5月1日〜2日開催(10:00〜16:00)
海幸山幸マルシェNICHINANでは
いよいよ日南学園調理科全員の力を結集して
このグランプリのカレーが登場する
どちらも一日各200食限定
価格も特別に500円という安さだ
IMG_2246.JPG 
是非高校生の情熱をこめたカレーを食べていただきたい
目玉の一押しの食なので売り切れないうちに早めにお越しいただきたい
宮崎の元気を感じるカレーだ
是非お楽しみに・・・・

孤高のトマト栽培人

宮崎の地域活性化の一番は農業を元気にすることだと思う
最近、宮崎で農業をやっている人達が元気だ
様々な想いで今までと違ったやり方で新しいものを作り出す
そんな人が増えてきている
 
さて今日はとっても美味しいトマトを作っている人がいて
その人の作るトマト料理も絶品だと言う情報を聞いて行ってきた
道案内はコピーライターの西村君と日向の友人
お二人ともジュニアべジタブルマイスターでもある
 
場所は日向と都農を結ぶグリーンロードの日向の山の上
頑固で偏屈なでも優しい人と聞いていたので
少し心配したが予想以上に気配りの細かいやさしい人であった
名前は児玉邦昭さん
 
彼はサラリーマンの頃
横浜のレストランでトマトを食べあまりの美味しさに愕然とし
こんなトマトを自分で作りたいと思い
高知の徳谷でトマトの勉強をした
(高知の徳谷トマトは徳谷地区で生産されているトマトで
品種は作り手によって異なるが取引価格は日本一と言われているほど)
 
平成4年に日向に帰り、独りでトマトを作り始めた
様々な努力と自分なりの研究の成果で出来るだけ水をやるのを
少なくした水耕法栽培で特許を取る
あまりのトマト栽培に熱中したため奥さんも出て行ったが意に介さない
研究熱心で改良を重ね、また世界の天気予報をノートに記録し
日本に適したトマト栽培方法を研究した
トマトは桃太郎だったが2009年の秋に病気で全滅
そのあと耐病性の高い大安吉日に品種を変更した
今回は初めて大安吉日のトマトを食べられた
tomate-1.jpg
 
ハウスの管理小屋で噂のトマト料理をご馳走になる
最初は焼いたベーコンとトマトのサンド
トマトサンド.jpg
次はアボガドオイルとシェリー酒を使ったトマトサラダ
サラダ.jpg
トマトと鶏肉の煮込み
トマト煮込み.jpg
トマトのブルケスッタ
ブルスケッタ.jpg
そしてトマトとボンゴレのスパゲティ
ボンゴレ.jpg
最後は自家製のハーブティ(フレッシュと乾燥をミックス)
 
トマトの旨さも際立っているが、料理が一流のイタリアンに
引けをとらないほど爽やかで旨く、しかも手早い
山奥のハウス小屋にシェリー酒やアボガトオイルがおいてあるのも
不思議だ
アボカドオイル.jpg
サラリーマン時代に美味しい物を食べ歩きされていた、とお話を
聞い

地域戦隊 カッセイカマン

少子化対策で紹介した長野県下條村
アイデア町長が生み出した面白いものにローカルヒーローがある
 
それは地域戦隊カッセイカマンだ
 
悪の組織 『 フキョウダ 』
 
この組織は コヨーフアン、キンユーハタン、カカクハカイ、タンカサゲルダ、リストランダ
などフキョー怪人を作り、地域侵略を図るが・・・・
 
地域の中に古くから宿る魂 『 カンコーシゲン 』 たちが
地域を守るヒーロー  『 カッセイカマン 』 として集まった
 
これを聞いているだけでも楽しくなりますね
今の経済不況を逆手にとってインパクトのあるストーリー性を作っています
このカッセイカマンの3人の人達はもちろん下条村の方々
この人達が変身して
悪の組織 フキョウダと戦う
 
ダイコンレッド   (職業)辛み大根栽培
得意技     カラミフラッシュ
オオグテブルー   (職業)役場職員  オオグテ湖は観光名所
得意技     オオグテシャワー
コスモスピンク    (職業) 旅館
得意技     コスモリフレッシャー
 
カッセイカマンたちの武器もユニークだ
センキャクバンライ・スティック
ウリアゲバイゾウ・ロッド
ジギョウカクダイ・ヌンチャク
チイキシンコウ剣
 
地域戦隊カッセイカマンの歌より抜粋
 
      地域の平和が乱れてる
     過疎化の波が押し寄せる
 そんなとき、そんなとき みんなでよぼう カッセイカ!
力を与え、勇気付け、けいざいかいふく ゴーアヘッド
 
本当に元気になり楽しくなるカッセイカマンだ
こんな戦士が日本のローカルからたくさん出てくることを望んでやまない
そしてそのパワーで、ローカルをどんどん元気にしてくれることを・・・・・
 

海幸・山幸マルシェ NICHINAN

全国の都市部で開催中のマルシェジャポン
_MG_9063-1.jpg 
マルシェ・ジャポンキャラバンを、
宮崎県日南市で開催することが決定した
 
日程は5月1日〜2日  10:00〜16:00
場所は日南市の堀川運河夢ひろばだ
キャッチフレーズはおいしさの手をつなごうに決まった
_MG_9956.jpg  
ハンドメイド・ナチュラル・ロハス・オーガニック
をテーマに県内からさまざまなおいしさが集まる
ほぼ出店者も決まり頑張って準備中である
 
なんといっても一番の目玉はキッチンカーがやってきて
大阪のドゥ・アッシュのフレンチシェフ中田さんが宮崎の食材で
創作料理を作る
メインはじどっことかつおを使用したいようだ
ぐるなびシェフ中田貴紀.jpgドゥアッシュ中田貴紀シェフ
シェフのブログはこちら→ http://www.french-2h.jp/blog.php
 
これだけでも楽しいのに
今回は日南学園の調理科の生徒さんがスペシャルの学園カレーを販売する
海幸カレーと山幸カレーの2種類だ
事前にカレーコンテストを行いグランプリを取ったカレーだと言う
どんなカレーになるか大変興味深いしとっても楽しみだ
カレーコンテストは4月22日に行われる
 
キッズカフェでは可愛い子供たちががドリンクをサービス
 
丸ごとマンゴーと称して
出始めたばかりのマンゴー販売や昨年完売した都農ワインの
マンゴーワインも
特別に都農ワインのコーナーで飲むことが出来る
また、ひでじビールの新発売のマンゴービールも特別販売も決定した
マンゴーソフトクリームも会場では食べることができて
まさしく丸ごとマンゴーが味わえるのだ
  
さてマルシェの出店者だが
少し紹介してみよう
 
新鮮野菜、マンゴー、スターフルーツ、イチゴ、ブルーベリーの苗 
花、じとっこ、魚うどん、肉屋さんのメンチカツ、えびの米ひのひかり
地元の焼酎などなど
ずらり揃う
海幸山幸ロゴ決定槁音符.jpg 

是非ゴールデンウィークの頭は日南にドライブ
そしてマルシェでおいしいお散歩はいかがですか!!




タイガー・ウッズCM解禁

人間誰でも失敗はある
ただ非常にクリーンなイメージを持って尊敬されていたタイガーウッズは
日を追うごとに出てくる数々のスキャンダルに沈んだ
そして数々のスポンサーから契約を打ち切られた
その中で最初からサポートしているNIKEはタイガーとの
スポンサー契約を続行した
約半年の間タイガーは自分自身を見つめ直し自らの活性化を図った
 
そのNIKEがマスターズのタイガーウッズ復帰にあわせて
4月7日からCMを放送した
 
タイガーウッズは意外性という言葉がぴったり当てはまる
21歳でマスターズ優勝
そして様々なメジャー優勝
2008年の全英オープンでの足を引きずっての優勝は全世界の人々を魅了した
宮崎のダンロップフェニックスにも3年連続で出場したが
近くで見たタイガーの持つオーラには一段と光り輝くものがあった
ドライバーの凄さはもちろんだが、ありえないアプローチからのチップイン、精密な機械のように芝を読むロングパット
などいろんな予想外のドラマをウッズは見せてくれる
 
NIKEが制作したCMも意外性だ
カメラを正面から見るタイガー
その表情は少し悲しげで寂しげでもある
白黒の映像の中で亡き父 アール・ウッズの言葉が響いてくる
 
『 タイガー お前が何を考えていたのか
       何を感じていたのか知りたい
       そして何を学んだのか・・・・・・・ 』
 
CMに対するアメリカの新聞の論調は何を訴えているのかわからない
気味が悪いと悪評だが
私は好感度を持ったCMだ
 
小さい頃から2人3脚で育ててきた父親
タイガーを諭す父親はある意味タイガーを暖かく厳しく見守っている
世界中の人々だ
その目線に正面から悲しげに見つめているタイガーは
静かな闘志を持ちだした様にも見える
 
暗転したゴルフ人生の中での再スタートだ
世界のゴルフファンが見守る中
父親の言葉を胸に秘め、タイガーのさらなるチャレンジが始まった!
 

WebBot が予測する近未来

ウェブボット
この言葉を聞いた人がいるだろうか?
 
1994年大手のコンピュータ会社のコンサルタントで現在は
ワシントン州オリンピア市でテナックス・ソフトウェアエンジニアリング社を経営する
クルフハイ氏が開発したソフトだ
インターネット上に現れる様々な言語をスパイナーなどのソフトを使って集積しその頻度などで分析する
近未来予測だ
 
当初は株価の値動きを予測するために作られ、かなりの好成績をおさめたと言う
ところが次第に予測の範囲が株価だけに限定されないことが明らかになる
 
2001年の9月11日の同時多発テロ
ウェブボットはこの3ヶ月前の6月に事件が起こることを予告していたと言う
このことから世界に大きく知られることになる
ウェブボットはその後大きなプロジェクトになり
最近では有料で定期的なレポートを出すようになっている
 
このあたりは『すでに世界は恐慌に突入した』の本で船井幸雄氏が詳しく書いているので
参考にしたい方はお読みください
 
昨年WebBotで話題になったキーワードはドルの死
2009年11月5日からドルの死と言うキーワードの感情値がどんどん高くなり
2010年11月3日ぐらいまで続く
また大きな気候変動や戦争も起こると予告している
 
最新のレポートから気になる点を列記してみよう
地球環境は変わり
天気に関する今までに無いパラダイムシフトを人類は体験する
2010年の夏にかけて経済が悪化する
食料と穀物の生産の落ち込む
 
ドルの死からドルの崩壊と巻き戻しと言うキーワードに・・・・
閉鎖と言うキーワードも強くなってきている
ハイパーインフレと破壊的なデフレ
金や銀などが上昇していく
 
あくまでもインターネット上に現れる言語からの予測なので
あまり悲観することは無いのだが
フランスのシンクタンク LEAP E2020
これはフランス版ウェブポットと言われるものだが
同じような予測を出していることも興味深い

異常気象は 
資本主義によって今まで散々
いじめられてきた地球が今抵抗を始めだした時期かもしれない
そして全世界を覆う金融危機は資本主義によって伸びてきた拝金主義が
何らかの大きな犠牲を払わざるをえない時期に近づいているのかもしれない

2つの予測は同時にこんな事も言っている
物から心の時代になると云う事も
 
 

ふじいち(宮崎市)

宮崎市大塚町に自然を愛でながらゆったりと
食事を楽しめる隠れ家の場所がある
IMG_2056.JPG 
 
大塚町のモナコパチンコの横を曲がって
細い路地を抜け小川の橋を渡ったところに
古民家をそのまま改装して料理屋にした『ふじいち』がある
 
素晴らしい庭を眺めながらゆったりとした時を過ごすことが出来る
今日は早めの誕生祝をここのランチで過ごすことに・・・・
庭を眺めながらのテーブル席が人気だが
ふじいちで人気の部屋がもう一つある
中2Fの屋根裏的な場所だ
今日の場所はそこに
窓は無いのだが密やかな感じがなんともいい・・・・
IMG_2049.JPG IMG_2050.JPGのサムネール画像 
 料理も視覚的に綺麗で
女性が喜ぶのは無理も無いところ
季節の旬を考えた献立
IMG_2051.JPG IMG_2052.JPG IMG_2053.JPG

今日のランチは2000円
最後はタケノコご飯
コストパフォーマンスも全体からするとまあまあだ
ここは味覚がどうの?というよりも雰囲気とか話を楽しむところだ
 
お連れした方も大変喜んでくれて嬉しかった
おもてなしとは意外性もかなりの要素であると思う
ここはそんな引き出しのひとつとして考えても良い空間である
 
人気の場所だ
必ず予約をして訪れていただきたい
 
ふじいち
宮崎市大塚町西の後3393−3
0985−51−0241
IMG_2054.JPG 

沸騰!上海万博

いよいよ上海万博まで30日
中国政府は国家の威信をかけ北京オリンピックのあとの
成長の2段ロケットとして上海万博を位置づけている
 
テーマ  より良い都市、より良い生活
期間   2010年 5月1日〜10月31日  (184日間)
 
入場者数は当初の7000万人から1億人を越えると上方修正した
 
2000年ドイツで行われたハノーバー万博では1600万人と散々な結果に終わり
2005年愛知万博では6400万人 80〜100億の黒字を確保した
IMG_1946.JPG 
上海万博は万博史上最多の242の国や地域、国際機関の出店が決定
目標の200を大きく上回った
会場面積は328ヘクタール
愛知万博の約2倍である
街のいたるところに屋外広告とキャラクター
地下鉄車内には万博の映像が流れ、
取っ手のすべての広告が上海万博のキャラクターだ
 
中国政府の 『万博センター』 『テーマ館』 『演芸館』 『中国館』
はほぼ完成した

IMG_1951.JPGのサムネール画像 IMG_1950.JPGのサムネール画像 IMG_1949.JPGのサムネール画像 
日本政府が出店する日本館のテーマは 『こころの和、技の和』
延べ面積7200平方メートルの薄紫色のドーム型の名称は紫蚕島(かいこじま)
太陽電池と一体化した軽量膜で屋根をおおい太陽光や雨水も利用する
総事業費 130億円を見込んでいる
 
日本企業による日本産業館は堺屋太一氏が総合プロデューサー
テーマは日本が創るよりよい暮らし
世界一のトイレなど総事業費 30億円
 
そのほか政府館のデザインを紹介したい
 
ドイツ館  調和がとれた都市
      エネルギーの源というパフォーマンスが魅力
IMG_1955.JPG
 
フランス館  感性の都市
      デザイン理念はバランス
IMG_1959.JPG
 
ポーランド館  人類が都市を創造する
IMG_1960.JPG
 
カナダ館  エネルギーに満ちた快適な居住都市
    許容性、持続可能な発展、創造性
 
ルクセンブルク館  小さく美しい
     巨大な1つの石を彫刻したかのような造形デザイン
IMG_1958.JPG  
 
気になるのがアメリカだ
最後の最後まで出展が決まらず
昨年の7月17日にアメリカのロック商務長官が上海を訪れ
やっと起工式を行った
2030年の未来都市をテーマに持続可能な発展をアピールする
総事業費は
日本政府館の約半分57億円
金融危機の影響で事業費の全額は
確保できていないとの話もあるようだ
アメリカの出展は形だけ体面を保つだけの感じだ
今まで世界のリーダーだったアメリカは万博でもその存在はうすくなっているように見える
 
中国では上海万博の経済効果は一挙に上方修正され
21兆円にも上ると予想されている
テーマ 『より良い都市、より良い生活』からも予想されるように
今まで各国から散々言われてきた交通、環境、食品安全など
量的成長と質的発展の調和の取れた生活提案を
人口2000万の上海を舞台に
どう全世界にプレゼンテーションできるか?の最大の機会でもある