文化マーケットの活性化戦略

宮崎市の中心地、橘通り東3丁目に文化マーケットと言うところがある
街のど真ん中にありながら昔は市民の台所として親しまれてきた場所だ
最盛期は30〜40店舗が入り、人気の高い場所でもあった
そのなかにひまわり食堂があり鍋焼きうどんが名物で
近所に勤めるOLたちの憩いの場所でもあった
 
文化マーケットも今や1店舗が営業するのみの寂しい場所になってしまった
宮崎の商店街の皆さんも何とかしないといけないと言いながら
具体策がなかなか見えてこない
そんな中で何人かの若者が立ち上がり
3回目の文化マーケットアート化計画が行なわれた
私の知り合いのデザイナーも参加したので見に行っていた
久しぶりに見る文化マーケットは予想以上に大きく寂れていた
誰もいない空間や通路を使い色んなアート作品が展示されていた
レベルはともかく、こんな試みにトライしていく若者たちに拍手を送りたい・・・・
 
このような場所は全国の地方都市だとどこでも見られる
街の真ん中に残っているエアポケットみたいな空間の再利用が
地域活性化の大きな鍵だ
 
さて全国に目を転じてみよう
青森県八戸市に面白い取り組み事例がある
2002年11月東北新幹線の開通に合わせ
有限会社 北のグルメ都市がみろく横丁を造った
おんで市 14店 やぁんせ市 11店 の25店舗だ
ここのテーマは三つ
㈰ 地域の元気の源となる飲食街
㈪ エコ中心の施設 (バリアフリー、環境対応型資材)
㈫ 地産地消戦略
この試みは大変成功し、地域活性化プロジェクトの成功事例としても良く知られている
2007年で5億6千万の売り上げだ
 
3年ごとに店舗は見直し
成績のいいお店は屋台を卒業し市内に大きな店舗で独立してほしい
そして新しいトライをする人達がまた入店していく
このシステムもうまく行っているようだ
 
この成功がきっかけになり
小樽の運河横丁 山形のほっとなる横丁など全国に20以上の屋台村が
成功を収めている
最近は全国屋台村連絡協議会も設立して活性化と情報共有を計っている
 
全国の地方都市にも中心地の商店街は空き店舗も目立ち空洞化が目立っている
少子高齢化、郊外型などでどんどん街の中心地の魅力が減少している
そんななか、みろく横町のような取り組みを地道にやっていくことが
中心市街地活性化の一番の早道だ
 
宮崎は安兵衛小路と言う屋台村も消えた
なつかしさや癒しそしてやすらぎ
忘れ去られようとしている文化マーケットをコミュニテイ再生スペースとして
アート、エコ、地産地消を大きな柱に
宮崎の元気の源の場所として考えれば
面白いアイデアがたくさん見えてくる
 
 
 

宮崎畜産ブランド存亡の危機


ハイチ地震、チリ地震、アイルランド火山の爆発、ギリシャから勃発したユーロ危機
タイの暴動、そして日本の口蹄疫
今年に入ってさまざまな考えられない出来事が世界中で起こっている
 
宮崎の口蹄疫発生から1ヶ月余りがが経過した
23日現在、144335頭が処分の対象となった
川南、都農地区で飼育されていた全頭数が16万頭と言うのだから
その数のとんでもないことがわかる
凄まじい数字であり、悲惨な数字でもある
南の島豚も無くなり、昨年天皇賞を取ったあじ豚も存亡の危機だ
ウィルスの影に怯え、悩み苦しむ畜産農家の人達の顔が見え隠れする
 
宮崎の農業生産額の60%が畜産業と言われる
宮崎の地域活性化の大きな柱が畜産業だ
そこにおいての口蹄疫の発生は宮崎のみならず日本の畜産業にとっても
想像を絶するダメージになる
 
4月20日に口蹄疫の感染が確認され発表
直ちに日本政府は口蹄疫に感染した牛が見つかったことで牛肉の輸出を停止した
 
3月30日には下痢症状の水牛がいると言う報告があり
検査したが口蹄疫とまで見抜けず
4月9日の別の報告でも見抜けなかった
13日にやっと東京に送り20日に口蹄疫が確認された
ここの初動の20日間の遅れが痛かった
 
4月27日 感染がえびの市に飛び火
事態は一気に深刻度を増す
4月28日 国内初の豚に感染
豚に感染したことでウィルスの感染速度は1000倍に・・・・・
その後はあれよあれよと言う間に拡がっていった
 
ゴールデンウィーク明けに関係者に話を聞いたことがあるが

高鍋町の宮崎県家畜改良事業団に感染が拡大すると大変なことになる
ここが宮崎県の宝だと話してくれた

 
そして宮崎県が最も恐れていた事態が5月16日に発表された
それは宮崎牛のシンボルともいえる種牛を一括管理する
宮崎県家畜改良事業団
そこの種牛から感染が見つかったのだ
55頭のうちスーパー種牛と呼ばれる6頭は宮崎県からの要請を受け国が特例として認め
13〜14日に西都市に避難していたが
残り49頭は全頭処分されることになった
今や宝とも言われる宮崎牛のブランドが風前の灯となった
 
西日本新聞によると松阪牛協議会の永田専務は
松阪で飼育する子牛の半数は宮崎産
宮崎のような信頼度がある産地はなかなかないと語っている
 

そして、5月19日東国原知事は非常事態宣言を出した
 

最初から対応が遅かった赤松農林水産大臣も集中砲火だ
国の対応のスピードの遅さに不満はエスカレートする
ワクチンを接種して全頭処分をきめた国の案に
5月21日やっと県や川南町長、農家も断腸の想いで受け入れを決めた
 
感染した地帯をワクチン接種して防御壁をつくる
その作業が粛々と実行されている
作業人員の確保
埋める場所の確保、埋めた後の場所利用が2〜3年出来ない
地下水が出る場所はだめ等埋設条件も多い
 
5月22日またもや衝撃が走る
西都市に避難していたスーパー種牛 6頭のうち
忠富士(ただふじ)が2回目の検査で陽性反応
殺処分が決定した
あと5頭が宮崎牛ブランドの命の綱だ
日本の畜産関係者は固唾を呑んで祈る思いで見守っている
勝平正、秀菊安、福之国、美穂国
 
40年かけてはぐくんできた宮崎県の財産がもろくも1か月余りで消えようとしている
種牛を育てるには通常でも7年かかる
3年で種牛としての資質をチェック
次の4年で優秀な雌牛に小牛を生ませ肉質などを検査し評価されたものが
種牛となる
種牛育成は宮崎県が長い年月をかけ育て遺伝子を固めてきたものだ
生産者、関係者の悲痛な叫びが聞こえてくる・・・・

前回イギリスで

純米燗酒を楽しむ会

燗酒を楽しむ会が5月16日
一心鮨 光洋で開催された
主催者は私とも長い付き合いの松下さん
会費10000円で80名の人が集まった
 
参加蔵元は、大吟醸を楽しむ会でも大変お世話になっている
神亀、るみ子の酒で有名な森喜酒造場、日本最古の蔵元の須藤本家
そして秋鹿、隆、綿屋、貴、諏訪泉、蓬莱、竹泉、富玲 と お燗が好きな人には
たまらない銘柄ばかり
 
各種珍味が入ったおつまみ弁当とお猪口を持って
各蔵元の部屋を回っていく

IMG_2576.JPG
IMG_2577.JPG

 
まずは竹泉 ここの大吟醸と有機米の幸のとりが気に入った
さらに梅酒が旨いのは恐れ入った
蓬莱は純米のお燗が食中酒にグッド
 
隆の露木さんは昨夜はみょうが屋とすし屋で10人で20升空けました
と豪快な弁  
少々お疲れ気味か・・・・
新しい商品の阿波山田の丹沢山の将来性が楽しみだ
綿屋の三浦さんから雄町、山田、美山などを飲ませてもらう
どれもふくらみがあり相変わらず旨いが
宮城県産米 トヨニシキ50のオールラウンドの旨さが秀逸だった

IMG_2588.JPG

IMG_2594.JPG

 
はもや酒盗人、あぶってかものつまみも酒好きにはたまらない
 
るみ子さんは相変わらず愛嬌たっぷり
るみ子さんについでいただくるみ子の酒は旨さがグーッと上がるのは当然だ
諏訪泉の鵬の大吟の燗、秋鹿も体がほんわかする酔いごごち

IMG_2582.JPG
IMG_2585.JPG

 
鮨を途中で食べる
光洋はぐんぐん技量も勢いも上がっている、
今日はヒラマサ、佐渡のマグロ、北海道のうに、小いわし、煮アナゴ
のラインナップ
鮨のシャリと魚が一体となり口の中で旨みがグーンと拡がって行く

IMG_2584.JPG
IMG_2593.JPG

 
休憩のあとは
いよいよ神亀の小川原専務のもとに・・・
相変わらず専務の周りはファンが一杯
かるく一杯をビール代わりにお猪口で一杯
そのあとは専務の御燗で楽しむ
いやいや贅沢な宮崎の御燗と食の宴でした
 
7月4日はいよいよ大吟醸を楽しむ会が宮崎観光ホテルで開催です
日本全国から36蔵元が集まります
酒とつまみの日本一周の旅へ
是非この会もお楽しみに・・・・・・

ユーストリームの仕掛け人

最近私の周りではユーストリームが話題だ
先日はある事業でもユーストリームのネット配信を行なったばかりだ
大きな成長性を感じるものであることは間違いない
 
ユーストリームは2007年3月にアメリカで設立されたばかり
動画の生中継をインターネットで無料配信サービスを行なっている
動画を記録して見るYOUTUBEと異なりあくまでもライブ映像が主体
ソーシャルメディアとの接続も良く使用者の満足度も高く利用者が急増
特にオバマの大統領選挙選で活用されたことで認知度も上がった
世界で月間5000万人以上が利用している
 
実はこのユーストリームの将来性をしっかりと見抜いていた日本人がいた
その人は孫泰蔵氏だ
彼はその試みに興味を持ち一度兄の孫正義氏に会わせたことがある
孫正義は一言 ネットワークがパンクする と言って取り合わなかった
その後孫正義氏も twitter をはじめ、ソーシャルネットワークの凄さを体感して行った
twitter に耳を傾け実現した事業もあるぐらいだ
自らの判断プロセスのオープン化もメイキングプロセスも透明化されたのがとても共感を呼んだ
そして2009年の秋に孫泰蔵氏は再度アメリカユーストリームの幹部と孫正義氏を会わせた
話し合いの末 よっしゃ!資金提供をしよう ということになり
ダイナミックに動き出すことになる
 
ソフトバンクは米ユーストリーム(カルフォリニア州)に資本参加
1月29日付けで約2000万ドル(18億円)を出資して同社株の13,7%を取得
5月末をめどに日本法人 ユーストリームを設立し国内で事業展開を始める。日本法人はソフトバンクが60%、米Ustreamが30%、投資ファンドが数%の出資になるようだ
そして2011年7月までに総額7500万ドル(約67億5000万)を追加出資
出資比率を30%強まで高めグループの傘下にする方針だ
 
孫泰蔵氏は言う
ゲームボーイは持ち歩けるをもたらし
ニンテンドウDSは趣味、実用のゲーム化をもたらし
Iphonはアップルストアでグローバル化をもたらした
そして今度のイノベーションはコミュニケーションのゲーム化だという
 
今話題のtwitterはフェイスブックをそぎ落としたもので公共インフラを目指している
そこに続くのがユーストリームだと・・・・・
 
タイガーウッズの記者会見は実はユーストリームで行なわれた
編集を加えられるのがいやだ
と言うニーズを的確に捉えたのだ
その次にメディアに配信されたようだ
 
ユーストリームは近い将来テレビと競争の時代に入るだろう
Ipadはユーストリームにとってまさにうってつけの戦略商品だ
スポーツ中継の横にtwitter のつぶやきで盛り上がる
政治討論で瞬時に視聴者の反応がわかる
コンサートライブもまさにそうだ
そして日本の地域にとっても祭やユニークな催事などはユーストリームのライブ中継で地域活性化の大きな手段にもなり得る
ソフトバンクは全国に自由に使えるユーストリームのスタジオも作るようだ
 
しかしまだまだユーストリームの課題は大きい
著作権等の権利関係の整理、人材、活用方法、コンテンツのトレイサビリティなどなど・・・
ただユーストリームは一足飛びにテレビメディアを凌駕する時代に入っていく可能性は
意外に早い気がしている今日この頃だ・・・・・

世界の港湾都市

日本は海に囲まれた島国だ
日本への海外物資は99.7%は船で運ばれる
 
ただ日本の港湾は地盤沈下が著しい
2008年度世界のコンテナ取り扱い港湾ランキングを見てみよう
 
1  シンガポール   29,920
2  上海       27,980
3  香港       24,250
4  シンセン      21,410
5  釜山       13,430
 
人件費の高い先進国はここ10年で一挙に競争力が落ちた
要注目は上海と釜山だ
どちらも国際戦略港としての国家戦略に基づいて計画を着々と推進している
国を挙げての港湾の整備や拡充さらにコストダウンや企業誘致にも積極的だ
人件費の高い先進国はここ10年で一挙にランキングを落とした
中でも日本の衰退は著しい
1970年代に世界第一位になった神戸港
以前は地方港から積み出された海外物資は横浜・神戸にいったん集められ
アメリカやヨーロッパに輸出されていた
ところが現在は海外輸出は日本から一度釜山、上海に寄港し
手続きをした後海外に向かう
 
このトランスシップといわれる日本発着の荷物でアジアの港で積み替えられる率が
2008年度には18%にまで拡大している
その理由は日本の港の手続きの遅さ、高コスト、インフラの弱さだ
地方の県はそれを補助金を出して推進しているところもある
ある港関係者に話を聞くと
上海、釜山にはもう到底かなわないと本音をはく・・・
 
日本政府はこれらの問題を解消するべく
日本に2つのハイパー中枢港湾を6月には指定するとしている
そのポイントは
1,世界水準の港湾サービス
2,コスト競争力 (3割削減)
3,ターミナルオペレーションの整備
4,臨海部ハブ機能
 
今や遅かりしの感も否めないが4方を海に囲まれた日本は
港機能の再整備は重要な課題であることは間違いない
 
海と空
どちらも日本国家としての未来を見据えた戦略が試されている

海幸・山幸マルシェ日南 報告

日南市 堀川運河夢ひろばで5月1〜2日
マルシェ・ジャポン・キャラバンin日南〜海幸・山幸マルシェ〜
が開催された
看板.jpg 

5月1日 7000人、5月2日 10000人と目標の
10000人を大幅に上回る17000人の人が訪れた
まさに地域の食資源を活性化することができた事業だったと考える
初日、オープン前の朝礼では マルシェジャポンの総責任者 溝上氏の挨拶
その頃にはお客さんがぞろぞろ・・・
ジェイミーの司会で子供たちと参加者によるバルーンセレモニーのあと
落合実行委員長の挨拶でスタート
IMG_2355.JPGのサムネール画像
奥の方が溝上さん 手前は京屋酒造の渡辺社長

IMG_2261.JPG  IMG_2265.JPG
ステージはバルーンアートやフルート&ピアノ、ハープの演奏でおしゃれ
な雰囲気に・・・・・
 
マルシェは最初から大賑わい
はじめて見るマルシェの雰囲気にお客さんも楽しそう
IMG_2329.JPGのサムネール画像  IMG_2350.JPGのサムネール画像
IMG_2323.JPG
出店者も珍しそうに見たり、話しかけたり
食を通じてのあったかなふれあいが楽しさを倍増させる
カフェデッキのフランス料理も12時過ぎには完売
学園カレーも12時半には400食完売だった
 
新発売のマンゴーラガー、メンチカツ、パン、スウィーツなども
大人気  
IMG_2372.JPG IMG_2279.JPG
都農ワインとジェイミー.jpg
野菜やマンゴーなど果物も大好評だった
IMG_2430.JPGのサムネール画像  野菜売り場.jpg
まるひげ農園            
 
今回初トライだったが、ユーストリームでネットの生中継も行い
ライブでもマルシェを楽しんでいただいた方も多かったようだ
IMG_2354.JPG 
マスコミの方々もニコニコしながら取材をしていただき感謝している
マルシェのおしゃれ感やふれあいを感じていただいた結果だと考えている
 
5月2日はテレビ局のニュースや主要新聞社の記事などで
朝から初日を越す人出
この日もお昼前にはカフェデッキ(100食)も学園カレー(400食)も完売
IMG_2303.JPG
徹夜で作ったというパンや甘藷のスウィーツも早々に売り切れ
まさに嬉しい悲鳴であった
ゲストシェフの中田さんは、もう少し数を多くすれば良かっ

ソブリンデフォルト(国家破綻)

4月27日米スタンダード&プアーズ社はギリシャ国債の長期債務格付けを
3段階引き下げ投機的水準とした、
ポルトガルも2段階引き下げられた。
そして4月28日スペインの国債も一段階引き下げられた
2009年の11月に1%だったギリシャ2年物国債が2010年4月28日には38%となったのは衝撃だ!
 
世界各国の低金利政策、経済対策という名の下の紙幣の刷り増しで
世界で現在流通しているワールドダラーといわれるお金はリーマンショック前後の
2倍近いといわれる4兆3000億ドル(約410兆円)
この数字は日本のGDPと同程度の大きな金額になっている
まさにお金はジャブジャブの状態だ
このだぶついたお金が株式市場、新興国の不動産市場、コモディティ、金、そして
懲りずにCDSと言われるデリバティブ市場に流れ込んでいる
 
ギリシャ国債についてはゴールドマンサックスの疑惑の取引などが報道されたが
投資会社はリーマンショックの金融危機の戒めどころではなく、このだぶついたお金で
国債をはじめとして数々のデリバティブ(CDS)取引を拡大しているのが実情だ
 
これからが大変だ
アイルランド、ギリシャの金融危機はユーロ圏を津波のように襲いかかってくる
PIIGS と言われるポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペインは財政赤字が共通の課題だ
そこを世界の投資会社は国債のデリバティブ取引でハゲタカのように次の獲物を狙っている!
EUやIMFの緊急融資も時間つなぎでしかない
ポルトガル、スペイン、イタリア、そしてユーロ圏全体が崩れていく
その国債リスクの津波は時間とともに全世界に拡がり
イギリス、アメリカ、日本にへと波及していく
 
行き着く先は株価の暴落、通貨の暴落、債権の暴落、ハイパーインフレと商品高騰だ・・・・・
そして最後は資本主義の崩壊が待っている
 
全世界がそうならないために、ここ1〜2年の経済対策の舵取りは
至難の業だと感じるのは私だけだろうか・・・・
 
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)
政府の財政リスクや企業の信用力を担保に取引する金融派生商品
デフォルトの可能性が高くなれば保証料も高くなる。
残高はピーク時2007年8月に7200兆円あったと言われている
リーマンショック時のCDSの損失のすべては現在も解消できていない