丸亀商店街(高松市)

アーケードを作ると商店街が衰退していく
そんな話を実感しだしたのは何年前からだろう・・・・
日本各地の商店街の衰退が止まらない
シャッター通りと化した商店街のなんと多いことか
 
そんな商店街の多い中でひときわ目立った商店街が高松市にある
地域活性化のため、自分たちのため
1990年ごろから丸亀商店街の新しい取り組みに挑戦した
 
実は丸亀商店街には懐の深さがあった
この商店街は1972年に車社会に対応し
駐車場取得にあたって。商店街に不動産の貸与を行うことを目的とした
丸亀町不動産株式会社を設立していた
この会社の益金をもとに商店街活性化の模索をしていたところが
ほかの商店街と大きく違うところ
 
さて当時の鹿庭理事長が将来の商店街に危機感を感じコンサルに依頼する
理事長にコンサルを紹介された明石さん(当時靴屋経営)
は最初心もとなく思ったという
 
コンサルの名前は西郷真理子
明治大学建築学科卒、在学中から
京都、金沢など歴史ある町並みの調査を通じて
居心地の良い街は住民自らが街に誇りを持ち
街づくりに積極的にかかわっていることに気が付く
以降
住民による街づくりを手伝う建築家を目指して
32歳で川越市の蔵造を保存する運動に参画したことで
西郷流の街づくりの手法が確立した
 
西郷さんは驚く再生案をプレゼンする
商店街で会社を作りその会社が商店主から土地を借り上げ
まったく新しい商店街を作り出す
ということだった
店舗の配置を変え、業態ごとのバランスも配慮して
お客が集まりやすい商店街に変えていこうというものだった
しかし商店主にとっては移転も
あるいは業態転換も図らなければならない
そんなプランに商店主は猛反発
明石さんや西郷さんの苦闘の歴史は始まる
 
大きなハードルは2つ
1つは70億円という大きな建設費
そしてあと1つは商店主の説得だ
話し合いはゆうに1000回は越えた
明石氏も家族をやっと説得してうどん屋さんに変える決断
自らうどん修行にも行った
 
2003年ついに銀行の融資が決まる
2004年12月着工
2006年12月壱番館がオープンした
ショップの上はマンションになっている
明石さんのうどん屋さんも人気店の一つだ
街の中でも人口が増えていった
 
現在街づくりは進行中
丸亀町はどんどん進む街、進み続ける街
というキャッチフレーズが示す通り多彩な計画が目白押しだ
 
商店街の売り上げは以前の3倍の30億円
通行量も1.5倍に増加
まさしく日本の商店街の活性化の稀有な成功事業例として注目を浴びている
 
現古川理事長の言葉が、西郷さんの人となりを表している
『鉄の女、ぶれない女』

竹田恒泰(作家)

日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか?
 
こんな興味深いタイトルの本を書いた人がいる
竹田恒泰(たけだつねやす)
1975年生まれの36歳
明治天皇の孫の孫
2006年には『語られなかった皇族の真実』で山本七平賞を受賞している
 
イギリスのBBC調査によると
2006年から3年連続で
「世界に良い影響を与えている国」 第1位は日本なのである
 
戦後日本の教育はGHQの戦略により大きく変わった
日本を2度と連合国に歯向かえない国にしようと考え
そのために日本精神を骨抜きにする必要があった
イギリスの歴史学者 アーノルド・トインビーは
世界中の民族を調べた結果として神話を教えなくなった民族は
100年続かないと言っている
とすれば連合軍の戦略はまさしくツボをついたもの
 
天皇の系譜や神話や日本書紀などの建国の話を史実として伝えることを禁じ
危険思想として封印
戦争を起こしたことへの罪悪感を植え付けた
私も思うのだが昔はどこの学校でも二宮尊徳の像があった
これはいつの間にか取り壊されていったのも
GHQの指示によるものだと考える
 
日本は明治維新で一気に欧米化し敗戦でそれに加速がついた
物質的な豊かさを手に入れ、高度な社会システムを
作り上げることができたのはその恩恵だ
 
しかし1方には欧米化による負の側面がある
それは日本の伝統文化、日本人の気質といったものを軽んじるようになった
江戸時代の終わりまでに積み上げてきた物の価値を否定し
捨ててはいけないものまで捨て去ってしまった
 
最近の世論調査によると20代の若者の70%以上が
天皇に興味がないと答えている
若者が受けてきた教育を思うと無理もない
 
日本人が日本を好きではない
日本が好きという日本人は4割しかいなく、先進国中最下位
また途上国を含めて異常なくらい低い数字
確かに日本はいくつもの問題を抱えている
しかし今までだってオイルショック、バブル崩壊など
日本はもう終わりじゃないのと言われて乗り越えてきた
 
それができたのは日本人が日本を愛し
この国を輝かせたいという思いを一つに頑張ってきたからだ
今最も懸念すべきは私たちが一つにまとまる根拠としての
日本人の誇りを持てなくなってしまうことだ
 
いま世界が抱えている問題は和平と環境ですが
これを打開するポテンシャルに一番秀でているのは日本人だと思う
日本人は縄文時代以来大自然を含めてあらゆるレベルでの調和を
美徳として積み上げています
日本人には大地の恵みに感謝して「いただく」 という精神性がある
 
『もったいない』 という言葉は象徴的です
これを最初に評価したのは
ケニアの環境保護活動家 ワンガリ・マータイさん
環境問題はもったいないの精神を実践すれば人類は
目下の問題を乗り越えられると国連で論じたのです
 
日本は世界最古の民主主義の国だと竹田は言う
天皇が国民を思い無私の心で司る
国民は天皇を仰ぎ感謝の心を持って労働する
そうした国民本位の政治が古代からおこなわれてきた
そのように国民と固いきずなで結ばれた
王朝が2000年続いている価値を強調したい
国民本位の政治システムを司る天皇の権威は
2000年という歴史の中でとてつもない重みを増した
これだけはよその国にはまねができない
 
この本で伝えたいのは
そうした日本の良さ、日本に生まれてきたことの幸せです
いかに日本が素晴らしい国かをみんなが知れば
天皇や神話の興味も広がってくる
 
竹田氏の本には元気づけられた
日本には今、地震や原発など様々な苦難が降りかかっている
大震災の災害時に規律正しい行動をとった日本人に
海外から称賛の声が上がった
日本人が忘れかけていた独自のDNAが目覚めたのだと思う
しかしまだまだ大きな苦難は立ちはだかっている
これからも日本人ならではの気質を忘れずに
原発の放射能など、今からの大きな苦難に日本の心を一つにして立ち向かっていきたいものである

いづうの鯖寿司(京都)

気持ちよい陽気に誘われて今日は京都へ
久しぶりの花見小路も風流で小川の水もきれいだ
都おどりのちょうちんも風情がある
相変わらず京都だけは観光客が多い
外人観光客が日本から50%消えたといったところで
京都は外人の姿も結構目につく
 
京都は鯖寿司が名物
起点が若狭湾の小浜で京都までを鯖街道という名称がつくほど
古の時代から新鮮な魚介類が人力で京の都へ運ばれた
とれたての魚に塩を当てて京都に運ぶと
程よい塩加減になりさらに魚のうまみが増す
IMG_4109.JPGIMG_4107.JPG
 
たまには観光客が多い、いづうの鯖寿司でもお店で食べてみようと
初めて祇園の店に入ってみた
ここは天明元年1781年に創業
鯖は日本近海の真鯖
シャリは滋賀県産の江州米
昆布は北海道産の真昆布を使っている
 
すぐテーブルに座れたが
あとからあとから人の行列
 
やっとお待ちかねの鯖寿司
昆布を取って食べてください
昆布はあとで食べられますというおばちゃんのマニュアルを聞きながら
昆布をはずして一口
う~ん! まずくはないがしっくりこない
IMG_4103.JPGIMG_4105.JPG
姿は端正で綺麗だ
しかも醤油は使ってほしくないのかテーブルには何もない
鯖の質は良いのだが酢の臭いがきつすぎてこなれていない感じがする
はずした昆布は固すぎて食べようがない
 
京都の強気の商売が見え隠れして
それはそれで興味深い体験だった
歴史の古さは感じるのだが
強気の前の謙虚さを感じないのだ
価格と質がイコールになっていない
このずれはそんなに長続きしない気がする
 
口直しにイノダコーヒーのコーヒーを飲んでやっとほっとした
京都にもスタバやタリーズがどんどんお店を出しているが
やはり京都のカフェ文化は
イノダコーヒーやスマートコーヒーがルーツなのである
京都ならではのカフェ文化をこれからも育んで行ってもらいたいものだ
 
そういえばうちの事務所のコーヒーも
イノダコーヒーのアラビアの真珠だ
変なカフェよりもおいしいと自画自賛している
 
強気度 ★★☆
 
いづう
京都市東山区4条切り通し一筋半上る左側
075-561-0751
午前11時から午後11時
定休日 火曜

米国ーデフォルトの足音ー

世界最大の債券の投資信託会社 PIMCO(ピムコ)
運用資産は110兆円とも言われている
ピムコが一躍有名になったのは
2010年ギリシャ危機の起きる4か月前にギリシャ国債をすべて
売り払っていたことだった
レポートでは炎の輪(RING OF FIRE)として
ギリシャリスクを指摘していた
 
さてそのピムコが3月にメインファンドの一つ
トータルリターンファンドの米国債券保有額を0%にしたことで
世界が驚いた
それだけアメリカの経済が悪化しているのかと・・・・
 
ピムコの創始者 ビルグロース氏のレポートは定評があるが
4月にデフォルトの臭いと題して次のようなレポートを出している
 
アメリカの2011年の予算総額4兆ドルのうち
教育、インフラ、農業、住宅向けの支出は25%の1兆ドルでしかない
予算の真水は1兆ドルということだ
あとは給付金 44% 防衛費 24% 支払利息 7%で 75%である
 
モルガンスタンレーのアナリストでネットの女王と言われる
メアリー・ミーカー氏は「USA・inc」のなかで
財務省と連邦保健福祉省がまとめた給付金負債の正味現在価値を
1 アメリカ連邦政府の負債 9.1兆ドル
2 資金手当てされていない社会保障年金  7.9兆ドル
3 メディケア(高齢者と障害者のための医療年金制度) 22.8兆ドル
4 メディケイド(低所得者の医療年金制度)   35.3兆ドル
 
2~4の66兆ドル近い給付金債務は
将来算出される金額の総額ではなく現在の推定値である
しかもこの金額の伸び率はインフレを上回る数字になる
 
米国を企業にたとえると
メアリー・ミーカー氏が推定する通り
米国の資産価値はおそらく35~40兆ドルの債務超過であると推定される
そしてこの意見はポール・ボルカー氏、マイケル・ブルームバーグ氏も支持している
 
ビル・グロース氏は給付金制度の大きな改革を行わない限り
アメリカがいずれデフォルトすると確信していると言っている
そのデフォルトも一般の人にわかりづらい
インフレや通貨の引き下げ、低金利といった手段の組み合わせによる
貯蓄者の富を奪っていく形で進むデフォルトだと
 
ピムコは3月までにファンドの現金化率を28から31%へアップ
米国債をマイナス3%の徹底的な売り、米国モーゲージ債権はすべて売り払ったという
 
4月19日 S&Pはアメリカ国債を安定的からネガティブに引き下げた
 
炎の輪からデフォルトの臭いと的確に世界経済を
分析しているビル・グロース氏
さてみなさんはこのレポートをどのように判断されるだろうか?

上方日本酒ワールド2011

テレビ朝日の報道ステーションで南部美人の久慈さんが
とても良い発言をしてくれた
自粛といって何もしないのでは応援にはならない
花見をして、ぜひ東北の日本酒を飲んで
応援してほしいと・・・・
MRT宮崎放送から話があり、急遽久慈さんに願いして
ラジオのゴーゴーワイドに電話インタビューに出演いただいた
こんな時にこそ、いろんなイベントで東北の酒や食材を
応援していきたいと私も思う
 
さて大阪の大阪天満宮でユニークな野外イベントが4月16日開催された
IMG_4075.JPGIMG_4077.JPG
 
日本酒に熱き情熱を持った関西の飲食店と
全国の地酒蔵がともに手を取り、今立ち上がる!
 
大阪の料飲店が自慢のつまみを作り
料飲店の一押しの蔵元のお酒も提供する
そんなブースが15ブース出店した
 
まず参加費としてグラスを400円と
これに箱(料理とグラスが入れられる)を200円で買う
これに飲みたいお酒(300~500円)と
食べたいつまみ(500円)を自由に買い楽しんでいただく
IMG_4080.JPGIMG_4083.JPG
 
気になったつまみや料理と日本酒をご紹介しよう
 
桜会   豆乳ふかひれ餡かけ   神亀
酒や肴よしむら  煮穴子炙り、焼き野菜添え  風の森
おがたまの木   クジラ生姜焼き  開運
やまなか  こづゆ仕立ての豚汁  会津娘
蔵朱   白金豚ソーセージ新じゃがと春キャベツのピューレ 睡龍
遊山   天然醸造味噌と酒粕で漬けた犬鳴豚の炭焼き  綿屋
 
ついついお酒もつまみも食べ過ぎてしまった
11時ごろに行ったが
お客も多く大変なにぎわい
桜吹雪の花びらがグラスに入りいい気分だ
 
福島の会津娘の蔵元は取材でも注目の的
早く原発事故の終息を願いたいものだ
 
開運の土井社長、神亀の小川原専務、綿谷の三浦さんの
顔も見える
土井さんは飲食店に誘われて初めての参加だそうだ
 IMG_4085.JPG
こんな日本酒のイベントを境内内で開催を快く
了解していただく大阪天満宮のおおらかさ
そして主催者の飲食店のパワーと活力
それに呼応して集まる蔵元さんの心意気
様々なものに感謝しながら浪速の食と酒のイベントを楽しんだ
今年で3回目の開催
主催が日本酒卍固め というのも個性的だ
 
結果的に大変な盛況で
あるブースなどは売り上げが100万円を超えたという
売上の中から東日本大震災に寄付されるようだ
 
地域の人の力と熱気が人の心を動かし
様々なムーブメントを作っていく
とてもいい形の地域活性化の事業成功の在り方だ
これからもますますの発展を願いたいものだ
私もいろんなヒントをいただいたような気がする

テレビ局とプロ野球中継

いよいよ震災でもめたプロ野球の開幕戦が
4月12日からスタートする
震災地区の宮城,星野新監督の楽天、祐ちゃん人気で盛り上がる札幌日本ハム
節電のためホームで試合ができない巨人
九州では圧倒的人気のソフトバンクなど話題のゲームが目白押しだ
 
昔は巨人戦ともなれば在京民放の目玉であり争奪戦はすごかった
放送権料もうなぎのぼりの時期が続いた
視聴率はピーク時の1983年の27.1%から2006年には9,6%まで落ち込んだ
そのため1試合1億円を超えていた巨人戦の放映権料でさえ
下落が続いている
ビデオリサーチによると2010年の巨人戦ナイター(関東地区)の地上波の
視聴率が過去最低の8.4%を記録した
スポンサーから見る目も厳しい
テレビの主要スポンサーは飲料、化粧品など
若い女性ターゲットの層だ
野球の視聴者層は50代以上と高齢化が進んでいるので
スポンサーのニーズともずれが生じている
おかげで昨年もテレビの地上波で野球中継を見たのも数えるほどだ
巨人、大鵬、卵焼き
この言葉は高度成長時代の一般大衆の好んだ言葉
それほど巨人戦とはキラーコンテンツであった
獲得すればその枠は黙っていても
視聴率20%を越えていたのである
まさしく高度成長期にあってはテレビ局とプロ野球中継は相思相愛の仲であった
それが今やプロ野球中継は視聴率が取れないため
在京民放の関係者たちはそもそもプロ野球中継は
BSやCSに向いていると言い出す始末・・・・
 
さてここで面白い数字をご紹介する
 
1つ目は
2010年名古屋ドームで行われた日本シリーズの第6戦、第7戦
中日とロッテの地味なチーム同士の戦いだった
日本野球機構が提示した放映権は1試合9000万
フジテレビは5000万までダンピングして決着
この試合を放送したがどちらもいい試合で
何と名古屋地区では平均視聴率が15%を超えた
フジテレビとしてはおいしい買い物だった
 
2つ目は
日経新聞の記事からだが
プロ野球チームのホームチームの視聴率を地域ごとに見てみよう
1 日本ハム 16.5%
2 広島    16.1%
3 阪神    13.2%
4 楽天    11.7%
5 中日    10.7%
5 ソフトバンク 10.7%
さてこの視聴率は何を意味するのだろう
 
プロ野球も単一化から多様化の様変わりが見えている
全国的な単独チームの人気が下降し
ローカルのホームの地域で大きい視聴率を上げるプロ野球試合
その意味でも
プロ野球コンテンツは地上波ローカルの戦略コンテンツになりえるということだ
プロ野球もローカルテレビ局は有力コンテンツとして
今まで以上に本腰を入れる時代に入ってきた
しかもそれはSNSなどのソーシャルメディアとの連携も通じて
相乗効果の高いものにできる強力なコンテンツになる

麦屋(バー)宮崎市

最初連れてきていただいたときの印象は
宮崎には珍しい
おしゃれで明るめの落ち着いた雰囲気のバーのイメージだった
その時に料理もなかなかの腕と聞いていたのだが・・
 
場所は宮崎市橘通り3丁目の交差点から一番街に入り
最初の角を左に曲がり右のビルの2F が麦屋だ
 IMG_4052.JPG
今日はその麦屋で食事
まずはビールで乾杯
野菜たっぷりのミネストローネはさわやか
スープの味が引き立っている
魚介類のキッシュも柔らかでなかなか
IMG_4048.JPGIMG_4047.JPG
カツオのたたきとサラダ
さあ赤ワインに・・・・
豆腐のキーマ風をモンデールのチーズと野菜でピアディーナに包んで食べる
モンデールは冬季限定のウォッシュチーズで
クリーミーなねっとり感が癖になる味
この一品は面白い味だった
 IMG_4050.JPG
宮崎牛のソテーとバターライス
A5と言われる牛肉もソテーの仕方がいまいちで
見た目もおいしくなさそう
すこし味も薄いかと思ったがバターライスと一緒に食べると
ほどほどの味か!
 IMG_4054.JPG
最後はチキンとベーコンのパスタ
優しい味だが私には少し物足りなかった
 IMG_4055.JPG
いつの間にか赤ワインも一本空いてしまった
 
食事もできるしバーにも使える
今まで宮崎にあるようでなかったいろんな使い方ができるお店だ
ママも料理が大好きでいろんな勉強もしている
客層もよく、外国人のお客さんも多いようだ
機会があればお試しあれ!
 
多目的度 ★★★
 
麦屋
宮崎市橘通西3丁目8-15 第3吉野ビル2F
0985-23-8177
18:00~0:00
 
 

ゼロ磁場

五ヶ瀬町に用事があったので久しぶりに隣町の
山都町の幣立神宮にお邪魔した
 
小雨交じりの天気だが
幣立神宮の参拝道は大きな杉に囲まれていつものように凛としている
小さい目立たない神社なのだが
世界のいろんな方々には有名な神社だ
幣立の文字を見るたびにここに来たと感じてしまう
心を解放させ静かに瞑想・・・・・
緑のすがすがしさが体全体に浸み込んで行くようだ
久しぶりの幣立神宮はどっしりとして揺るぎない存在だった
IMG_3912.JPGIMG_3910.JPG
 
心を解放させたい
心をゆったりさせたい
もやもやした悩みがある
そんな時、自然に自分の好きな神社に向かっているようだ
 
私の好きな神社はたくさんあるがその中でも
伊勢神宮、天河神社、幣立神宮などなど
よく調べていくとこの神社はすべてが
日本を1000キロにわたって縦断する中央構造線上に立地していることがわかる
しかもそのほかに
鹿島神社、豊川稲荷、諏訪大社などもそうらしい
この中央構造線を境にまったく異なる基盤層が隣り合っているのである
 
地層が変わる線が中央構造線
そしてそこにはゼロ磁場といわれる場所が多いそうだ
ゼロ磁場とは
地球は北極(N極)と南極(S極)の巨大な磁石とたとえてみると
+と-の力が押し合い互いの力を打ち消あっている地点だ
ゼロ磁場の場所にはエネルギーが蓄積され
その場所に行けば大きなエネルギーが心を癒し生命力を高めてくれる
 
人はゼロ地場の地点にいるだけで脳波はアルファー波が出るといわれている
アルファ波が出ると心と体はリラックスした状態にになり
最高の力が発揮できるようになるとも言われる
 
中央構造線、聖地や神社、ゼロ磁場
私が何気なく行きたくなる場所は
心の活性化をするところ
 
実はゼロ磁場の場所を求めているのかもしれない・・・・・
 IMG_3913.JPG

やることがでかい、凄い、そしてうまい!

震災直後にイチローが一億円寄付した
さすがイチローと思った
宮崎県でも噴火の際すぐに1000万円寄付した
そんなことも印象に残っている
そのあとユニクロの柳井さんが10億円寄付した
驚愕した
さすが世界のユニクロだと
4月3日ソフトバンクの孫さんが100億円寄付するという
ドキモを抜かれた!!
 
東日本大震災でソフトバンク孫正義氏(53)は個人で
100億円寄付すると発表した
またソフトバンク代表としての役員報酬も引退するまでの分
全額を寄付する
孫社長は震災後に福島県を訪ね
インフラ復旧の協力を申し出たり震災孤児に18歳になるまで
携帯電話を無償貸与する方針を打ち出すなど
公私両面で被害者支援に取り組んでいる
ソフトバンクグループはグループ会社で
10億円の寄付をすることも発表した
 
エーシーの広告が今注目の的となっているが
やっといろんな種類のCMが登場しだした
世界で活躍する長友をはじめとするサッカー選手のCMなど
広がってきたが
このエーシーのCMにスマップも登場した
 
時を同じくしてソフトバンクがCMを放映しだした
夜空の向こうをアカペラでスマップが歌う
その映像にスーパーが入る
 
被災されたすべての皆さんと
支援したいすべての皆さんのために
日本の全員で乗り越える
そのための場所を作りました
 
みんなで頑張ろう ニッポン!
復興支援サイト始まる
 
まさにメッセージとはこういうものだと感動した
東日本大震災後のキャンペーンそのものを
人、物、そしてトレンドを含めて孫さんが自分のメッセージのなかに包み込んでしまった
まさに孫正義はソフトバンクのキャンペーンを
全ての日本人の頑張ろう日本キャンペーンにしてしまった
孫正義氏は単なる勝負師の人間ではない
枠を越えた大きさは人をも魅了する
その見計らったようなタイミングの良さ
そして戦略の凄さは見事だというほかない
今回は参った!うますぎるそして泣ける!

青い鳥

以前、雑誌で共感する文章に出会った
それを手帳に書き留めていた
若干間違っているかもしれないが
少し文章をご紹介したい
 
多様な地方の豊かさは戦後の高度成長期に
劇的に変わった
人の力を超える重機の使用が日本を変え始めた
大地を、自然を、そして風景を・・・・
高度成長期のスタートとなった日本列島改造論という言葉も拍車をかけた
田んぼや森林そして水の流れも大きく変わった
様々な道路は拡張され全国に広がった
ビルがどんどん建った
 
光景が変わると人の心も変わった
「田舎者」 「方言が恥ずかしい」 「遅れている」
地方に劣等感を抱かせる価値観が日本全体に浸透し
多様化の破壊に拍車がかかった
 
まさに戦後の歴史は多様化から単一化の歴史であり
それは拡大していっている
 
しかし自然と触れ合っている人ほど
多様化を体で感じる
自然の中で起きる
ささやかな出来事の一つ一つが私には愛おしい
                                                                                さとうち藍
 
 
今度の大震災や津波、原発事故で
少し我々も平和ボケから目覚め始めた
宮崎でも瞬間的に水もなくなった
しかし普通に暮らせる電気、水道、ガスそして住居がある
当たり前の生活のありがたみを肌で実感している
 
さとうち藍さんの文章を改めて深く共感している
 
人間は自然には逆らえない
そしてメーテルリンクの青い鳥ではないが
幸せは身近なところにある
その身近にある日々の幸せをもっと大切にしようと思う