宮崎 食のトリプル1

宮崎の食の日本一と言えば
なんと言っても一番目は宮崎牛だろう。
5年に一度開かれる和牛のオリンピック
第10回全国和牛共進会が2014年10月に開催され
宮崎牛が9部門中5部門でトップを獲得
和牛日本一連覇を成し遂げた。
現在はアメリカの輸出が大きく伸びているようで
河野知事の話によるとアメリカへの輸出枠200トンのうち
69トンが宮崎牛だという
TTPがスタートすると、アメリカへの輸出枠は3000トンにも拡がると言う
TTPで宮崎牛のブランドが世界に拡がっていくことを期待したい
 
2番目は宮崎キャビアだ
世界3代珍味の一つとも言われる
1983年に日ソ漁業間親善の証として日本の希望する県に
チョウザメが贈られた
しかし最終的にチョウザメのふ化から
完全養殖の道を歩めたのは全国で宮崎県だけとなった
国も途中で研究をやめてしまったのだ
その後2000回にも及ぶ実験と有名シェフなどとの試行錯誤で
ようやく30年の時を経て宮崎キャビアは完成する
宮崎キャビアは3年前に発売され全て即日完売となった
今年の9月18日には海外輸出が解禁となり
来年に向け更なる飛躍が期待されている。
知事は来年の伊勢志摩サミットでも宮崎キャビアを出したいとの意向のようで
関係各機関とも努力して是非とも実現させたいと意欲を語っていた
 
3番目は焼酎
9月7日、本格焼酎2014酒造年度(2014年7月~2015年6月)
の出荷量において宮崎県が全国第一位となった
本格焼酎と言えば鹿児島が長期間第一位を維持してきたが
宮崎が初めて第一位となった
11月1日焼酎の日では
宮崎のホテルで焼酎の会が開催されるなど今までとは違う盛り上がりとなった
 
宮崎の新トリプルワンを紹介したが
これ以外にも宮崎完熟マンゴー、たまたま、佐土原なすなど
宮崎には世界に誇れる素晴らしい食がたくさんある
訪日外国人は今年1500万人を突破する勢い
しかも訪日外国人のデータによると一番は食だと言う
宮崎には外国人の観光客は他県と比べるとまだまだ少ない
インバウンドを強化して訪日外国人に宮崎への誘導をすることと
豊かな食の体験をしてもらうことこそ
宮崎のフードビジネスと観光の生きる道になるのかもしれない
 

日本の大学の低迷・・・

世界における日本の大学の長期低迷が目立ってきている
英国の世界的な大学の評価機関として知られている
タイムズ ハイヤー エデュケーション(THE)が2015年版の
ランキングを10月に発表した
選ぶ評価基準は5項目
教育、研究、論文被引用数、産業界からの収入、国際性
 
 
第一位はカルフォルニア工科大学  (5年連続)
第二位はオックスフォード大学
第三位はスタンフォード大学だ
 
日本の大学はというと
東京大学が43位、京都大学が88位と毎年ランキングを下げている
アジアにおいては第一位、シンガポール国立大学26位
第2位 北京大学42位 となっている
 
2013年には
東京大学は23位、京都大学が52位
2014年には
東京大学が23位、京都大学が59位 となっていた
 
2015年東京大学はアジアにおけるトップの地位を初めて譲り渡すなど
日本の大学全般の世界ランキング低下は
目を覆いたくなる惨状だ
 
2014年9月文部科学省では
世界のトップ100に入れる可能性のある大学 13大学をトップとして
スーパーグローバル大学として採択した
しかし2015年のアジアにおけるランキング低下も見逃すことができない現実だ
シンガポールにも中国にも抜かれた現実は重い
国を挙げて
緊急課題として危機感の共有と実行のスピードを上げてもらいたい!
 
日本の大学は英語圏ではないため
ネックは国際性であることは重々理解をしているが
大学が将来の国の知の力であることは間違いない
ある意味、世界においての日本という国際的な地位を示す指標でもある
 
今のままで行くと
20年後日本からノーベル賞が期待できるのだろうか?
なんだかそんな寂しい気持ちになる!