釜めしむつみ(浅草)

裏浅草に釜めしむつみがある
通常はあまり食べない釜めしだが
評判のうわさについお邪魔してみた
お店に入ると小上がりに小さなテーブルが並んでいる
五目釜めしを頼む(1080円)
アツアツの出来立ての釜めし
蓋をあけると
アサリ、鶏肉、シイタケ、えび、筍、人参、ゴボウなどの
食材と出汁の香りが食欲をくすぐる
 
そよって食べると
何とも懐かしく上品な味だ
食材の旨味に出汁の良さ
全てにバランスが取れた逸品だ
まさに王道の味わい!
お店も昔の浅草の情緒を感じながら
真っ当な釜めしを食べる
これこそ本当に贅沢な時間だ!
王道度  ★★★★
釜めしむつみ
東京都台東区浅草3-32-4
03-3874-0600

サルバトーレ・ムンディ(救世主)

ラストダビンチと言われる サルバトーレ・ムンディ(救世主)が

史上最高の約510億円という価格で落札された。

絵の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチは
人類史上最も多才な人物としても知られている
画家だけではなく、領域分野の広さと深さは空前と言っても過言ではない

 

描かれた時期は1500年頃と言われる

この絵は男性版モナ・リザともいわれている

ダビンチの魅力は絵に込められたパワーがとてつもなく大きいことだ
それゆえ見ているものをなぞかけしているようにも思える
輪郭線がないのも特徴の一つだ

グラデーションで立体感を出すことで温かみのある絵に仕上がる

さて絵を見てみよう
見る者に対してまっすぐに視線を向けており
絵を見る人々に何かを語りかけているようにみえる
右手は2本指を立てており祝福、平和、調和を現すポーズだそうだ
左手には水晶玉

水晶玉は体も魂も浄化され水晶のように清らかになるということかもしれない

とらえどころのない微笑、謎めいた雰囲気はモナ・リザととてもよく似ている
もしルーブル美術館で同時に飾られれば、世界中からファンが押し寄せるかもしれない

そんな可能性をファンの一人として期待している

bioCafe(宮崎市)

九州電力ビルの1Fがリニューアルされておしゃれなカフェになった。
木を基調にしたインテリアはシンプルながらもすっきりとした空間だ
ただ九電ビルのホワイエを改装した関係で
なんとなく中途半端な雰囲気は否めない

ソファー席は落ち着いてゆっくり食事ができそうだ

自慢のビュッフェは
厳選された宮崎県内のスーパーフードの素材で料理されている
素材が良いだけに1500円と高めなのは致し方ないとしても

全体の味付けが普通なのが残念だ

野菜たっぷりのカレー900円は

ルーが個人的には甘すぎて全く私が思うカレーらしくなかった。

このお店はどのターゲットを狙っているのだろう?
価格設定からすると通常の会社員が行くには高すぎる
少し余裕のあるオーガニックが好きな主婦層には
雰囲気が中途半端

朝食は9時からだと誰が食べるのだろう?

ビル自体に規制があるため、いろんな部分で
調整が大変だろうが

意外な場所のカフェの挑戦だけにぜひ成功してほしいものだ

オーガニック度   ★★★

bio cafe  (ビオカフェ)
宮崎市橘通西4丁目2-23
0985-25-8820

9:00~20:00

旬粋まつの(宮崎市)

宮崎市の赤江大橋を渡り城ケ崎の方に左に曲がり
次の角を右に曲がって
橋を渡った交差点を左に曲がるとすぐのお店がまつのだ
オープン当初から人気のあったお店
此処の旬粋ランチ(1080円)はお得度は言うことないほどだった

ただご飯の量が大きすぎることや魚のあら汁がもう一歩の状態だった。

 久しぶりにお昼に訪れると
ご飯の量も控えめになり、あら汁も改良された
刺身、空揚げ、天婦羅の揚がったばかりの美味しさはそのままで

すっきりシェイプアップした感じ!

この料理で1080円とは誰もが驚く価格だ
 
ご家族で経営され
誠実そうな息子さんが天婦羅を揚げる
小さい店なのでお昼は予約するのが確実

ゆっくりしたい方は少し遅めのほうが良いかもしれない

宮崎は和食のランチの良いお店が少ないので

是非試してください!

 

お得度  ★★★☆++

 
旬粋まつの
宮崎市赤江543 1F
0985-52-8010

11001400 17002200