ふく菜(宮崎市)

ふく菜の名前は前からうわさで知っていた
場所はビルの中2F
ランプ亭のお店から2件隣と言った方がわかりやすいか
 
扉を開けると居心地の良さそうなカウンター席と
小上がりが2つほどのお店
宮崎では京会席の名店だった幸作の女将民さんに
誘われてこの店にお邪魔した
もうお店をやめて20年になるという
民さんも元気そうで何よりだ
ご主人の福永さんは京都の祇園丸山で修行して
お父さんのふく菜のあとを継いで2年
 
さて今日の料理は民さんお勧めのお任せで
IMG_2838 
まずはばくらい(ほやの塩辛)と青菜のお浸し
お酒は千代むすびのよなき
千代むすびは鳥取・境港の蔵
境港と言えばゲゲゲの鬼太郎の里、その夜鳴き婆からつけられた名前
力強い酒だ
 
次は刺身
〆鯖がおいしい
IMG_2839 
はも素麺になめこやあおさが上に載って
工夫された味わい
IMG_2841
ここからは新潟・村上の〆張鶴の純米吟醸を
飲み飽きない良い酒だ
 
鱧のお椀
出汁が上品で豊かな味わいだ
IMG_2840 
焼き魚、味噌付けにしてあり香ばしさに酒が進む
 IMG_2844
 
ツマミセットには
四国の愛媛西条の石槌
小さい蔵だが手造りで素朴な味わいのお酒だ
 IMG_2846
はも子のにこごり
 IMG_2847
最後は白身の魚の餡かけ
食べるととてもさっぱりしていてさらっと食べてしまった
IMG_2849 
酒飲みの心を知り尽くす料理の数々
京都の洗練された和食の技術と宮崎の旬の食材を
融合させたレベルの高い味わいだ
特に出汁の上品さが出色だ
これからの福永さんの進歩がますます楽しみなお店だ
お酒の選択がもう少し広がるとまだ楽しめるのだが・・・・・・・・
 
 
 
出汁度     ★★★★
 
 
ふく菜 
宮崎市中央通8-16
0985-20-6009