アメリカの現金給付の光と影

コロナ禍の最悪期を脱したアメリカの景気回復は

2021年度第一四半期の実質GDPの6.4%の素晴らしい数字だった

数字だけを見ると急回復が鮮明になってきている

またアメリカ2年物国債金利を日々見ていると

徐々に上がってきており

インフレの兆しを感じるのだが

FRBは金利を押さえ込めると公言している

 

景気回復の中で

アメリカでは800万人という求人が集まらない異常事態が続いている

これは現金給付と失業保険の拡充を続けているからだ

 

トランプ政権では

2020年3月  1200ドル

2020年12月  600ドル

バイデン政権では

2021年3月  1400ドル

の3回の現金給付を行った

しかも失業者対策として1週間300ドルを2021年9月上旬まで実施する

まさに手厚すぎる現金給付である

 

結果、失業者のほとんどは

実際に働くよりも家にいる方がお金をもらえることに気が付いた

だから求人が集まらないし

失業者は職場に帰ろうとしないのだ

そう考えるとGDPの伸びはほとんど現金給付と株高で持っているのである

 

しかし紙幣を刷り続ける政策は永遠に続かない

紙幣を刷れば刷るほど

政府の債務は異常に膨らみ、インフレ懸念も巻き起こす

ばらまかれた現金は株高とアメリカ国内の活発な消費を呼び起こし

2021年第一四半期は 実質GDP 6.4%  個人消費 10.7%と

顕著に数字にも表れた

しかしこれを繰り返していくと

将来確実に起こることはドルの暴落とインフレの到来だ

 

ただ恐ろしいことは

アメリカの失業者は政府から降ってくるお金に終わりがないように

感じていることである