ニシタチの夜とブルーツリー33周年

コロナ禍が始まって16ヶ月

宮崎県も新型コロナ感染拡大による

度重なる営業自粛要請が続いた

結果、宮崎の飲食店もギリギリの瀬戸際に来ている

 

その中で全国の焼酎ファンから

焼酎の聖地として名高い宮崎の焼酎バーがある

名前はブルーツリー

学校が檍中出身だからという単純な理由からだ

通称ニシタチのダイヤモンドビルの5Fにあるのだが

外観はまさしく場末のスナックのようだ

扉を開けるとその先に扉が2つある

一つはカウンター10席ほどの小さな店で

あと一つは焼酎がずらりと並ぶお宝の倉庫となっている

 

焼酎好きが夜な夜な集まり

上妻マスターの客に対するいじりを

面白そうに見たりまた自ら体験することもある

いじられたお客は2つに分かれる

1つ目はもう絶対こないと誓うお客

2つ目はいじられるほどに熱狂的なファンになっていくお客だ

そんな一風変わったお店でもある

新しいお客が来てお店が満杯だと

常連客に「もういいやろ!」と言う

それを笑って帰っていく常連客のあんうんの呼吸は見事だ

ブルーツリーが開店33周年を6月10日に迎える

ハガキが届いた

 

宮崎の木々の緑も、空も海も

何も変わることなく輝いているのに

ニシタチの夜のネオンだけが消えている

皆さんと語り合えない淋しさ

歌い合えない味気無さ

今 本当に 皆様があっての私の人生なのだと

お客様があってのブルーツリーだと思い知らされました

今年も6月10に開店33周年を迎えます

いつかきっと大きな声で歌いかたらえる日々が来ることを信じ

もう少し この先へ行ってみようと思います

もう少しだけ・・・・・

                     上妻隆一郎

 

 

コロナ禍という事で自粛も理解できるのだが

全ての諸悪の根源は酒

と名指しをする施策は

何だか微妙な違和感を感じている

 

「休み休みでどうにかなりそうです」との

上妻さんの率直な言葉は、

ほかの真面目に一生懸命やってきたお店程よく聞く言葉でもある

体調も良くない中

ニシタチの栄枯盛衰を見てきた

ブルーツリーの上妻さんの心意気を大切にしてあげたい!

酒場は文化であると思う

ニシタチに少しずつ活気が戻ることを祈念して

私もニシタチに出よう

もちろん感染予防は万全にして・・・・

 

あんうんの呼吸度  ★★★★☆

 

祝 33周年

ブルーツリー

0985−23−4560

宮崎市橘通西3丁目2−13

ダイヤモンドビル5F