黒木玲二さん(葡萄生産者)

都農ワインの自社葡萄農園

牧内農園の黒木玲二さんを訪ねた

黒木さんは尾鈴葡萄を誕生させた先駆者として知られる

永友百次の孫でもある

都農で何故ブドウ栽培が始まったのか?

黒木さんに素朴な疑問を聞いた

都農町の土は1500万年尾鈴山の噴火によって

火山灰の土壌となっており稲作には向かなかったこと

町を流れる名貫川より高所にある田畑では

水の取り合いが起きていたことなどの理由で

果樹栽培を始めたのがきっかけだったそう

梨から始めたが台風の被害を受けやすいため

梨から葡萄へとなり栽培が拡がっていったそうです

 

キャンベルアーリーには面白い話があり

最盛期は都農地区で2000トン収穫していたが

その半分の1000トンは北海道市場で高値で売れていた

北海道は当時キャンベルも栽培されていたのだが酸っぱいので

都農町の甘いキャンベルは重宝されたのだという

 

都農ワインの牧内農園ではシャルドネをはじめキャンベルアーリー、

メルロー、シラー、等々自社農園で栽培したものを

都農ワインで醸造している

 

黒木さんはブドウ生産農家でもあるので

自宅の近くのブドウ園を一緒に見に行った

甘さが特徴的なクイーン7

ピオーネ

シャインマスカット

ブドウ園の入り口にはブルーベリーが

葡萄の収穫は期間はどのようになるのかをお聞きすると

まず7月からサニールージュ、ハニービーナス

キャンベルアーリー、ピオーネ

最後は8月後半から9月がシャインマスカットの感じだそうだ

 

今年のぶどうの出来も良く

あまりコロナの影響はないと穏やかに話していただいた

7月後半から葡萄の詰め合わせを販売されるという

興味がある方はぜひ訪ねていただきたい