角川武蔵野ミュージアム(所沢)

東所沢駅から歩いて10分程すると

巨大な岩の建設物が見えてくる

ここはKADOKAWAと所沢市が

みどり・文化・遺産が調和するプロジェクトの

COOL JAPAN FOREST構想によりつくられた施設

広大な4万平方m²の中に

ミュージアム、商業施設、ホテル,KADOKAWAの事務所がある


手前にあるのは令和神社、神社の未来形だそう

この大地から盛り上がったような岩の建設物こそ

角川武蔵野ミュージアムである

隈研吾が手掛けた話題の建物である

オープンしたのが2020年7月

多面体の岩デザインはダイナミックな存在感があり

インパクトも強烈だ

高さ30m、岩盤20000枚

石の総重量で1200トンだという

図書、美術、博物が一体となったミュージアムだ

中に入りエレベーターに上に上がり

下りながら見学ができる

内装は木を中心としている

ジャンルごとに分けられた図書や博物や美術など

見るだけで三身一体となった複合ミュージアムなのが理解できる

その奥には本を背景とした本棚シアターが拡がっている

本棚に移される映像はとても刺激的だ


機会があれば一度訪ねて見て欲しい建築物である