いとまの雪(伊集院静)

伊集院静が古希の70歳を迎え

初めての時代小説に挑んだ

題材は誰もが知っている忠臣蔵である

討ち入りの日は12月14日

12月に入りあと10日ほどの時期でもあるので

「いとまの雪」をご紹介したい

大石内蔵助・良雄の生涯を描いている

伊集院静の小説に流れているものは気骨と美学だと私は思う

そのことを明確に表現し

その上での反逆精神が胸を打つ

幼き頃山鹿素行の教えを生涯貫く大石の姿が凛として美しい

当時はあらぬ理由で多くの藩が改易の憂き目にあっていた

財政が逼迫した幕府は

米以外の産物で経済を回している小藩に目をつけた

そして小藩の改易が

幕府の財政ひっ迫を打破する手段となっていったのである

塩で知られる赤穂藩もそのひとつとなったのだ

 

浅野内匠頭の幕内でのふるまいに対し

幕府はあまりに尊厳を無視した庭先での切腹申しつけを行った

大石内蔵助・良雄は「君辱められしときは臣死す」と藩士一堂に宣言する

 

江戸の民衆は赤穂浪士の討ち入りを

今か今かと待ちわびるが

当の大石内蔵助・良雄は時期や幕府の状況を見ながら

昼行燈を決め込み

遊びにうつつを抜かすそぶりで幕府の油断を誘い

またそれに呆れてぬけていく藩士を見ながら

討ち入りの人数を絞り込み時期を待つ

 

ここでスーパーサブが登場だ

勘定奉行の大野九郎兵衛

もし万が一討ち入りが失敗した際には

後を大野九郎兵衛に託したのである

 

そして最後に登場する近松門左衛門が意外で楽しい

 

「 生きるは束の間、死ぬはしばしのいとま」

無常観や

別離の悲しみの深さ

真っすぐに生きていく男の姿が

透明感あふれる独自の美しい文章で表現されている

角川武蔵野ミュージアム(所沢)

東所沢駅から歩いて10分程すると

巨大な岩の建設物が見えてくる

ここはKADOKAWAと所沢市が

みどり・文化・遺産が調和するプロジェクトの

COOL JAPAN FOREST構想によりつくられた施設

広大な4万平方m²の中に

ミュージアム、商業施設、ホテル,KADOKAWAの事務所がある


手前にあるのは令和神社、神社の未来形だそう

この大地から盛り上がったような岩の建設物こそ

角川武蔵野ミュージアムである

隈研吾が手掛けた話題の建物である

オープンしたのが2020年7月

多面体の岩デザインはダイナミックな存在感があり

インパクトも強烈だ

高さ30m、岩盤20000枚

石の総重量で1200トンだという

図書、美術、博物が一体となったミュージアムだ

中に入りエレベーターに上に上がり

下りながら見学ができる

内装は木を中心としている

ジャンルごとに分けられた図書や博物や美術など

見るだけで三身一体となった複合ミュージアムなのが理解できる

その奥には本を背景とした本棚シアターが拡がっている

本棚に移される映像はとても刺激的だ


機会があれば一度訪ねて見て欲しい建築物である

晩秋の明治神宮

晩秋の早朝に明治神宮へ

清々しい青空に木造の鳥居が映える

1920年11月1日創建だという

明治天皇と昭憲皇太后を祀ってある

原宿駅に隣接した場所でありながら

22万坪にも及ぶ広大な神域でもある

 

季節柄、菊花展が開催されていた

凛とした静けさの空間でありながら

歩くだけで心が安らぐ

しばらく進むとお神酒が飾られている

大吟醸を楽しむ会の参加蔵も多数展示してある

ようやく本殿へ

東京オリンピック前までは改修されていたのだが

見違えるように綺麗になっている

本殿横にある夫婦楠

健康とコロナの終息を祈願してあとにした

サウンドメーカー服部克久の世界

2020年6月、服部先生がご逝去され

コロナ禍で延び延びになっていた

服部克久を囲む音楽の仲間たちのコンサート

サウンドメーカー服部克久の世界が

11月16日、17日

新国立劇場で開催された

服部さんが作曲、編曲した曲は6万曲にも及ぶという

16日は山下達郎と竹内マリアがゲストだったそうだ

 

音楽監督は服部隆之

音楽畑スペシャルオーケストラをバックに

17日はゲストが一曲づつ歌っていくという贅沢な演出だ

最初のゲストは松山千春

次が森山良子

この広い野原いっぱいは服部さんのアレンジだそう

谷村新司の昴も服部さんのアレンジだ

一緒に中国にコンサートに行った思い出話をされていた

五木ひろしはラスベガスバージョンでの歌を披露

その他ピンポンパンやベストテンのテーマソングや

自由の大地も演奏された

さだまさしも花を添えた

ラストの曲は私の大好きなル・ローヌだった

これほどまでに広範囲のネットワークを持っている音楽家も

日本にはいないだろう

それは一番は音楽家としての才能なのだが

服部さんの人徳でもあり、優しさでもあるのだろう

ステージバックには服部さんの写真が飾ってあり

天国から微笑んでいるようだった

 

司会の安住紳一郎が言っていたが

服部克久夫妻の媒酌人は白洲次郎、正子夫妻だそうだ

これだけでも驚きだった

 

服部克久氏は昭和11年11月1日生まれ

だからこそ、どうしても11月にコンサートをやりたかったそうだ

 

最後に服部隆之氏が今日は目いっぱい指揮をしたが

親父からは肩の力を抜いて自然体で臨めと言われていた

『柳に雪折れなし』と言うのが親父の信念でもあった

柳みたいに風に吹かれても雪が降っても

折れることはないのだと・・・

でも私にはできない

今日も親父の100分の一もできていないと感想を語り

観客は大きな拍手で讃えていた

 

個人的にも大変お世話になった服部先生

本当に素敵なコンサートを有難うございました

これでようやく服部先生も天国でゆっくりできるでしょう

よおこそフェスはゴミゼロで終了!

みほさんの愛をテーマに

宮崎を元気にしたいと始まったよおこそフェスは

11月13,14日と

シーガイア芝生広場とウォークモールで開催された

キッチンカーが25台揃っての飲食販売や

雑貨などの出店などもあり多彩な内容

プペルバスもウォークモールに14日に登場した

ステージにはハワイアンやダンス

そして多彩なゲストによる演奏が行われた

スタートは日高洋一氏の住吉神楽、

特に印象的だったのは

ホリステック・スタジオokahiのタヒチアンダンス

たかおしんのブルースも個性的

チョコボールブラザーズの土井さんの歌ではみんなが踊って盛り上がった

まこちゃんのステージ

ナチュラルで素朴な声がオリジナルのメロディに乗ってゆるやかに流れる

とても素敵なステージだった

司会のジェイミーとまこちゃん

響座

最終日は13名の編成、大太鼓を持ち込んでの

観客を魅了する圧倒的なパフォーマンスを披露

フィナーレはオーガニックライブでは有名な

HOUさんのライブで盛り上がった

 

司会のジェイミーがステージで3回程度

クリーンタイムイベントを実施

愛をテーマに実施する事業なので

来た時よりも美しくをスローガンに

皆さんごみを持ち帰りましょうとアピール

あれだけの飲食店やキッチンカーがありながら

結果的にはゴミ0のイベントを達成した

イベントの成功ももちろん大事だが

来場者の皆さんのご協力でゴミ0を達成したことのほうが

より大きな成功だと思う

これからの環境イベント実施のお手本となるだろう

 

みほさんやジェイミーをはじめとして

関係者やボランティアの皆様、本当にお疲れ様でした!

獺祭クリスマス 12月19日開催

大吟醸を楽しむ会からクリスマスナイトの楽しいお知らせです!

パリ、ニューヨークなど世界のパーティシーンを彩る獺祭と

大吟醸を楽しむ会がタッグを組んで贈る

極上の DASSAI Xmas 2021 in MIYAZAKI

世界で人気の獺祭二割三分シリーズ、

この時期限定のスパークリングを含めた5種類を堪能いただけます。

獺祭とジャパンキャビアなど食のコラボで一足早い素敵なクリスマスをお楽しみください。

旭酒造会長の桜井博志氏、旭酒造社長 桜井一宏氏もお越しになります。

年に一度のクリスマスナイト、パーティにはおしゃれをしてお出かけください。

ホワイトクリスマスにちなんでキーカラーはホワイトです。

 

DASSAIXmas 2021 in MIYAZAKI  獺祭を楽しむ会

  • 主催 大吟醸を楽しむ会・旭酒造
  • 日時 12月19日 受付 16:00  開宴 17:00
  • 会場 シーガイアサミットホール
  • 会費 16000(税込み)
  • 参加人数  200人着席   4名×50テーブル
  • 協力  ジャパンキャビア株式会社

お問合せは

0985−31−7086    大吟醸を楽しむ会事務局まで

大吟醸 KAMPAI WAVE2021グランプリ決定!

10月3日に開催された

オンライン大吟醸を楽しむ会で開催された

KAMPAI WAVE 2021のグランプリが決定しました

今年は蔵元もユニークなプレゼンが多かったように思います

さて結果発表です

 

第2位は宮城県の浦霞でした

浦霞の佐浦社長自ら、アフターコロナを見据え

塩釜神社やお寿司などを観光やグルメを案内

最後には現代の名工となった小野寺杜氏のコメントも入れて

蔵だけでなく、地域観光で盛り上げていこうという思いが

多くの人の共感を呼びました

 

グランプリは高知県の司牡丹でした

竹村社長は土佐宴会の真髄を見せていただきました

土佐芸子と共に一人皿鉢料理を楽しみ

宴会ゲームを行い負けたほうが乾杯するなどのパフォーマンスも面白かったです。

蔵元同士でのチャットでも盛り上がっていたようです。

構成も良く考えられており

緻密な良く練られたプレゼンでした

司牡丹の竹村社長 おめでとうございました

盛り上げていただき感謝いたします

見てない方は是非ご覧ください!

侍ショパ二スト(反田恭平)

ショパンコンクールでの反田恭平の演奏を聴いた

サムライ反田の圧巻の演奏だった

スコアを読み解く独自の感性

優しいほどの繊細さと同時に

力強くダイナミックで多彩な音色

彼の魂をさらけ出したような演奏だった

終了した後の聴衆の反応が驚くべきものだった

 

6年前からのプログラムの周到な準備

4年前の10月17日ショパンの命日の日に

ショパンコンクールの審査員でもある

ピオトル・パレチニ氏からショパンのイロハを教わっていく

 

2年前からは海外のホールで

音を響かせるためには体力も必要と食べて体を大きくした

1年前からは体の筋肉を脂肪にした

実は今年3月に宮崎で開催された反田の姿を見て太ったなと思っていた

贅沢をして食べているのかと危惧していのだが

それは反田の音楽にとって計画されていた体改造の一環であったのだ

 

あらゆる準備を重ねてきた目的は

このショパンコンクールでオーケストラと

一緒に演奏することだったと反田氏は言う

私にとっての40分間は夢がかない続けた最高の瞬間だった

結果は後からついてくるものだと考えていた

結果は2位

聴衆は反田が優勝だという反応も多かったようだが

ショパニストと最高の誉め言葉でたたえられたことは

彼自身も嬉しいと語っていた

 

ピオトル・パレチニ氏は

ショパニストの根幹は歌うこと

ピアニストの芸術的な個性、想像力、が重要視される

深い芸術的なイマジネーションと創造性が豊かな表現となって表れる

と言っている

発表の後ピオトル・パレチニ氏は

反田氏に感想を言ったそうだが

泣けるほど嬉しかったと言い、内容は明かさなかった

 

既に確固たるピアニストの地位を築いている反田だが

より世界の舞台で活躍する大きな基盤ができたと思う

これからのサムライ反田のさらなる活躍を祈念したい

そして心から拍手を送りたい

KAMPAI WAVE 2021(報告)

10月3日、宮崎観光ホテルをホスト会場に

全国34蔵元をつないで

オンライン大吟醸を楽しむ会が開催された

テーマはKAMPAI WAVE2021

オープニングを盛り上げる大吟醸の映像の後

町川世話人代表の挨拶

全国蔵元代表の浦霞、佐浦社長のご挨拶では

サポーターの募集が1時間で終了した事への驚きや

コロナ禍でも、このように大吟醸を楽しむ機会ができたことを

感謝されていた。

宮崎からの乾杯から始まり

南から北へ蔵元の60秒プレゼンが続いていく

繁桝では酒造り唄と箱入り娘の乾杯が可愛い

司牡丹では土佐舞妓と竹村社長の宴会芸が繰り広げられ

盛り上げていただいた

つまみ(いぶりガッコ、イカサシ雲丹、モッツァレラチーズのみやだいず味噌漬け)

で手軽に作れるアレンジ料理は

宮崎観光ホテルの津曲料理長から

いぶりガッコのトマトチーズ巻き

やイカサシ雲丹とミョウガや紫蘇を合わせて

ソーメンの汁であえたのも美味して好評

澤乃井の小澤社長は小澤会長との

2年連続親子のクッキング教室も楽しい

惣誉の映像は小技と頓智が効いていた

浦霞はアフターコロナを考えて

佐浦社長がコンセルジュとなって塩釜全部が楽しめる

観光ガイド、お寿司と浦霞がおいしそうだった

参加者からは京都大学の岡部教授が登場

岡部教授は現在学術情報メディアセンター長であり

日本のインターネットインフラを整備した草分け的存在の人でもある

私たちが日本で最初にオンライン飲み会を始めたと感慨深そうだった

そのほかパリやオーストラリアの参加者と結んでワールドワイドな大吟醸を楽しむ会に・・・

最後は昨年の乾杯グランプリの辻社長が

お姉さんの麻衣子杜氏と一緒に

オオトリの乾杯で締めくくった!

 

全国34蔵元の皆様、サポータになっていただいた200名の皆様

そして配信や技術を支えてくれた小林熱中小学校の吉谷局長はじめ

5人のスタッフの方々、映像の岩松氏、パソコンの徳淵氏

梱包作業を手伝っていただいたボランティアスタッフの方々

をはじめ多くの関係者の皆様に感謝を申し上げます。

ありがとうございました。

オンライン大吟醸を楽しむ会2021 ライブ配信のお知らせ

大吟醸を楽しむ会では10月3日夕方5時から

宮崎観光ホテルのホスト会場と全国34蔵元を繋いで

10月3日はお家で乾杯 WITH DAIGINJO として

オンライン大吟醸を楽しむ会を開催いたします。

テーマは 「KAMPAI WAVE 2021 」です。

南から北へ各蔵元が60秒の個性あふれるプレゼンを行い

最後は必ず乾杯します。

その模様はライブ配信で

サポーターになっていただいた方はもちろんですが

どなたでも楽しめますので

是非ご覧いただき、一緒に乾杯して

全国の蔵元の皆様にエールを送りましょう!