大吟醸を楽しむ会2021 、10月3日に開催!

大吟醸を楽しむ会は

全国の蔵元に宮崎に集まっていただき

毎年7月の第一日曜日に開催しています

昨年の2020年は新型コロナ感染防止対策のため

オンラインで開催しました

今年は世話人の方々とも協議を重ねておりましたが

新型コロナ感染の収束が不透明なことから

全国の蔵元の皆様にもご賛同いただき

2021年はリアルで10月3日延期して

宮崎観光ホテルで開催することにいたしました。

詳細が固まり次第

またHPで発表させていただきますので

もうしばらくお待ちください

是非楽しみにしていてください!

大吟醸を楽しむ会事務局

0985−31−7086

ここやっど小林(小林市)

自然の湧水と素晴らしい食材に恵まれた

小林の地にここやっど小林がある

ここのオーナーシェフは地井潤氏

フランス、オーストリア、スイスの日本大使館公邸料理人の経験を持つ

お店の暖簾は和テイスト

一度、ここで大吟醸を楽しむ会のミニ会を

地井シェフ、ダイワファーム の大窪社長の協力で開催したが、

小林の方々の飲む量のすごさに驚いたことがある

それ以来の久しぶりの訪問だ

今日はワンプレートランチ(1,650円)を注文

お皿一杯に乗って出てきた小林の食材

野菜はもちろん、鯉の洗い、鶏の胸肉などなど

彩がとても美しい

大根にはトリュフソースが驚いた

ご飯に乗っている山椒バターがとても美味しい

自家製だそうだ

デザートはダイワファームのクリームチーズを使用したもの

 

小林の食材を使っての地産地消のレストラン

小林で時間があれば是非伺ってほしいお店だ

無農薬の本坊(もとぼう)農園

えびの市にある本坊農園に

無農薬野菜の収穫でお邪魔した。

本坊農園も都会から若い人たちが入ってきて活気がある

若い人たちがSNSでどんどん発信して色んな交流が生まれているようだ

さて今日の訪問もSNSから

ゴールデンウィークはキャベツが一個80円

畑で収穫してください

というfacebookがきっかけだった

 

行動力のある松下さんに誘われてお邪魔した

午前中の雨も午後は何とか回復して

本坊さんに案内されて畑へ

発酵で土づくりがようやく良い状態に仕上がっている

土がふかふかで柔らかい

土づくりがうまく行けば野菜も無農薬でどんどん育つ

無農薬野菜を食べていれば体が元気になる

この循環を繰り返すことで

自然と人間が共生できるのだ

 

草と共生しているキャベツ畑

そして新玉ねぎ

大根

野菜がすべて甘い!!

 

楽しい無農薬野菜の収穫体験となった

最後はイチゴも買って大満足の一日

本坊さんご夫妻有難うございました!

Iwanaga食堂(宮崎市)

予約をして岩永食堂のカウンターへ

まずはお薦めのイサキのレモンバターソース

身がふっくら、レモンバターの味が上品だ

お酒は小左衛門

スッキリとした生酒が旨い

宮崎牛のハンバーグ

上には目玉焼き、下には佐土原茄子と

美味しさの3重奏だ

以外にドミグラスソースと佐土原茄子の相性も良い

次のお酒はNO6

最後は黒木本店の金柑テイストのジンを炭酸割で

ドライでフルーティな味わいが爽やかさを感じる

〆のご飯はシンプルな黒豚チャーハン

この黒豚で作りますと岩永氏!

シンプルで極上の旨さだ!!

すっかり満喫してしまった

ご馳走様でした!

ハープファンタジー2021

リラの会が主催してハープファンタジー2021が

4月25日宮崎市オルブライトホールで開催された。

ハープファンタジーは

昨年はコロナ禍で中止になったが30年以上の歴史がある

日本で唯一のハープ楽器メーカー青山ハープの青山社長が

日本の都市の中でこのような形でハープを中心にしたコンサートは

とても珍しい、私も毎年サポートできているがとても嬉しい事だと言われていた。

オープニングはグランドハープ7台とフルート、サックスでの演奏

ハープがずらりと並ぶステージは壮観でもある

 

東京からの津野田圭さんと佐藤理絵子さんのデュオ

2人とも数々の賞を受賞され、数々のコンサートで活躍されている

曲はデュオと星に願いを

最後はリラの会を主宰する菊池先生が感謝の言葉

コロナ禍で告知もせず心配だったが

このように多くの方々がハープを聞きに来ていただき感謝します

そして出演者の方々には

どの曲も一生懸命練習していただいた成果が現れてよかったですと挨拶

津野田圭さんが

コロナで東京も様変わりしている

私たちのコンサートもなかなかできていない状況です

その中でこのようなコンサートの機会をいただいたこと感謝します

リラの会は菊地先生のお人柄で人が集まってくるのではと話された

コロナ禍で人々が不安になっている時

天体の音楽と言われるハープの音色は

人々の心に優しく響き、癒してくれる音楽だと思う

菊池好志子先生、出演者の皆様、お疲れ様でした!

陸上の水久保漱至選手が第一酒造に入社!

第一酒造の島田社長から嬉しいお知らせです。

宮崎県出身の水久保漱至選手が第一酒造に入社されました。

栃木県の第一酒造は

万葉の町とも言われる水の美味しい佐野市にあります

大吟醸を楽しむ会にもレギュラーで参加されている蔵元の一つです

水久保選手は城西大学で陸上選手として活躍

なんと宮崎県の100m、200m記録保持者でもあります

2020年全日本学生陸上競技選手権 100m、200m優勝

2020年全日本ランキング4位

と将来有望な選手です

 

また5月1日〜2日

ポーランドシレジアで開催される世界リレーの選手に決定しました

詳しくはこちら

https://www.jaaf.or.jp/news/article/14770/

このようにお酒のご縁で始まったのがきっかけですが

様々な宮崎の人の繋がりが蔵と共に拡がっていくことに

有難いことだと思います

 

水小保選手、宮崎からエールを送ります

宮崎は2027年国体を控えていますので

主力選手の一人として

水小保選手、ぜひ頑張ってください

そして是非日本酒にも詳しくなってください!

歴史を創った松山英樹

松山英樹が2021マスターズで優勝した

決して前評判が高いわけではなかったが

3日目の後半は素晴らしいゴルフで全世界のファンを引き付けた

アイアンの切れとパットの凄さ

今までの松山の集大成といっても良いほど完壁だった

 

単独首位11アンダーで迎えた最終日

ペアを組むのは昨日と同じシャウフェレ(世界ランク6位)

松山は前半スコアを2つ伸ばし後半へ

トラブルが起こったのは15番パー5

第2打が飛びすぎてグリーンの奥にある池に飛び込んだ

ここでボギーとなり12アンダーとなる

16番がカギとなった

テレビの解説の宮里は松山に「怒れ!」とエールを送った

一方シャウフェレ、連続4バーディで10アンダーと2差に縮まる

16番のパー3で今度はシャウフェレがトラブル

第一打が池に入りトリプルボギーの7アンダーとなり一挙に後退

松山もボギーで11アンダーとなるが16番が大きな山だった

ゴルフの神様が松山に微笑み返してくれたのかもしれない

ドキドキひやひやしながら見つめていたが

松山の18番バンカーからのショットを見て優勝を確信した

 

テレビの解説をしていた中島常幸、宮里優作、そしてアナウンサーも

優勝が決まった瞬間、

感極まるものがあったのだろう

皆泣いていた

松山は歴史を創ったのだ

 

松山は優勝インタビューで

「これまで日本人がメジャーで勝てなかったことが

僕が勝ったことによってこれから日本人が変わっていくんじゃないかなと思った

それに僕がもっともっと勝てるように頑張りたいなと思います」

と語った

 

松山がマスターズに初めて出場したのは

2011年東日本大震災直後だったが27位タイに入り

ローアマチュアを受賞

それから苦節10年、

世界一の練習量と言われる松山が

心の強さ、忍耐力、技術の高さで

日本人に希望と勇気を与えてくれた

タイガーウッズはツイッターで「ヒデキは日本の誇り」と褒めたたえた

心から祝福と感謝をささげたい!

白血病から奇跡の復活(池江瑠花子)

池江瑠花子選手は

4月4日五輪本番会場の東京アクアシティスポーツセンターで

開催された日本選手権の100m女子バタフライで優勝

白血病からの完全復活を全世界に知らしめた。

また400mメドレーリレーにおいて

オリンピックの出場権を獲得した。

素晴らしい快挙だ

涙ながらに語った池江瑠花子選手の言葉が心に響く

「自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた。

すごくつらくてもしんどくても、努力は必ず報われるんだなと思った。

今はすごく幸せ」

4月6日タイムリーな新聞のSK-Ⅱの全面広告

運命は誰が決めるのか?

何かひとつのちょっと違った

行動だったり考えで運命とか未来って

かんたんに変われると思っているので

だからこの瞬間を

どう生きるか、どう大切にしていくのかを

自分の人生においても、誰の人生においても

大切なことだっていうふうに思っています。

 

また池江選手の姿をドキュメントで是枝監督が監督

世界中が感動した池江瑠花子選手の奇跡の復活劇を

新聞、Youtube TVで連動させている

アスリートとのしての池江選手の不安と希望を織り交ぜながら

素直に人々の心に浸透していく

池江選手、是枝監督、そしてスポンサーの三位一体と一体となり

昇華した印象に残るプロモーションとなっている

心から拍手を送りたい!!

ワイン食堂 geeks(宮崎市)

山形屋駐車場入り口の道路の向かい側

オーリックの横にワイン食堂geeksがある

正面から見るとグリーンがいっぱいのビルだからわかりやすい

さてお店に入り奥のテーブルに座り

注文

奥さんの万美ちゃんは弊社の仕事を色々と

サポートしていただいているデザイナー

このお店のランチョンマットのデザインもされている

とてもかわいい

前菜盛り合わせはポテトサラダが美味しい

実家の日南市から有機野菜が届く

それを使っての料理だ

マグロのタルタル

パンに乗っけて食べるとさっぱり感が心地良い

思わずパンをお替り!

お店のオーナーでもありシェフでもある日高圭氏の話では

ここの場所に移転して5年目を迎えるそうだ

以前のお店から通算すると8年目に入るようだ

 

ほうれん草とパンチェッタのキッシュ

には赤ワインを頼む

雲丹とクリームのリゾット

落合シェフ直伝のウニとクリームのパスタのリゾット版

なめらかで濃厚

今日の頼んだメニューは海幸が多かったが

肉のメニューも豊富だ

落ち着く店内で雰囲気も良かったが

個人的には全体的に塩味が少しきつかったかな?

 

カジュアル度  ★★★☆

 

ワイン食堂geeks

宮崎市広島1丁目1−4−6−1

0985−22−8550

18:00〜23:00  日曜休み

ノマドランド(アメリカ映画)

不況によって経済的に困窮する60代の女性が主人公

仕事と家を失い、車に家財道具を積み込んで

旅に出るファーレン

いわば「現代の遊牧民 ノマド」である

目的地があるわけでもなく、各地で働きながら

様々なノマドと会い、次第に大自然の雄大さと美しさの中に

共存できる喜びを見出していく

不安ながらもあえて楽な生活を選択しないファーレンの意思の強さ

美しい雄大な大自然、美しい旋律、人間としての誇りが三位一体として

ファーンの表情に現れて、少しづつ成長していくように見える

人生とは何か?幸福とは何か?を

同世代の人間として深く考えさせてくれる

 

一番印象に残っている言葉は

教え子だった子供に聞かれる

「先生はホームレスなの?」

誇りを持って返した言葉は「私はハウスレス、別物よ!」

心にはずっと家庭が生き続けており

今は物質としての家がないだけという意味だろう

 

主演はフランシス・マクド—マンド

今まで「ファーゴ」「スリー・ビルボード」で

2度オスカーを受賞している

驚くのはフランシス・マクド—マンドは作品のプロデューサでもあることだ

ジェシカ・ブルーターが書いたノマドの出版直後に

自ら映画化権を獲得

そしてクロエ・ジャオ監督の「ザ・ライダー」

をトロント映画祭を見て感銘を受けると共に

そのドキュメンタリー手法に注目して監督を依頼するのである

役作りのためにアマゾンの集配センター、収穫所、国立公園、カフェで

ノマドの人に交じって実際に働いた

映画でも主人公と交流を深めていく人たちが

ほとんど実在するノマドの人々であることも驚く

まさにフランシス・マクド—マンドが全身全霊を込めて

作り上げた作品でもある

作品も秀作なのだが

その背後にあるフランシス・マクド—マンドの

命を懸けた作品作りに感銘を受けた!

 

4月26日アカデミー賞が発表された

作品賞、監督賞、主演女優賞の三冠をノマドランドが達成した

プロデューサーとしてもフランシス・マクド—マンドの見事な完勝だった!