西の関とふぐ

宮崎から見ると大分と言えば隣の県ながら遠い場所だ
県北の交通のインフラもまだ完全に整備されていないので
予想以上に時間がかかる
 
一度はお邪魔したいと思っていた西の関に
やっとお伺いすることができた
近くて遠い場所だと感じていたが
来て見れば宮崎から車で5時間
大分空港を過ぎると国東町
その田園風景に溶け込むように西の関の萱嶋酒造がある
シンボルは赤い煙突だ
敷地4000坪という大きな敷地に蔵がある


IMG_6327.JPGIMG_6332.JPG

萱嶋社長と専務が出迎えてくれた
この蔵のモットーは五味一如の酒
甘・辛・酸・苦・渋が調和した品質第一の味のある酒を目指している
IMG_6331.JPGIMG_6329.JPG
                蔵人の部屋にあっただるまストーブ
早速蔵を案内していただく
蔵の中は予想以上に広く清潔だ
櫂なども地元の竹を使っての手ずくりで作っている
そのほうが使いやすいのだと言う
仕込み水はやや軟水
優しく甘みのある水で硬度は4だそうだ
原料米は大分ヒノヒカリ、広島八反田、兵庫山田錦など
現在生産高は6000石
最盛期は10000石以上もあったそうである
九州の地酒蔵としては代表的な蔵でもある
 
この蔵の自慢は1963年12月に先駆けて
大吟醸「秘蔵酒」を発売したことだ
まだまだ三倍増酒が多かった時代に
蔵のシンボルともいえる大吟醸酒を発売したことは
地酒蔵の確固たる信念を示したといってもいいだろう
まさしく西の横綱 西の関だ
 IMG_6335.JPGIMG_6341.JPG
1963年の雫酒ー中身は半分程に  真ん中が萱島社長 右が専務
ある倉庫に案内していただく
ここは宝の倉庫といっても良い場所
1963年に発売した秘蔵酒から一升瓶に入れて年ごとに保存している
1963年度の瓶は中身は半分ほどになり
そこには澱がたまっている
無理ににお願いして少しなめさせていただく
琥珀色の半世紀を超えた古酒の舌触りはなめらかで円熟の丸い味わい
ひね香も全くない
50年たっても酒が生きている
素晴らしい!
 
今宵は地元で採れた天然フグと西の関を楽しむ
食事と泊は海喜荘
海のたもとに立つ由緒ある旅館
ふぐは見事な厚切りである
新鮮だと厚切りにしかひけないのだと女将の話・・・
IMG_6346.JPGIMG_6347.JPG
ふぐ刺しの淡白な旨さに舌鼓
そして天然の白子焼きの極上の食感
マシュマロみたいな濃厚な舌触りと深い味わい
最近は大分でも生の白子はあまりお目にかかれないそうだ
天然ふぐにお酒は西の関の上撰の燗
少し甘めのお燗がたおやかに食を引き立たせ
口をさらりと洗い流しいくらでも量が入っていく
食材を丸く包み込みこみ、飲み飽きしない旨さ
改めて西の横綱 西の関 の味わい深さを認識した
 
西の関の萱嶋社長は歌がうまい
レパートリーは4000曲と豪語されるほど・・・・
大好きなテレサ・テンからシャンソン、軍歌まで
いぶし銀ののどを夜遅くまで披露していただいた
 
国東の酒と魚とテレサテン   
 

宇佐神宮

大分の国東半島は様々な神社やお寺がとても多い
そのことは国東半島が中国や韓国あるいは瀬戸内海
そして太平洋など物流や人的交流の交通の要所だった
ことを端的にあらわしている
さてその中でも宇佐市にある宇佐神宮は
全国で40000社余りある八幡宮の総本山として名高い
境内の敷地は60haと広大で30haの史跡とイチイガシなどの原生林が5ha と
まさに伊勢神宮を彷彿させる大きさである
IMG_6378.JPG 
八幡大神(応神天皇)を祭っている
応神天皇は4世紀後半の大和朝廷に実在したと言われている
第15代天皇である
創建は725年
古くは大分の地方にありながら朝廷とのつながりが深い
政治力のある神社でもあったそうだ
 
鳥居をくぐり、宝物殿の建物を横目にしばらく歩く
階段を上りながら参道の広大な風景を楽しむ
さらに階段が続く
登りきるとやっと本殿が見えてくる
風格のある本殿だ
ここの参拝は二礼四拍手一礼
この方式は全国で出雲大社とここだけしかない
IMG_6381.JPG
 
この神社の特徴は神仏習合の始まりのルーツの場所だと言うことだ
このことでも大陸文化との融合の場所だと言うことが感じられる
IMG_6382.JPG 
本殿は江戸後期に建てられた檜皮葺きの八幡造り
前段と後段の2棟が接する独特の神社建築
で釘を一本も使っていない
国宝に指定されている
 
雰囲気は凛としたと言うより
少しくだけた親しみやすい感じがする神社だ
本殿だけ見ても価値がある神社である

宮崎アースライド2012(報告)

3月18日
宮崎で初めての本格的ライドイベント
宮崎アースライド2012が口蹄疫復興事業として開催された
参加選手は391名
北は宮城から南は沖縄までの参加となった
キャンセル待ちの選手が100名以上と
第一回にもかかわらず凄い人気となった
 

IMG_6266.JPGIMG_6267.JPG

17日の前夜祭は
ゲストライダーの白戸さんと
美崎さんの司会
宮崎市観光協会の黒木会長の挨拶
そして霧島の鏡開き

プライベート参加の田中律子さんもご紹介

アトラクションは3年連続日本一の太鼓チーム
響座ジュニア太鼓の演奏
IMG_6277.JPG
子供たちの圧倒的な力強さと技術に拍手大喝采
司会の2人も今までで最高の太鼓だと絶賛
最後は霧島の限定焼酎などの抽選会でおおいに盛り上がった
IMG_6298.JPGIMG_6288.JPG
 
心配された天気もスタート時は曇り
391名のライダーは河川敷に勢ぞろい
戸敷宮崎市長も顔を見せられ歓迎のご挨拶
そのあと白戸太郎氏率いる先頭グループがスタート
IMG_6302.JPG 
運動公園に着くころから雨が降り始め本格的に降り出す
宮崎の絶景を見せたかったスタッフに残念の表情が浮かぶ
道の駅フェニックスではトマト、日向夏、日向夏ジュースのおもてなし
鵜戸神宮ではミカン、オチチアメ、マンゴージュース
飫肥城は雨で冷えた体に
日南市観光協会提供の豚汁の温かささが何よりだったとか・・・
雨のため飫肥の食べ歩きを体験できなかった人が多数いたのは
来年からの反省事項だ
山を越すころには雨もやみ
道の駅田野ではマンゴーラングドシャ、どら焼きとお茶のおもてなし
先頭集団がゴールに入ってきたのは1時半頃
IMG_6307.JPGIMG_6318.JPG
この頃から太陽が時折顔を出すようになってきた
ゴールでは宮崎市観光協会提供の地鶏の炭火焼きに舌鼓
IMG_6309.JPGIMG_6311.JPG
 
フジテレビ、MRT、宮崎日日新聞の取材も入り
初めての大会ながら将来の大きな可能性を感じさせる
自転車イベントとなった
 
初めての大会だから気を遣うのが事故のこと
所轄の宮崎北警察も協力体制をとっていただき本当に感謝している
国土交通省宮崎事務所も大きなバックアップ体制を引いていただいた
大会はライダーだけでは成立しない
それをカバーしてくれたのは
縁の下の力持ち、100名以上にも及ぶボランティアスタッフだった
ボランティアスタッフの隊長は下川さんご夫婦
当日の1か月前から4~5回の説明会を実施
コース立哨、各エイドポイントの注意点、コース運営など熱心に
細かい点まで協議を行っていただき
総合的にサポートしていただいた
本当に有難うございました
 
宮崎の天候を一日で全て体験したような大会となった第1回
雨降って地固まる
来年からは反省点を踏まえ宮崎のスポーツシーンを彩る
春の風物詩となるような大会にしていきたい

天を恨まず、運命に耐え…(梶原祐太)

東日本大震災から1年がたった
 
日本に深い爪痕を残した東日本大震災
その10日後にある中学校で卒業式が行われた
平成23年3月23日気仙沼市の階上(はしかみ)中学校の卒業式だ
梶原祐太君が読んだ卒業式の感動の答辞の全文をご紹介したい
 
天を恨まず、運命に耐え・・・・
という言葉は涙を流さずにはいられない
逆境に耐え、謙虚に力強く生きる姿は
間違いなく明日の日本を輝かせる人材になる
 
卒業式答辞
 
本日は、未曾有の大震災の傷も癒えない最中、
わたくしたちの為に、卒業式を挙行していただきありがとうございます。

ちょうど、十日前の三月十二日、春を思わせる暖かな日でした。
わたくしたちは、そのキラキラ光る日差しの中を、希望に胸を膨らませ、
通いなれたこの学舎を、五十七名揃って巣立つ筈でした。

前日の十一日。
一足早く渡された、思い出のたくさん詰まったアルバムを開き、
十数時間後の卒業式に、思いを馳せた友もいたことでしょう。

「東日本大震災」と名づけられる、天変地異が起こるとも知らずに・・・

階上中学校といえば「防災教育」といわれ、
内外から高く評価され、十分な訓練もしていたわたくしたちでした。

しかし、自然の猛威の前には、人間の力はあまりにも無力で、
わたくしたちから大切なものを、容赦なく奪っていきました。
天が与えた試練というには、むごすぎるものでした。
辛くて、悔しくてたまりません。

時計の針は、十四時四十六分を指したままです。
でも、時は確実に流れています。
生かされた者として
、顔を上げ、常に思いやりの心を持ち、
強く、正しく、たくましく生きていかなければなりません。

命の重さを知るには、大きすぎる代償でした。
しかし、苦境にあっても、天を恨まず、運命に耐え、
助け合って生きていく事が、これからの、わたくしたちの使命です。

わたくしたちは今、
それぞれの新しい人生の一歩を踏み出します。
どこにいても、何をしていようとも、
この地で、仲間と共有した時を忘れず、宝物として生きていきます。

後輩の皆さん、
階上中学校で過ごす「あたりまえ」に思える日々や友達が、
いかに貴重なものかを考え、いとおしんで過ごして
下さい


先生方、
親身の
指導、ありがとうございました。
先生方が、いかにわたくしたちを思って下さっていたか、
今になってよく分かります。

地域の皆さん、
これまで様々な御支援をいただき、ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

お父さん、お母さん、家族の皆さん、
これからわたくしたちが歩んでいく姿を見守っていて下さい。
必ず、よき社会人になります。

わたくしは、この階上中学校の生徒でいられたことを誇りに思います。

最後に、本当に、本当に、ありがとうございました。

平成23年3月23日   梶原裕太
 
 

日本の未来を悲観することはない
こんなに素晴らしい日本の若者がいるのだから・・・・・・