庄内野菜×光洋

奥田シェフを囲んで光洋で食事会を開催した
今回、奥田シェフは11月20日の宮崎市の講演会で来県していただいた
私が無理やり奥田シェフにリクエストをして
庄内の在来野菜を送っていただき
今注目の宮崎のキャビアを合わせながら
光洋のご主人 木宮氏が特別メニューを考えるというもの
 
さあ期待は膨らむばかり
日本酒はMIZUBASHO PURE で乾杯
シャンパン製法で特許をとった日本酒
ドライな味で泡もきめ細かい
アルコール度は13度
 IMG_1088_1
まずはカツオ菜
奥田シェフ曰く
食べるとカツオの味がするということから付けられたという
 IMG_1089
次に東北食べる通信でも取り上げられた
甚五右ヱ門芋、
この里芋は室町時代から代々伝わっている伝承野菜の里芋
粘りが強いのが特徴
見かけは小ぶりで何の変哲もない里芋に見える
えび出汁で煮込んでそれを揚げたもの
 IMG_1093_1
ここで宮崎が誇るとっておきのキャビア
これをゴールデントリオで考えた究極メニュー
茹でた伊勢海老と生うにをたたきにしてまぶし
その上にキャビアを添えるという贅沢な逸品
これには〆張鶴 大吟醸 金ラベル
 IMG_1090
カツオの刺身には
醤油に平田赤ねぎを刻んで大根おろしを入れて食べる
平田赤ねぎの辛さが大根おろしで
まろやかになる
カツオとも素晴らしい相性だ
これには新政 NO6~Sタイプ~
適度な酸が食中酒としての魅力を拡げている
IMG_1099_1
IMG_1094_1 
穴子の白焼きには藤沢カブのマリネ
食感が何とも言えない
 IMG_1095_1
すずき、鮪、鯖、など
光洋ならではの寿司がオンパレード
IMG_1105IMG_1107 
最後は庄内野菜の味噌汁
 
奥田シェフは
まさか宮崎で
庄内野菜の新しい可能性を発見するとは思わなかった
存分に堪能されたようで
またお邪魔したいとおっしゃっていた
IMG_1113
時間がない中、オリジナルメニューで歓迎していただいた
光洋の木宮さん以下関係者の皆様に深くお礼を申し上げます
有難うございました