小川原良征氏を偲ぶ会

10月23日東京のリーガロイヤルホテルで
神亀の小川原良征氏を偲ぶ会が開催された
会の発起人は漫画家の尾瀬あきら氏
そしてライターの藤田千恵子さん
ステージ中央にはセンムの遺影と亀が三匹
 
病に倒れてからも病気が回復したら
みんなを集めて大きな宴会をしたいといわれていたセンム
そのセンムが亡くなって早6ヶ月が経つ
大吟醸を楽しむ会でも病に倒れる2015年まで
毎年宮崎にお越しいただいた
その感謝もこめて奥様の小川原美和子さんにお話しし
偲ぶ会ではメモリアルビデオを制作し
オープニングに上映させていただいた
 
たぶんセンムのインタビューを10年以上保存しているのは
日本でもこの大吟醸を楽しむ会だけだろうと思う
その中のセンムのインタビューの言葉は
まさしく参加者皆さんの心に深くしみ込んだようだった
このビデオの編集に心血を注いでくれた岩松ディレクターにも心から感謝を申し上げたい!
鏡開きは奥様を始め発起人を含めて5名で
 
ぐい飲みはセンムのイラストを尾瀬あきら氏が書いていただいたものだそう!
 
お酒は神亀のひこ孫から大吟醸や大古酒までのオンパレード
会場には太田和彦氏も顔を見せていた
後を引き継ぐ小川原貴夫氏の言葉が素敵だった
阿波の田んぼの土壌改良に2人で行って色んな事を話し
酒も酌み交わした日々
それが私にとって大きな宝物ですと最後の挨拶
 
ラストは東京農大卒業者による大根踊りで
センムの望んだような大賑わいの飲み会となった
 
是非これからも天国から我々を見守っていてください
 そして天国で待っていてください
必ず我々も参りますから・・・・・
そのときは一緒に飲んでください!!