英国式庭園2018

春になると英国式庭園に行きたくなる
1999年に行われたグリーン博の
シンボルとも言われた庭園
すでに19年が経過したが
そのたたずまいは今もなお穏やかで
当時の庭を受け継いでいる

 

イギリスのトップガーデンデザイナー
ロビンウィリアムスが設計監修した庭
建物の4面に異なった庭を造る
という発想がとても個性的だ

まず正面はコテージガーデン

イギリスの田舎を思い起こさせる代表的な庭

裏に回るとフォーマルガーデン

横はシーサイドガーデンと
牧草地をイメージしたメドウガーデン

花が咲き、新緑がまぶしい英国式庭園は

まさに深呼吸できる癒しの緑空間でもある