グレート・コンジャンクション2020

天体を見ながら、未来を予知する

そんな占星術の起源は古代バビロニアが発祥だと言われている

その後ギリシャに伝わり

個人の運勢を占うホロスコープ(占星術)に発展していった

古代バビロニア時代は紀元前2000年と言われるから

その歴史は4000年にもなるというから驚きでもある

 

星空を見ながら、天体が何を予知してるのかを思い

どう人間が行動すればよいのかを考えることは

ロマンでもあり、無駄なことではないように想う

さて特に今年の12月は天体にも大きな変化がある

木星と土星は20周年周期で重なるのだが

2020年は12月22日に連珠する

 

木星はラッキースターとも言われ、幸運、拡大、発展などの意味がある

土星は古い、重い、固い、規制、体制などを意味する

つまり相反する星が水瓶座で重なることになる

水瓶座は革命のサインとも言われる

技術革新、自由、平等などを現わす星座だ

グレート・コンジャンクションは社会の変わり目であり

終わりと始まりを意味するのかもしれない

 

まだそれ以上に大きな事がある

ほぼ200年周期で4つのエレメントの時代に変わっていくことだ

古代ギリシャにおいて世界は4つのエレメントで出来ていると考えられた

その4つとは火・地・風・水である

今まで地の時代であったのが

2020年12月22日から本格的に風の時代へと移行する

そして今後200年風の時代になるという事だ

いままでの地の時代は 重厚、現実、保守的

風の時代は 知性、クール、分析、ネットワークを示すと言う

 

これらのことから何が読み取れるだろうか?

大きく考えると

物から心の時代になっていくということだと思う

自動車はガソリンから電気、水素へと変わり

AIで全ての産業が再定義されていくことだろう

新型コロナもある意味風の時代の象徴という考え方もできるだろう

その兆しは少なからず今の時代からでも予見できる

それと同時に今までの古い様々な体制は崩壊していき

国境を越えて、自由な個人ネットワークがオープンで拡がっていく

そんな時代の幕開けが今年のグレート・コンジャンクションかもしれない

私も今まで以上に花鳥風月を大切にしながら風の時代を生きていきたい